川口警察署員による脅しを受けました



川口市内で仕事をしていたところ私の目の前に黒いセダン(下の画像)とメタリックのスカイブルーのワゴン車(2番目の画像に映っている車)がやってきて、中から男5人が降りてきました。

vlcsnap-2015-06-25-17h58m42s133



vlcsnap-2015-06-25-17h23m01s154

vlcsnap-2015-06-25-17h24m15s222

vlcsnap-2015-06-25-17h24m31s124

vlcsnap-2015-06-25-17h24m39s216

そしてその男たちの手にはさす叉や警備棒と呼ばれる警官がよく持っている長い棒を持って降りてきました。
どうみても警察の人間です。そこは川口市ですから川口警察署か武南警察署から来たと思われます。
男たちはしらじらしく車を止める場所をさがす振りをして私の周りでうろうろしていました。そして一人の警官が私に対してそばにあった駐車場を指して「この駐車場は月極めですか?」と聞いてきましたが私は仕事中であったため「たぶんそうだと思います」と普通の人間が答えるような答え方をしました。
その後警官5人は別の近くの駐車場や施設の駐車場に車を止め、さす又や警備棒を持ったまま角を曲がってどこかへ歩いていきました。

最近警察は私に対して職場にクレーマーを装って嫌がらせをしに来るようになりました。
そのせいで会社では始末書を書かざるを得ない状況を作られました。その後もクレーマーは後を絶ちません。
そしてそこに今度はこの警官たちです。
これが警察のやり方です。

馬鹿警察は味方になってくれるはずの共産党も私の敵だと思わせるためのキャンペーンをしています。
警察がいかに告発に怯えているかがわかります。
なので生きていけなくなったら訴えを起こします。

これ以外にも職場には毎日パトカー、救急車、消防車、ヘリ、セスナ、自衛隊機がやってきます。


以前は職場でのストーカーの撮影は同僚やお客がいるためできませんでしたが、最近撮影する方法を見つけました。
スマホのインカメラで動画撮影しています。
しかしインカメラだと自分も映りこんでいるため編集しないと投稿できないので、動画のスナップショットを公開します。上の画像もそれです。




スポンサーサイト
2015-06-25 : ◇警察が僕を逮捕できない理由などない : コメント : 0 : トラックバック : 0
世界の脅威の真実 北朝鮮のミサイル発射の真実 北朝鮮による核実験の真実・ パソコン遠隔操作事件の真実 ・木嶋佳苗の真実 ・上田美由紀の真実 ・外事警察の実態
Pagetop

警察へ告ぐ その2

前々回の記事で警察の工作で仕事を奪われたと書きましたが、様々な状況を考えると警察とは全く関係なしに本当にただ単に仕事が無い、という可能性もあることがわかりました。

しかし警察の工作の可能性も十分にあります。

しかし今回の件をきっかけに以前から書こうと思っていたことを思い切って書くことができました。

生きていけなくなるような状態に追い込まれたら訴えを起こす。

ということです。


なぜそう思い立ったかと言うと、警察がこれだけ大規模なでっち上げを行っていながら、いまだに私自身に対して嫌がらせを行っているという点です。

これだけ大規模に事件や情報を捏造して私を陥れることができるなら、こんなに大規模な嫌がらせをこんなに長い間やらないでもうとっくに国策捜査を行っているはずだからです。

それができないからこそ未だに嫌がらせを行って、私を自殺に追い込んだり、ブログ、動画の削除を行わせようとしているわけです。


それに対してこちらが訴えを起こさないのは、そうは言っても本当の本当に裁判で勝てるかどうかなどわからないし、もし勝ったとしても個人情報がさらされ、有りもしない噂をながされ今以上に人生をめちゃくちゃにされる可能性があるからだ。
そして家族もそうなる可能性があるから。
さらに私と関わった人たちも巻き込むことになるからです。

そしてブログや動画に関しては警察が捏造をし、あらゆる組織が嫌がらせを行うから続けているだけでそれがなくなれば更新はなくなるという単純な話。
かといって削除すれば警察はそれを機に何をしてくるかわからないから削除ができない。
それぐらい警察や周囲の人間たちが汚いことをやってきたということ。

私がいくらネットで騒いだところでネット上、そしてリアルの世界でも私の告発が広まる様子は全く無い。
なのにお前らはなにをそんなに怖がってるんだ?

それとお前ら無理して笑顔を見せて余裕ぶってる時があるけど顔が引きつってるのわかるぞ。


とにかく私や家族を生きていけない状況に追い込んだら訴えを起こすし、捏造、嫌がらせを続けるならこちらもネットでの告発は続ける。


どうでもいいことですが今までこのブログでは自分のことを「僕」と書いてきましたが、これは幼稚な感じで前からちょっと嫌でした。これからは「私」にしておきます。
2015-02-05 : ●お知らせ : コメント : 0 : トラックバック : 0
世界の脅威の真実 北朝鮮のミサイル発射の真実 北朝鮮による核実験の真実・ パソコン遠隔操作事件の真実 ・木嶋佳苗の真実 ・上田美由紀の真実 ・外事警察の実態
Pagetop

警察へ告ぐ

俺がブログを書き続ける理由がわからないのか?馬鹿なのか?

ブログ記事も動画もお前らのやったことをそのまま載せているだけろ。

お前らが嫌がらせと事件や情報の捏造をやめないからだよ。

だからブログやサイトの記事も動画も増え続けてお前らが追い込まれていくんだよ。

お前らが全てをやめれば済む話。

要するに余計なことをしなければそれでいいんだよ。

と言ってもブログやサイトを削除をするつもりはないが。

削除したとたんお前らが何をするかわからないから。

このまま仕事が来なければ訴えを起こす。

みなさんもご準備を。
2015-02-05 : ●お知らせ : コメント : 0 : トラックバック : 0
世界の脅威の真実 北朝鮮のミサイル発射の真実 北朝鮮による核実験の真実・ パソコン遠隔操作事件の真実 ・木嶋佳苗の真実 ・上田美由紀の真実 ・外事警察の実態
Pagetop

仕事を奪われました

今日突然職場からの明日の仕事はないと言われました。

しかもかなり不自然な形で仕事が無くなりました。

この繁忙期に仕事が無いなどあり得ません。

これは警察からのプレッシャーです。

このまま仕事が来なければ訴えを起こします。

生きていけなければ訴えを起こして人生がめちゃくちゃになっても同じことですから。
2015-02-05 : ●お知らせ : コメント : 0 : トラックバック : 0
世界の脅威の真実 北朝鮮のミサイル発射の真実 北朝鮮による核実験の真実・ パソコン遠隔操作事件の真実 ・木嶋佳苗の真実 ・上田美由紀の真実 ・外事警察の実態
Pagetop

後藤さん殺害事件が捏造の証拠 その2

マスコミは後藤さんの人質事件でISISのネットを使った犯行声明を散々扱っているけど肝心なことに全く触れていない。

三菱サイバー攻撃事件の記事でも触れましたが、ネットにつながればIPアドレスとプロバイダで居場所が特定できるはず。
携帯端末を使っていてもそれがわかる可能性もあるし、契約者から犯人につながる可能性もあるはず。

なのにマスコミはこれらの重要な事件解決になるような情報には全く触れていない。

前回説明した政府や警察がわずか1時間で後藤さん殺害を断定したことも含め、この事件は完全におかしい。
明らかにISISの卑劣さとか後藤さん個人的な情報とか、正直どうでもいいようなことで大騒ぎして、肝心な部分をごまかしている。

2015-02-02 : ★テロリスト関連記事 : コメント : 0 : トラックバック : 0
世界の脅威の真実 北朝鮮のミサイル発射の真実 北朝鮮による核実験の真実・ パソコン遠隔操作事件の真実 ・木嶋佳苗の真実 ・上田美由紀の真実 ・外事警察の実態
Pagetop

後藤さん殺害事件が捏造の証拠

ISISが後藤さん殺害動画を投稿したのが1日の午前5時頃で、警視庁も信憑性が高いと見解し政府が後藤さん殺害を断定し会見を行ったのが午前6時40分頃

たった動画投稿からわずか1時間ほどで後藤さんが殺害されたと断定されて会見、そして事件終了。

完全におかしい

普通殺人事件などの事件では、殺害されたと断定したことを公表するには殺害されたことのあらゆる裏づけ検証などをおこなってから公表するはず。
また被害者家族への配慮や、今後の様々な影響を考えて慎重に慎重をきしてから断定して公表するはず。

それが警察も政府もわずか1時間動画を見ただけで殺害されたことを公表している。


こんな事件はあり得ない。

ましてや世界的重大事件なのだからなおさら慎重をきすはずなのに。

そしてそれだけではない。
さらにおかしいのは、その殺人事件では慎重をきすことを誰よりも知っているはずのマスコミが一切この公表に関して追求を行っていないこと。

こんな事件報道は不自然すぎる。

こんなのヤラセ以外に考えられない。

この事件は政府や各国の捜査機関、そしてマスコミがグルになったやらせ事件です。
この事件を広めることによって特をする人間たちによる情報操作です。
2015-02-01 : ★テロリスト関連記事 : コメント : 0 : トラックバック : 0
世界の脅威の真実 北朝鮮のミサイル発射の真実 北朝鮮による核実験の真実・ パソコン遠隔操作事件の真実 ・木嶋佳苗の真実 ・上田美由紀の真実 ・外事警察の実態
Pagetop

朝鮮総連本部を買い取ったマルナカが現れた



前回の記事で新しくブログを立ち上げてそちらをメインにすると書きましたが、重要な出来事があったのでとりあえずこのブログに記しておきます。

公安が僕を北朝鮮の工作員に仕立て上げようとしている決定的な証拠ができました。
これでこの話を信じていない方もそうでなくなると思います。


今日(2015年1月23日)総連本部を落札した企業が再び総連本部、総連側に売却する可能性がある、というニュースがありましたが、このニュースが関係する証拠です。

<ニュースの経緯>
朝鮮総連本部が競売にかけられたニュースが一昨年あたりからあり、最終的に昨年10月に再入札で落札されました。その落札した企業が、香川県に本社を置く「マルナカホールディングス」という企業です。
このマルナカは以前はチェーンストア事業を中心に不動産やレジャー関連の事業を展開していましたが、2012年からはイオングループにチェーンストア部門を譲渡して、不動産業を中心の企業となっているようです。



そしてここからが問題です。
このマルナカは大阪にある舞州ヘリポートに自家用ヘリを所有しているらしいのですが、そのヘリがなんと数百キロ離れた埼玉県上尾市にある僕の自宅の目の前に1月18日午前10時半頃に現れました。

これがその時の映像です。都合により音声は入っておりません。

自宅の上空を6、7分の間、一定の範囲内をぐるぐると飛び回っていました。


そしてこのヘリの機体の下に「JA868M」と書いてあったので検索したところ、このマルナカが所有していることがわかりました。
vlcsnap-2015-01-23-19h13m22s39.png

数百キロ離れた、そして北朝鮮の工作員にし立てあげられようとしている人間の家の上空に総連本部を買い取った企業のヘリが現れました。
しかも明らかに機体番号や形状が僕に見える場所しか飛行していません。
最近新しくカメラを買って鮮明な映像を撮れるようになって動画をユーチューブにアップした矢先にこの状況です。
このマルナカヘリの動画をユーチューブにアップすれば僕が北とのなんらかの関係があるかのように見えてしまいます。


そしてこれだけではありません。
この出来事とほぼ同時期に話題になった「つまようじ混入事件」です。
これもユーチューブが関係した事件です。


マルナカヘリと、つまようじ事件、どちらも自身のストーカー動画をアップされている警察にとって都合が良すぎる事件です。

公安がこの「マルナカ所有ヘリ」を僕に撮らせて、下手に撮影して投稿していると落とし穴があるぞ、という脅しのための工作ではないでしょうか。
そしてつまようじ事件はネットに悪質な動画を投稿すると逮捕されるぞ、という警告になります。

こんな警察にとって都合がいい2つの出来事が同時期に起きているわけですからどちらも偶然のわけがありません。

警察はこれらの工作で僕が恐れて動画の撮影、投稿をやめ、動画を削除するとでも期待した工作でしょう。


こんな馬鹿げた工作を行うというのは警察がとことん追い詰められている証です。
僕自身はこれからも動画投稿もブログもサイトもやり続けますけどね。

僕が北の工作員に仕立て上げられている決定的な証拠ができたので僕自身のほうが得をしました。

で、もし、これが「僕が本当に北の工作員で、警察の自演のように見せるために、わざとマルナカヘリを飛ばした」という話が造れそうですが、これもありません。

それまでに警察や自衛隊、消防、救急車、ホンダエアポート、新日本ガスの動画を散々投稿していて、警察を陥れるどころの話ではないわけです。僕自身を警察に逮捕されるようなことをしていることになるわけですから。




「マルナカ」と「つまようじ事件」に関するニュース

産経新聞
1月23日 7時55分


在日本朝鮮人総連合会(朝鮮総連)中央本部ビル(東京都千代田区)を落札した高松市の不動産業「マルナカホールディングス」が近く本部ビルを転売する見通しであることが22日、複数の関係者への取材で分かった。転売先として東北地方の不動産会社が浮上している。朝鮮総連は迂回(うかい)転売後の賃借による本部維持を計画。同社などと賃借契約することで、入居を続ける可能性が高まった。

 朝鮮総連関係者や公安関係者らによると、転売先が早ければ今月中にも契約金を振り込み、2月には所有権を移す方向で準備を進めている。マルナカは本部ビルを22億1千万円で落札したが、転売総額としては40億円台が見込まれているという。

 マルナカは当初、朝鮮総連に明け渡しを求める方針を示し、昨年11月の落札の最終決定後にも同社幹部は、産経新聞の取材に「朝鮮総連の関係先に売却することはない」と明言。「売却先候補と朝鮮総連のつながりについても調査する」としていた。

 また、朝鮮総連の不服申し立てで所有権取得が遅れたとして、東京地裁に1億円の損害賠償を求める訴えも起こしている。

 朝鮮総連側は、マルナカ側が直接、売却や賃貸する意思がないことから、表向きは総連と関わりがなく、賃借契約に応じる転売先の確保に向け、政界関係者や業者と交渉し、資金の工面も進めてきた。

 一方で、公安関係者によると、東北の不動産会社は、朝鮮総連との関わりも指摘される。今回の契約について、朝鮮総連が事前に水面下で調整し、同社か、同社の再転売先と賃借契約を結ぶ可能性がある。

 今回の契約は、本部維持に向けた朝鮮総連の計画に沿った動きともいえるが、転売先となる企業がどう資金調達をしたか、マルナカ側がどこまで朝鮮総連の関与を把握した上で売却交渉に臨んだかなど、不透明な部分は少なくない。





つまようじ少年逮捕 「かまってほしい心理の表れ」と専門家分析
産経新聞
2015年1月18日


警察を挑発する動画を投稿してきた少年だが、18日の逮捕後は素直に捜査員の調べに応じたという。投稿された問題の動画はインターネット上で多くのサイトに転載され一気に拡散。専門家は模倣犯の助長につながると危惧するが、問題動画の投稿を事前に規制するのは難しいのが現状だ。

 少年は、警視庁が捜査を始めた後も動画投稿サイト「ユーチューブ」への投稿を継続。「警察はまだ私を捕まえられない」など、挑発的な発言も繰り返しながら、商品を持ち出すような動画を投稿した。

 少年の一連の行為について、犯罪心理に詳しい「こころぎふ臨床心理センター」(岐阜市)の長谷川博一代表は「かまってほしい、見てほしいという欲求の表れ」と分析するが、「ネット上で拡散する情報は若者に対する影響が大きく、模倣犯が出る可能性もあるだろう」と指摘する。

 実際、長崎県のスーパーでつまようじが差し込まれた商品の菓子が見つかり、偽計業務妨害容疑で17日に少年(17)が逮捕。千葉県でもコンビニやスーパーで食品に針が混入される事件が相次いでいる。

 ユーチューブのガイドラインでは、暴力的な動画は削除する方針を示すが、いたずら行為の動画については明確な記述がない。ネット事情に詳しい久保健一郎弁護士は「サイトの運営者が投稿を規制するルールを設けることは可能だが、一度投稿された動画は他のサイトに転載され、完全に消すことはできない」と指摘。「サイトの運営者が事前に内容を確認して差し止めるのは一種の検閲になる。投稿後に削除するなど事後的な対応しかないのが実情だ」と話している。











2015-01-23 : ▲僕が無実である決定的な証拠 : コメント : 0 : トラックバック : 0
世界の脅威の真実 北朝鮮のミサイル発射の真実 北朝鮮による核実験の真実・ パソコン遠隔操作事件の真実 ・木嶋佳苗の真実 ・上田美由紀の真実 ・外事警察の実態
Pagetop
ホーム  次のページ »

プロフィール

hikky37

Author:hikky37
前科0、海外渡航暦0の普通の日本国民

カテゴリー

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2カウンター

blogranking.net

blogrank

FC2ブログジャンキー

「アクセス数が全然伸びない…」そんな悩みをブログジャンキーが解決します!

リンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。