自衛隊救難隊が報復に来ました

自衛隊が報復に来ました。
始めてみるような機種だったので検索したところ、なんと前回記事で紹介した自衛隊の航空救難隊のヘリ「UH-60J」でした。
uh-60j

16時5分に家の真上を南から北へ通過していきました。
救難隊の批判をしたら数時間後に救難隊のヘリがその人間の家の真上を家の真正面から通過。
これで自衛隊による犯罪行為の確固たる証拠が出来ました。
自衛隊は完全な犯罪者集団です。


昼間にフジテレビのニュースを見ていたら、昨日救難隊の映画を紹介していたコーナーの時間に、今度はプラモデルの愛好家を紹介していて、そこに防衛大臣の石破茂が出ていました。防衛大臣という国の重要な役割を担っている人間が庶民的な趣味を持っていて、裏の事情を知らない人から見れば、こんな平和な趣味を持っている人間が裏で国民を脅迫しているなんて信じられないはずです。間違いなくこれも自衛隊、防衛省のイメージアップのためのコーナーです。

そしてその後に救難隊の報復。
あのようなテレビを見れば、一般の人は僕がいくら自衛隊の脅迫映像をネットに載せたところでそれが脅迫行為だなんて信じないのではないでしょうか。
それが狙いというわけです。

08年7月14日の記事で紹介した「日本には北朝鮮のスパイが数百人いる」で検索すると一番初めに出ているyoutube動画にもあるように、マスコミの前でスパイが日本にいる情報だとかを流したり、自衛隊映画などのイメージアップなどの自衛隊が有利になることを画策しているのはこの防衛大臣石破茂でしょう。動画の中の嬉しそうな顔を見ればわかりますよ。
それとこれは前から思っていましたが、あの守屋元次官が逮捕されて、僕のブログの信用性が疑われるようなことが起きたのも、石破茂が画策したのではないでしょうか。防衛庁の時にも長官をやっていて防衛省の裏の事情には詳しいはずですし。実際に最終的に石破大臣自身には疑いはかけられずに済んでいる。
そう考えてもおかしくはないでしょう。
スポンサーサイト

テーマ : 自衛隊/JSDF
ジャンル : 政治・経済

2008-07-31 : ◇自衛隊の動き : コメント : 1 : トラックバック : 0
世界の脅威の真実 北朝鮮のミサイル発射の真実 北朝鮮による核実験の真実・ パソコン遠隔操作事件の真実 ・木嶋佳苗の真実 ・上田美由紀の真実 ・外事警察の実態
Pagetop

フジテレビは自衛隊をかばっている

皆さんはフジテレビの月曜日の9時からやっていた「CHANGE」というドラマをご存知でしょうか。
僕は本編は1度も見たことがありませんでしたが番組の宣伝で、自衛隊の輸送ヘリCH-47Jが出ていたのを見たことがありました。あのCH-47Jは僕を脅迫し続けている入間基地のものらしいですね。(参考 アメーバビジョン

どういうことなのでしょうか。

明らかにマスコミはこのブログを知っています。その証拠に拉致問題の報道が渡辺秀子さんの件以来、突然激減しました。僕自身も全国ネットの放送局を始めあらゆるメディアにこのブログを知らせるメールを送りました。間違いなくマスコミ全てがこのブログを知っています。(参考記事 08年6月18日「北朝鮮のスパイでっち上げに関する時系列表」)

ということはブログで訴えている自衛隊による脅迫行為も当然知っています。

それなにのなぜフジテレビはその犯罪行為を行っている自衛隊に撮影の協力を依頼などしたのでしょうか。

以前フジテレビや産経新聞が自衛隊を擁護するような報道をしていたのを知っています。

名古屋の弁護士や全国の住民らが自衛隊イラク派遣をめぐる裁判を起こし、今年の4月に自衛隊のイラク派遣の一部で違憲と認められた判断が下されました。
これに対してその日の各局のニュースでは結構大きく取り扱っていて、中には画期的な判断といっている局もあったくらいなのに、フジテレビではニュースの終了間際に数秒しか報道しなかったということがありました。
その後産経新聞でもこの違憲の判断に対して、かなりの勢いで批判していました。
このことでフジサンケイグループではかなりの自衛隊びいきなんだということを感じました。
まあメディアが色々な考えをもつのは自由で、僕がなにか言えることではありませんが、その考えが暴走して明らかに犯罪行為を行っていることがわかっている組織、あるいはその疑いがあることがわかっている組織に対してまでひいきにしていいんでしょうか。


去年フジテレビで放送された「大韓航空機爆破事件20年目の真実」でも元自衛官が工作員を捕まえる活躍を描いていて、本物の元自衛官が登場して僕の特徴をそのまま工作員の特徴として証言もしていました。
(関連記事 07年12月16日から28日までの記事)

そして今月から公開されている映画「クライマーズハイ」という映画がありますが、あの映画は一見してフジサンケイグループとは関係無いように見えますが、実はあの映画を大プッシュしていた動画サイトとフジテレビが関係があることがわかりました。その動画サイト自体でも自衛隊の動画を扱っています。それにクライマーズハイの配役は間違いなくフジテレビと関係があります。
クライマーズハイという映画の詳しい内容は知りませんが、「1985年の日航機墜落事故を警察が政治的な理由で事故ということで終わらせた、本当はテロの可能性もあったのに」という感じの内容だと思います。
政治的な理由で警察が手が出せないと言えば、北朝鮮による拉致事件がそうでした。ということはこの日航機の事故も北朝鮮の仕業だということを言おうとしているのです。
このような内容の映画をこの時期に上映して得をするのが誰だかわかりますか?

自衛隊と警察です。

こういうことです。
「僕が北朝鮮のスパイだとわかっているのに政治的な理由で警察は逮捕しないんだ。だから国民の安全を守る自衛隊が日々そいつの家の上を飛びつづけて監視しているんだ」
という具合に、僕を疑っている地元の人間や、自衛隊内部の人間に、逮捕も何もされない人間の家の上空を自衛隊が脅迫を続けることへのうまい理由付けができる映画になるわけです。

警察自身もこの映画で助かっているはずです。
散々僕に疑いをかけたのになにも無かったじゃ済まない。だから逮捕しないのは証拠が無いからではなく政治的な理由で仕方なく逮捕できないんだといううまいいいわけができます。


そしてさらに今年の12月に公開される航空自衛隊救難団という災害時のレスキューや要人の搬送などをする自衛隊内部の組織の活躍を描いた映画「空へ~救いの翼~RESCUE WINGS」が上映されるそうです。
この映画をフジテレビの昼間のニュースの中で「ある感動的な実話」を交えて宣伝していました。
僕が08年4月18日の記事「脅迫をしている航空基地」で、脅迫機が飛んできている可能性がる基地として石川県にある小松基地があるということを書きました。
そしてこの映画で舞台となるのがその小松基地です。
そして航空自衛隊救難団がある基地には、その記事で書いた茨城の百里基地や僕の住んでいる、そして確実に僕を脅迫している埼玉の入間基地などかあります。
これは僕が小松基地などからの自衛隊機の脅迫行為をブログで公表されたので、そのことをかき消すためのイメージアップのための映画ということではないでしょうか。
感動的な実話と合わせて自衛隊の活躍を描いて、「こんな自衛隊が国民を脅迫するなんてあり得ない」という具合にするつもりではないでしょうか。

そしてこのように感動的な実話が背景にあることで、その映画を批判するようなことを書けばその人間の方が逆に世間から批判を受けます。
要するに僕が批判の記事を書いても僕のほうが不利になるというわけです。
「なんの確証も無いのにあのような感動的な映画を汚すようなことを書いている」という感じで。
そういうことも計算しているのではないでしょうか。
正直僕自身もこの記事を書くのがかなり心苦しいところがあります。


と書いてもまだ僕を批判する人はいるでしょうね。
でもそれはこの8年間、僕が警察と自衛隊から受けているあらゆる汚い事実を知らないからです。
今までのことを考えれば、僕がスパイやテロリストでないとまずい人間たちならあのような実話を利用することぐらいなんとも思っていないはずです。
そしてそれぐらいしてでも自分たちの立場を守りたがっていることぐらい容易に想像がつきます。

クライマーズハイは僕を疑っている地元の人間や、自衛隊や警察内部の人間対策、空へはブログでしか僕を知らない人対策の映画ということになります。

それにしてもなんでフジテレビや産経新聞はあんなに自衛隊を守りたがるのでしょうか。
犯罪行為をおこなっている人間をかばえば共犯者ということになるのに。

このブログはもしかしたら気が変わって直ぐに僕自身が削除するかもしれません。

テーマ : 自衛隊/JSDF
ジャンル : 政治・経済

2008-07-31 : ◇自衛隊の動き : コメント : 0 : トラックバック : 0
世界の脅威の真実 北朝鮮のミサイル発射の真実 北朝鮮による核実験の真実・ パソコン遠隔操作事件の真実 ・木嶋佳苗の真実 ・上田美由紀の真実 ・外事警察の実態
Pagetop

自衛隊による脅迫行為は正義感からのものではない

みなさんもご存知かもしれませんが、防衛省の内部調査によって全国の自衛隊の11箇所の基地内に自衛隊員が勝手に立派なゴルフ場を造ってゴルフをしていることを。しかも僕の地元の埼玉の入間基地も造っていたそうです。
当然脅迫行為のために地元の入間基地からも飛んできています。
これでお分かりいただけると思いますが、自衛隊の脅迫行為は正義感からやむなくやっているようなものではないということが。
正義感とゴルフ場。
どうやって結びつきますか。

正義感でやむなく脅迫行為をやっている人間がその後にゴルフ三昧です。そもそも自衛隊機を国民への脅迫行為に使う権利などないのに脅迫を行い、それが終わったらゴルフをしているという優雅な生活。あまりにも信条とやっていることがかけ離れています。
脅迫行為に正義感など存在しません。ゴルフと同じでただ単に自分たちの憂さ晴らしのために国民を敵に見立てて無理やり自分たちの活躍の場をつくっている、それが脅迫行為の実態です。

人の人生をめちゃくちゃにしている本人たちは優雅な生活。単なる極悪人じゃないですか。

またボロがでました。

ゴルフ場を造っていた基地

陸上自衛隊
木更津駐屯地

海上自衛隊
下総航空基地
硫黄島航空基地

航空自衛隊
松島基地
百里基地
入間基地
岐阜基地
浜松基地
防府北基地
築城基地
芦屋基地

テーマ : 自衛隊/JSDF
ジャンル : 政治・経済

2008-05-16 : ◇自衛隊の動き : コメント : 2 : トラックバック : 0
世界の脅威の真実 北朝鮮のミサイル発射の真実 北朝鮮による核実験の真実・ パソコン遠隔操作事件の真実 ・木嶋佳苗の真実 ・上田美由紀の真実 ・外事警察の実態
Pagetop

そんなの関係ねー

航空自衛隊の田母神俊雄幕僚長は、18日の会見で自衛隊の海外派遣について一部違憲の判断が下されたことについて、隊員の気持ちを代弁するなら「そんなの関係ねーという状況だ」と述べたそうです。
公務員が公の場でこんな発言しています。
異常だと思いませんか。
これは、裁判の判決なんか俺たちには関係ない。俺たちは俺たちのやりたいことをやるんだということですよね。
これでお分かりいただけましたか。自衛隊にとって法律なんかどうだっていいんだという考え方を根底に持っている状況が。
自衛隊は「法律なんか関係ない。脅迫が法律に触れようが俺たちのやりたいことをやるんだ。」という意味でもあるわけです。
どんどん自衛隊のボロが出てきています。

テーマ : 自衛隊/JSDF
ジャンル : 政治・経済

2008-04-22 : ◇自衛隊の動き : コメント : 3 : トラックバック : 0
世界の脅威の真実 北朝鮮のミサイル発射の真実 北朝鮮による核実験の真実・ パソコン遠隔操作事件の真実 ・木嶋佳苗の真実 ・上田美由紀の真実 ・外事警察の実態
Pagetop

これが自衛隊ヘリによる犯罪行為です

先ほど13時35分頃自衛隊双発ヘリが犯罪行為をしにきました。
家の真上を飛んできました。
4ヶ月ぶりに自衛隊ヘリが家の真上を通過しました。
以前は頻繁に真上を通過していて、去年の12月15、16日の自衛隊機の脅迫の矛盾についての記事を書いて以降飛んでいなかったのが今日飛んできました。



前回の記事に対する報復行為です。

これでおわかりいただけたかと思います。
こいつらが完全な犯罪者だということを。
そして異常者でもあります。
勝手に国民を自分たちの敵に仕立て上げて勝手に感情のはげ口にしている。
このめちゃくちゃな行為を6、7年に渡って続けている。
越権行為という範囲のものではなく、完全な犯罪行為です。
要するに犯罪者ということです。

マスコミはこれでも自衛隊の活躍を報道したりするのでしょうか。

テーマ : 自衛隊/JSDF
ジャンル : 政治・経済

2008-04-20 : ◇自衛隊の動き : コメント : 2 : トラックバック : 0
世界の脅威の真実 北朝鮮のミサイル発射の真実 北朝鮮による核実験の真実・ パソコン遠隔操作事件の真実 ・木嶋佳苗の真実 ・上田美由紀の真実 ・外事警察の実態
Pagetop

脅迫をしている航空基地

最近は毎日のように輸送機が3機ほど連なって1日数回通過して行きますが、あの輸送機はどの基地から飛んでくるものなのでしょうか。

そのほとんどが家の大体西北西から東南東へ通過して行きます。
自衛隊機は燃料節約ために基地と基地の間を直線で飛ぶそうです。
これらを踏まえて単純に考えてグーグルアースで調べてみると、位置的には石川県の小松基地か、岐阜県の岐阜基地から、茨城県の百里基地へ飛ぶという飛行路ががちょうど当てはまります。
まあ日本にはかなりの数の航空基地があるようなので、なんとも言えませんが角度的にはこの3つ、特に百里基地に関してはぴったりです。


それにしてもグーグルアースで調べてわかりますが、一つの一軒家がいかに小さいかということが。
日本の面積から考えると完全にミクロの世界です。この小さな一軒の家の真上を、以前飛んでいたヘリと合わせて、自衛隊機が360度の方角から飛んできて僕の家の真上を通過していくのですから、偶然ではないことは証明されています。

テーマ : 自衛隊/JSDF
ジャンル : 政治・経済

2008-04-18 : ◇自衛隊の動き : コメント : 1 : トラックバック : 0
世界の脅威の真実 北朝鮮のミサイル発射の真実 北朝鮮による核実験の真実・ パソコン遠隔操作事件の真実 ・木嶋佳苗の真実 ・上田美由紀の真実 ・外事警察の実態
Pagetop
ホーム  次のページ »

プロフィール

hikky37

Author:hikky37
前科0、海外渡航暦0の普通の日本国民

カテゴリー

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2カウンター

blogranking.net

blogrank

FC2ブログジャンキー

「アクセス数が全然伸びない…」そんな悩みをブログジャンキーが解決します!

リンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。