北の美人スパイ事件の超スピード判決の理由

前回の記事にもう少し情報を付け足すと、あの事件が陰謀であったことがさらによくわかります。


この北の女スパイは08年7月15日に韓国で逮捕され、それからわずか3ヶ月で裁判の判決を迎えています。
判決が3ヶ月なら警察や検察での取り調べはそれよりももっと短い期間しか行っていないということになります。

これはあり得ないことです。

韓国に亡命した北の元要人(黄長=ファン・ジャンヨブ)や韓国や日本にいたとされる北の工作員などの暗殺計画、韓国軍の士官から軍事情報の聞き出し、中国において韓国人拉致など様々な工作活動を行ったり計画していたことになっています。

韓国の警察や検察はこれだけの事件や情報の裏づけをどうやってそんな短期間に行うことが出来たのでしょうか。裏づけだけでなく他にも何らかの命令や他の仲間がいる恐れもあるわけです。

また韓国には87年に北の工作員によって大韓航空機爆破事件で100名以上を殺されたという前例があるのです。
それと同じような工作員を逮捕したのにそんな短い期間の取調べなど考えられないことです。

さらに日本や中国でも事件を起こしたり計画していたのにそれらをそんな期間に裏づけを取るなど考えられらないことだし、当時日本や中国の警察が捜査に協力したという情報も全くありませんでした。


そしてこのあり得ない取調べ期間を通して出された判決は懲役わずか5年だけ。
確かにその工作活動のほとんどが未遂に終わったり、士官から盗んだ情報も大したものではなかったということになっていますが、中国で韓国人拉致を行っていることになっているのにそんな軽い罰などあり得ません。



そしてさらにこのあり得ない判決が下った日は、アメリカが北朝鮮のテロ指定を解除した10月12日のわずか3日後の15日なのです。

指定解除の動きが出たひと月後に女スパイ事件が発覚し、解除された3日後に判決なのです。

これらの説明で見え見えの謀略劇であることがよくわかると思います。

情報院は指定解除阻止のためにスパイ事件を捏造したが失敗し、指定解除をされてしまった後はスパイ事件など用無しになったということです。
そこで解除の直ぐ後に適当に判決情報を流し、さらにその後に共犯の義父は無罪ということにして事件を終わらせたということです。

9月8日のミサイル発射準備情報は、スパイ事件を出しても指定解除の方向へどんどん向かっていたため、さらなる情報を付け足して阻止しようとしたということです。



スポンサーサイト

テーマ : 北朝鮮問題
ジャンル : 政治・経済

2011-05-30 : ■北の女スパイ(元正花)事件の真実 : コメント : 0 : トラックバック : 0
世界の脅威の真実 北朝鮮のミサイル発射の真実 北朝鮮による核実験の真実・ パソコン遠隔操作事件の真実 ・木嶋佳苗の真実 ・上田美由紀の真実 ・外事警察の実態
Pagetop

北の女スパイ事件はテロ指定解除阻止目的

韓国や日本、北の要人や工作員の暗殺未遂や軍人への諜報活動、中国での韓国人拉致などで08年7月15日に韓国で逮捕された北朝鮮の女スパイ元正花(ウォン・ジョンファ)事件がありました。
美人女スパイ・元正花


今更ですがこの事件の本当の目的がわかりました。

この事件が発覚したのが丁度アメリカが北朝鮮のテロ支援国家指定を解除しようとしていた時期と重なっていることと、もう1つ同時期にあり得ない情報が出ていたことでわかりました。


アメリカは08年の6月から指定解除に向けて動き出し、実際に10月に北の指定を解除しました。
そもそもアメリカが北朝鮮をテロ支援国家に指定したのは87年11月29日に起きた大韓航空機爆破事件がきっかけとなっているのです。

この爆破事件では、当時25歳の女、金賢姫(キム・ヒョンヒ)と、当時59歳だった男、金勝一(読み方不明)という工作員が実行犯です。


そして08年7月に逮捕された女スパイ事件では、当時35歳の女、元正花と、スパイの命令役をしていた義父とされる当時64歳の男、キム・ドンスンという工作員が関わっていたことになっています。

ここで気付くのは大韓航空機爆破事件の犯人構成と女スパイ事件の構成がそっくりということです。
どちらも若い女と初老の男。
そしてどちらの事件も女工作員が “美人” ということで騒がれました。

テロ国家指定解除の動きはじめた直後にまた同じような北の工作員事件が起きたわけです。
指定解除の動きの最中に指定のきっかけとなった事件とそっくりの事件が起きれば指定解除が取り消される可能性があるわけです。


もうこの時点でなにかあると思いませんか?


しかしこれだけではないのです。
この指定解除の最中の9月に今度は北朝鮮がミサイルの発射準備しているという情報が出されているのです。
※ 報道記事は下にあります

指定解除の最中にミサイル発射準備。
これまた解除が取り消しになるような情報です。
しかしわざわざこんな大事な時期に北がそんなわけのわからないことをするなどあまりにも馬鹿げた話です。
これはあり得ないことです。


これらの情報はどちらも指定解除を阻止したい者たちにとっては好都合な情報です。


これらの状況からしてこう考えられます。
この女スパイ事件とミサイル発射準備はテロ指定解除を阻止しようとする者たちによる謀略だったということです。

指定解除の最中に大韓航空機事件と同じようなスパイ事件を造り、さらにミサイル発射準備情報を造ることによって、アメリカ政府に指定解除を思いとどまらせようとしたと考えられます。
もう見え見えの謀略劇です。

元が日本や中国でも活動していたということにしたのは、自国だけで騒ぐより、周辺国を巻き込めば指定解除阻止の機運をより一層高められると考えたのでしょう。

そしてその阻止しようと謀略を行ったのが韓国の国家情報院ということです。

しかしアメリカ、日本、中国政府はそのような情報には全く耳を貸さずあっさりと指定を解除されてしまった。
なぜ耳を貸さなかったのか。
このようなことが見え見えの政治的な謀略であることをわかっていたからでしょ。


これが美人女スパイ事件の真相です。


ちなみに元の指令役とされた義父のキム・ドンスンはスパイとしての証拠が無いとして09年2月に無罪になりました。
大韓航空機事件の男工作員も自殺したため逮捕はされず、08年の事件でも男は逮捕されず、どちらも残ったのは女だけということです。
ここでも共通点ができたわけです。



<ミサイル発射兆候の報道記事>

北、テポドン発射準備か…米から通告、防衛省警戒態勢

北朝鮮が、長距離弾道ミサイル「テポドン」の発射準備とみられる動きをしていることが6日、
分かった。米国がテロ支援国家指定解除の手続きを延期したことなどへの報復行動とみられ、
米国側から日本政府に通告があったという。
防衛省は警戒態勢を取っている。北が自国の要求をゴリ押しするため、
常套手段である「瀬戸際外交」を展開してきたようだ。
政府関係者によると、北の発射基地周辺で、トレーラーなどが頻繁に移動していることが
確認されたという。ミサイルが発射台に搭載されたか、液体燃料などの注入が始まったか
などは不明。米軍の偵察衛星などの情報とされる。
政府関係者は「北は今月9日、建国60周年を迎え、多様な記念行事が開催される。
現在、日本の朝鮮総連幹部も軒並み訪朝している。『記念行事の一環』という建前で、
膠着状態にある米朝、日朝関係を揺さぶりをかけるため、テポドンを発射することは十分あり得る」
と語っている。(一部中略)

http://www.zakzak.co.jp/top/200809/t2008090602_all.html



北朝鮮がテポドンミサイルの発射準備ともとれる行動 衛星写真にミサイル据えつけの映像

北朝鮮が、テポドンミサイルの発射準備とも受け取れる行動をしているもよう。
関係筋によると、衛星写真に、発射基地にテポドンミサイルが据えつけられていることを示す映像が映っているという。
政府筋は「現時点では、差し迫った状況にあるとは、考えていない」と述べている。
一方、朝鮮労働党筋は、FNNに対し、「9日の北朝鮮建国60周年記念日を前にミサイルを打つ準備をしている」と述べている。

ttp://www.fnn-news.com/news/headlines/articles/CONN00140012.html


などです


テーマ : 北朝鮮問題
ジャンル : 政治・経済

2011-05-29 : ■北の女スパイ(元正花)事件の真実 : コメント : 0 : トラックバック : 0
世界の脅威の真実 北朝鮮のミサイル発射の真実 北朝鮮による核実験の真実・ パソコン遠隔操作事件の真実 ・木嶋佳苗の真実 ・上田美由紀の真実 ・外事警察の実態
Pagetop

テロ国家指定解除と女スパイ事件

先日アメリカが北朝鮮のテロ支援国家指定を解除する方向に動き出しました。
アメリカが北朝鮮をテロ支援国家に指定したきっかけは、1988年の大韓航空機爆破事件です。
この事件は北朝鮮の工作員(英訳すればスパイです)2人が日本人を装って韓国の航空機を爆破したテロ事件です。

この事件がきっかけで北朝鮮をテロ支援国家として指定したのです。

その北朝鮮が韓国で軍事情報を盗もうとしたり、北の元要人や韓国の軍人などを暗殺する計画をしていたとして、女スパイが7月に逮捕されたばかりです。
そして今はその裁判の真っ最中です。

テロ支援国家指定のきっかけになったのが、北のスパイが韓国で起こしたテロ事件なのに、また同じ韓国で北のスパイが見つかって、多くの人間の暗殺を計画していたことが発覚したのに、まさにその時期にテロ支援国家の指定解除。

完全にアメリカの動きは矛盾しています。

そしてさらにアメリカが北をテロ支援国家の条件としているのは拉致事件です。

女スパイは多くの人間の拉致事件にも関わっていたとされています。

また韓国では脱北者がスパイ活動をしているという噂が以前からあったということになっていますが、それなら女スパイ以外にもスパイが大勢いる可能性もあるわけです。
要するにこんな危険な人間が他にも大勢いる可能性があるわけです。


そんなスパイが逮捕され裁判が開かれている最中にアメリカが指定解除の動きに出た。

絶対にあり得ないことです。

なぜ指定解除に出たのか。
こんな事件相手にしていないということです。

アメリカはこの事件がでっち上げだとわかっているということです。

テーマ : 北朝鮮問題
ジャンル : 政治・経済

2008-10-13 : ■北の女スパイ(元正花)事件の真実 : コメント : 0 : トラックバック : 0
世界の脅威の真実 北朝鮮のミサイル発射の真実 北朝鮮による核実験の真実・ パソコン遠隔操作事件の真実 ・木嶋佳苗の真実 ・上田美由紀の真実 ・外事警察の実態
Pagetop
ホーム

プロフィール

hikky37

Author:hikky37
前科0、海外渡航暦0の普通の日本国民

カテゴリー

カレンダー

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2カウンター

blogranking.net

blogrank

FC2ブログジャンキー

「アクセス数が全然伸びない…」そんな悩みをブログジャンキーが解決します!

リンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。