お詫びと訂正

前回の記事で「振り込め詐欺がでっち上げられている決定的な証拠」などと大きなことを書きました。
しかしそれが全くの間違いであることがわかりました。

このブログでは過去に何度か誤った情報を流したことがありましたが、それらはすべて僕が訴えた内容に影響が無い程度のものでした。
しかし今回のミスは記事で指摘した内容が根本的に間違いだったことになるミスということになってしまいました。

ミスと言うより完全に勢い任せで記事を書いてしまった感じです。

ただでさえ信じられないような内容のブログなのに、そこでこんなことをしてしまったので益々信用されなくなったかもしれません。



その間違いに関してです。

前回の記事で「振り込め詐欺の金の流れがわかっているならもっと多くの犯人を逮捕しているはずで、発生件数も激減しているはずだ」ということを書きました。

しかし後になって振り込め詐欺に関して検索してみたところ現実にそうなっていることがわかりました。

発生件数           検挙件数
06年 約1万9千件     約3千件
07年 約1万8千件     約3千件
08年 約2万件       約4千4百件
09年、約  7千3百件   約5千7百件
10年 約  6千6百件   約5千2百件

と、09年と10年は08年以前に比べて激減していて、検挙件数は増えていました。

ということなので前回の記事で僕が指摘したことは全くのでたらめだったということです。
情報をまともに調べもせずに勢い任せで雰囲気だけで、いい加減なことを書いてしまいました。


申し訳ありませんでした。


といってもこれは一般の読者に謝っているのであって、当然警察に謝っているわけではありません。
僕にそっくりな出し子の手配写真が公開されて、そしてその時からATMでの写真公開が始まったわけで、この状況からして警察が振り込め詐欺を利用して何らかの工作をしているのは間違いないからです。
それと上の統計はあくまでも警察が公表した数字です。
そして振り込め詐欺の被害者の氏名は公表されるとこがないという事実もあります。
(関連記事 カテゴリ「振り込め詐欺のでっち上げ」)


それにやはり警察がATMでの引き出しを全て把握できているというのは不自然です。
以前は「金の流れがなかなか特定できない」と言っていたのに一体いつからそしてどうやってそれが改善されるようになって100%にできるようになったのでしょうか。

そしてもう一度言い訳をさせていただきますが、このブログでは350以上の記事を書いていますが、今まで小さなミスはありましたが、ここまで勢い任せでいい加減な記事を書いてしまったことはありませんでした。
それと他の記事を読んでいただければ、勢い任せで記事を書いてしまう状況にあることがわかっていただけると思います。

また今後この振り込め詐欺に関して記事を書かないわけでもありません。




スポンサーサイト

テーマ : 検察・警察の腐敗
ジャンル : 政治・経済

2011-01-26 : ◆振り込め詐欺のでっち上げ : コメント : 0 : トラックバック : 0
世界の脅威の真実 北朝鮮のミサイル発射の真実 北朝鮮による核実験の真実・ パソコン遠隔操作事件の真実 ・木嶋佳苗の真実 ・上田美由紀の真実 ・外事警察の実態
Pagetop

振り込め詐欺でっち上げの決定的証拠

とうとう振り込め詐欺がでっち上げである証拠を見つけました。


昨年の振り込め詐欺事件において、出し個(引き出し役)がATMで金を引き出した件数は4754件で、そのうち47.3%がセブンイレブン、ファミリーマートが5.9%でみずほ銀行が4.8などで、セブン銀行はその他の引き出し数を大きく上回ったそうです。


この情報が警察が振り込め詐欺をでっち上げている決定的な証拠なのです。


警察はこれだけ振り込め詐欺が行われているのに犯人をなかなか捕まえられない理由として「振り込め詐欺犯が色々な経路を使って金の流れを特定できないようにしているから」と説明していました。

しかし今回の引き出し件数のニュースでそれが嘘であることが決定的になりました。


なぜなら上のニュースのように、引き出されたATMの場所がわかるということは、その前の全ての金の流れがわからないと、最終的なATMでの出金が振り込め詐欺の出し子によるものなのかどうかわからないわけです。
はじめに被害者がお金を振り込んでからそのお金がATMで引き出されるまでの間のすべての経路がわからないと引き出されたお金が振り込め詐欺のお金かどうなのかがわからないわけです。

それがわかったのだから警察は途中の金の流れも全て把握しているはずなのです。
しかしそのような公表は今まで一切ありません。

さらにこれが事実なら公表さているよりもはるかに多くの犯人を逮捕しているはずなのです。
そして振り込め詐欺自体の件数も激減しているはずなのです。


しかしまったくそのような状態になっていません。

これで完全に警察が振り込め詐欺をでっち上げている証拠が出ました。



それとATMで年間4754件も引き出されていることを把握しているはずなのに、出し子の指名手配の顔写真が少なすぎです。

「それは引き出された後に件数がわかったからじゃないか」と思われるかもしれませんが、では現在警察のホームページで公開されている写真はどうやってそれが引き出し役だとわかったのでしょうか。そしてなぜその写真は保存されていたのでしょうか。
現在公開されている指名手配写真が本物であって、警察がATMでの引き出し4754件ということを把握してることが事実なら他にもものすごい数の写真が公開されていなければおかしいのです。

しかしたったのあれだけ。
あり得ないことです。

このこともまたでっち上げの決定的な証拠なのです。


09年の4月に川越のセブンイレブンで振り込め詐欺の張り込みをしていた川越署の女性署員が見事に出し子を逮捕したというニュースがありました。
このことが事実なら、09年に張り込みが大成功したわけですから、その後もセブン銀行での張り込みを続けているはずです。
そして引き出し数1位なわけですから、そのうちの何件かは逮捕もしているはずですよね。

ところがそのようなニュースは川越の件以来聞いたことがありません。
それと川越で逮捕された人間がその後どうなったのかも全くわからない状態です。

これもまたでっち上げの決定的な証拠です。



以上のことで僕が訴え続けてきた「警察が振り込め詐欺をでっち上げている」ということが確実になりました。




なのでどうぞいくらでも僕や家族を振り込め詐欺犯に仕立て上げてください。






テーマ : 検察・警察の腐敗
ジャンル : 政治・経済

2011-01-24 : ◆振り込め詐欺のでっち上げ : コメント : 0 : トラックバック : 0
世界の脅威の真実 北朝鮮のミサイル発射の真実 北朝鮮による核実験の真実・ パソコン遠隔操作事件の真実 ・木嶋佳苗の真実 ・上田美由紀の真実 ・外事警察の実態
Pagetop

桶川市振り込め詐欺・おれおれ詐欺情報

警察が僕に振り込め詐欺犯の疑いをかけていることは以前に書きましたが(関連記事 サイドバーのカテゴリの「振り込め詐欺のでっち上げ」)、僕だけでなく僕の家族にも疑いをかけようとしていることがわかりました。

実は1年くらい前から気づいていたことがあったのですが、僕の家族の仕事が休みの日に限って、防災無線で「現在桶川市内に振り込め詐欺の電話かかってきているので警戒してください」と言う内容の呼びかけがあることがやたらと多いのです。
休みの日だけでなく、家族が午後からの出勤の日には「午前中に詐欺の電話がかかってきたいた」という呼びかけもたまにあります。

そして先月、その家族が銀行にある相談をしに行ったのですが、その数日後、その銀行からその家族宛にある不自然な手紙が送られてきました。
手紙の内容は教えられませんが、普通銀行がそこまでしないだろうという内容なのですが、その手紙を送ることによって振り込め詐欺犯が必ず使うある物に関するあることがわかる内容なのです。

これらのことから考えて間違いなく警察は僕だけではなく、僕の家族にも振り込め詐欺の疑いをかけています。

こういうことです。
まず警察自らが僕にそっくりな振り込め詐欺犯の手配写真を造り、僕に疑いをかけ、さらに家族が休みや午後出勤の日に市内に詐欺の電話がかかってきているという情報をでっち上げ、僕の家族にも詐欺の疑いがかかるようにして、そのことを銀行にほのめかし、信用させ、銀行にあの手紙を送らせたのでしょう。だから内容が不自然な手紙になったのです。
そして警察はこの一連の芝居によって銀行も仲間にすることができた、というわけです。


しかし既に僕はこのブログで完全に無実であることは証明したし、その無実を証明した僕の家族が実は犯罪者だったなんて警察にとってとんでもなく都合がいい馬鹿げた話があるわけがありません。
もし銀行関係者のかたがこのブログを見ていたら、このブログを警察に通報してください。

しかしその時警察はこういういいわけをするでしょう。
今は詐欺の証拠をつかむために泳がしているから、ブログなんかでは踏み込めない。
そして警察はいつまで経っても僕や家族に手も足も出さない。
警察はそんな状況を不審に思われないように僕の家族のやることなすこと振り込め詐欺に関係あるかのような工作や芝居を繰り返してごまかす。

今まで僕が受けてきたことを考えれば必ずこういうパターンになるはずです。


それとこれだけ振り込め詐欺警戒を頻繁に呼びかけいるにもかかわらず、先月の18日にまた桶川市内で振り込め詐欺の被害者が出たそうです。
これも間違いなく僕や家族に疑いをかけるためのでっち上げです。



テーマ : 検察・警察の腐敗
ジャンル : 政治・経済

2010-02-18 : ◆振り込め詐欺のでっち上げ : コメント : 2 : トラックバック : 0
世界の脅威の真実 北朝鮮のミサイル発射の真実 北朝鮮による核実験の真実・ パソコン遠隔操作事件の真実 ・木嶋佳苗の真実 ・上田美由紀の真実 ・外事警察の実態
Pagetop

振り込め詐欺の情報は絶対に嘘

これだけテレビや新聞で振り込め詐欺の情報が流れていて、さらに警察自身がATM周辺で警戒したり、銀行を始め、様々な防犯組織も協力している中で、こんなに物凄い数の事件や未遂事件が起きているなんて到底信じられません。

そしてなによりもおかしいのが、年間に物凄い数の振り込め詐欺が起きていながら、逮捕される犯人は極々わずか。
警察は振り込んだ後の金の流れが複雑で、なかなか犯人の特定が出来ないと言っておきながら、犯人が逮捕されるときはいとも簡単に逮捕される。

その簡単に逮捕しているのが、僕が住む埼玉の警察です。
先月、川越で女性の私服警官がコンビニで張り込みを行っていたところ、不審な人物がいて職務質問したところ振り込め詐欺犯だとわかって逮捕に至ったらしいです。
そして昨日も埼玉県内で年金の支払日で警察がATM警戒している中に犯人がのこのこと現れて、しかも警察が犯人だと見抜いて逮捕したらしいです。

さらに、警察が監視しているATMで署員が詐欺を未然に防いだ、とか、警察の監視の対象外だったATMでは詐欺被害が出たそうです。

事件の数といい、逮捕の仕方といい、未然防止といい、とんでもなく嘘臭いです。
余りにも出来すぎです。

こんな話は絶対に嘘です。

振り込め詐欺は、事件の性質上被害者の氏名を公表せずに済むので、警察にとって都合がいい犯罪です。
いくらだって事件を造り上げることが出来てしまうわけです。
だからこそこの事件が選ばれたわけです。
市民を警察の見方につけるために。

(関連記事 08年12月3日「今度は振り込め詐欺」 09年3月5日「僕にそっくりな振り込め詐欺犯」など)



振り込め詐欺の嘘

テーマ : 検察・警察の腐敗
ジャンル : 政治・経済

2009-04-16 : ◆振り込め詐欺のでっち上げ : コメント : 0 : トラックバック : 0
世界の脅威の真実 北朝鮮のミサイル発射の真実 北朝鮮による核実験の真実・ パソコン遠隔操作事件の真実 ・木嶋佳苗の真実 ・上田美由紀の真実 ・外事警察の実態
Pagetop

僕にそっくりな振り込め詐欺犯

警察がまたやりました。

先月の16日に振り込め詐欺の出し子10人の手配写真を警察が発表したのですが、その中の1枚が僕にそっくりです。
振り込め詐欺出し子手配写真

顔の輪郭、目、鼻、口、眉毛、おでこの形、どこをとっても僕にそっくりです。
違うのは髪の毛の長さと、写真のほうがほんのわずかに頬がこけているというとこだけです。本当にほんのわずかにです。
でもその写真は半年くらい前の写真なので、その部分が現在と多少違っていも僕に疑いをかけることは十分にできます。

今この写真を全国のATM付近に貼り出しているそうです。

犯人の似顔絵が僕にそっくりな通り魔事件の犯人ではないことを証明したわずか1ヶ月後に、今度は僕にそっくりな振り込め詐欺の犯人が現れました。
子供を狙った犯罪者の似顔絵の次は、振り込め詐欺の犯人の写真を造って僕を要注意人物に仕立て上げようとしています。
(関連記事 カテゴリー「僕が無実である決定的な証拠」の中の2つ目の記事 07年5月14日「B事件以外で疑われていること」09年1月7日「監視の大義名分になる事件 その1」など)

あの写真はもしかしたら僕が実際にATMを使った時の写真を加工して造り上げたものかもしれません。

とにかくまた警察が僕に疑いがかかる証拠を造り上げました。
(関連記事08年12月3日「今度は振り込め詐欺」 08年12月2日「コンビニでの警戒」)


振り込め詐欺の嘘

テーマ : 検察・警察の腐敗
ジャンル : 政治・経済

2009-03-05 : ◆振り込め詐欺のでっち上げ : コメント : 0 : トラックバック : 0
世界の脅威の真実 北朝鮮のミサイル発射の真実 北朝鮮による核実験の真実・ パソコン遠隔操作事件の真実 ・木嶋佳苗の真実 ・上田美由紀の真実 ・外事警察の実態
Pagetop

今度は振り込め詐欺

どうも今度は振り込め詐欺で僕に疑いをかけようとしているのではないでしょうか。

桶川市のホームページを見ると振り込め詐欺に関する情報がトップページに載っています。
県内の他の市町村のホームページを見ましたがそんなことをトップページに載せている市町村は見当たりません。
市の防災無線でも最近たまに振り込め詐欺に対する注意を呼びかける放送をします。

そしてこの防災無線での放送が先々月もあったのですが、その放送の直前にヘリが桶川上空を何かを探すようにゆっくりと飛んでいたことがありました。
そして先月もヘリが桶川上空を飛んだ後に放送があったのですが、その放送直後にたまたま家族を駅に送ろうと外へ出たとたんヘリ(恐らく同じヘリ)が頭の完全な真上を通過していくということがありました。
さらにその日、送った家族を駅に迎えに行ったとき、駅前をパトカーが赤色灯を回転させながらうろついていました。それまであの場所ではミニパトとは1、2回遭遇したことはありますが、普通のパトカーと遭遇した記憶はありませんでした。しかも赤色灯を点けていた。

振り込め詐欺では金の引き出しにコンビニのATMを使うというニュースをよく見ます。
昨日の記事でちょこっと書きましたが、僕はコンビニのATMを利用しています。

そしてコンビニでは最近振り込め詐欺に対する警戒をしているニュースを見ます。

それと11月18日の「埼玉県や桶川市と防犯協定を結んでいる方たちへ その1」で3台立て続けに防犯協定の車と遭遇したり、最近防犯協定を結んでいるある運送会社の車とやたらと会うということを書きました。この3台のうちの1台の企業と、その運送会社が振り込め詐欺の注意を促すためのチラシを配るというニュースを最近見ました。

これらのことからすると、昨日の記事で書いたコンビニの警戒や運送会社のトラックなどが監視する理由のはこの振り込め詐欺のせいではないでしょうか。

警察は今まで散々色々な犯罪の疑いをかけてきて失敗しているので、今度は僕が振り込め詐欺犯の疑いがある、ということにしてコンビニや運送会社などに吹き込んでいるのではないでしょうか。
だからコンビニの警戒や、やたらとある運送会社のトラックなどと遭遇するということが起きているのではないかと考えています。

振り込め詐欺の嘘

テーマ : 検察・警察の腐敗
ジャンル : 政治・経済

2008-12-03 : ◆振り込め詐欺のでっち上げ : コメント : 0 : トラックバック : 0
世界の脅威の真実 北朝鮮のミサイル発射の真実 北朝鮮による核実験の真実・ パソコン遠隔操作事件の真実 ・木嶋佳苗の真実 ・上田美由紀の真実 ・外事警察の実態
Pagetop
ホーム

プロフィール

hikky37

Author:hikky37
前科0、海外渡航暦0の普通の日本国民

カテゴリー

カレンダー

04 | 2017/03 | 05
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2カウンター

blogranking.net

blogrank

FC2ブログジャンキー

「アクセス数が全然伸びない…」そんな悩みをブログジャンキーが解決します!

リンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。