時効廃止と僕と拉致事件の関係 その2

前々回の記事(10年2月27日「渡辺秀子さんの拉致事件でっち上げの証拠」)で書いてように、警察は拉致事件は現在も進行中だから時効は適用されないと言っておきながら、渡辺秀子さん事件では犯人に時効を適用しました。


これをまともに考えれば、渡辺さん事件を含め結局拉致事件全般にも時効はあるんですよ。


警察は日ごろから自身の優先課題として「拉致事件の解決」をうたっているわけです。
現に警察庁の担当者なんかは、大韓航空機爆破事件の実行犯の金賢姫(キム・ヒョンヒ)が横田めぐみさんを北朝鮮で見たという新証言が出たということで先日韓国まで会いに行ったそうです。
逮捕されてから23年近くも経っていて「本来なら今頃新証言なんか出るなんてあり得ない工作員」にわざわざに会いに行き、拉致に関する情報を得ようとしたわけです。

こういうことからも警察は拉致事件を最優先としていて、その情報をなによりも欲しがっていることがわかります。

そしてこんなことまでする警察は、渡辺さん事件では1度も逮捕したことのない犯人を時効のせいで逮捕できず、拉致に関する新情報を得ることができなかったわけです。逮捕できていればどれだけの証言が得られたかわからないわけです。
拉致事件を最優先としている警察にとってとてつもなく屈辱的で無念な出来事だった経験になるわけです。


また国外移送目的の略取の時効は7年で、拉致事件のほとんどが20~30年前に起きていているわけですから、ほとんどの事件の時効が成立してしまっているわけです。なので渡辺さん事件以外の拉致事件でも今後同じようなことが起きる可能性があるわけです。
このことは渡辺さん事件を経験した警察が一番わかっているわけです。


これらの全てのことを考えれば、警察は拉致事件に関する時効廃止を望んでいなければいけないはずです。

しかしです。

今まで何十年も時効廃止に反対してきた警察が今回の「拉致事件に関する案がなにも入っていない時効廃止案」にあっさり賛成してしまったのです。
ずっと時効廃止に反対してきて、そして拉致事件を最優先としていて、さらに渡辺さん事件を経験した警察が廃止に賛成するのであれば、本来ならこの機会に警察自ら拉致事件に関する案を提案していなければおかしいのです。
もっというと、何十年も反対してきた時効廃止案に賛成するのなら、これのわずか3年くらい前に屈辱的な目にあった渡辺さん事件の時点で「拉致事件に関する時効廃止案」を警察自身から出しているくらいでないとおかしいのですよ。しかし警察は一切拉致に関することは触れようとしていない。


これでわかるように今回の時効廃止に対する警察の態度は、今まで警察がとってきたあらゆる態度と完全に矛盾しているわけです。


前々回、前回、今回の記事で書いたように、一連の時効制度廃止の流れを考えれば、間違いなく今回出た時効廃止案は警察自身から出されたものです。
警察は僕をテロリストやスパイに仕立て上げるために時効制度を変えるようにし、さらにこの制度に拉致事件に関する案を入れないことによって、数々の嘘をついてきたことがばれないように工作したわけです。
そしてその案を警察自ら受け入れたように見せているだけです。
だってそうじゃないですか。
拉致事件って警察だけじゃなく国の最重要課題でもあるわけですから、警察以外からも拉致に関する案がでていなければおかしいのに、それが無いじゃないですか。


今回の時効制度廃止案が警察にとってどれだけ恐ろしく都合がよくて、そしてどれだけめちゃくちゃな制度なのかがわかっていただけたと思います。
逆に言うと今回の恐ろしく警察にとって都合がいい時効廃止案も警察が保身を謀っているという証拠となるわけです。



しかし渡辺さん事件でのことを知っているはずの拉致被害者家族会のかたたちをはじめ拉致問題関係者のかたたちは今回の時効制度廃止案をどうとらえているのでしょうか。
他の事件の時効は廃止または延長するのに、国や警察の最優先課題で、しかも渡辺さん事件のような前例がある拉致事件に関する案がなぜ入っていないのか、という不信感を抱いていないのでしょうか。


※以前も書きましたが誤解していただきたくないのは僕は一部の拉致事件を否定しているのであって全ての拉致事件をでっち上げと言っているわけではありません。




スポンサーサイト

テーマ : 北朝鮮問題
ジャンル : 政治・経済

2010-02-28 : ■時効廃止は拉致事件でっち上げの証拠 : コメント : 1 : トラックバック : 0
世界の脅威の真実 北朝鮮のミサイル発射の真実 北朝鮮による核実験の真実・ パソコン遠隔操作事件の真実 ・木嶋佳苗の真実 ・上田美由紀の真実 ・外事警察の実態
Pagetop

時効廃止と僕と拉致事件の関係 その1

最近時効廃止の案が国会に提出されるというニュースを見ますが、なぜこの時期にこの動きが出たか、もしかしたらこのブログを読んできてくれたかたの中には気づいたかたがいるかもしれません。


今回提出される時効廃止案は、時効制度廃止が公布(制度の実施)された後に起きた事件と、公布以前に起きた事件で公布時点でまだ時効が成立していない事件の時効が対象になるそうです。
そしてこの制度が成立して公布されるのが今年の6月ごろになるらしいです。


あの、僕が働いていた会社での事故が起きたのが95年の7月です。この事故を僕によるテロ行為とするなら、事故は殺人事件となります。
現行法では殺人罪の時効は死刑にあたる罪では25年で、無期懲役または禁固刑にあたる罪では15年です。

そしてあの事故から今年の7月でちょうど15年です。
要するに事故をテロ行為として、さらにそれが無期あるいは禁固刑クラスの犯罪とするなら、その犯罪の時効が成立するのが今年の7月になるというわけす。

テロ(ただの事故)の時効が成立する直前に時効制度廃止がスタートするわけです。

これによってテロ(ただの事故)の時効は消滅し、テロが死刑、無期、禁固刑、どのクラスの犯罪となっても、警察は僕を永遠にテロリストやスパイ扱いすることができるようになるわけです。


ここまで書けばわかっていただけたと思いますが、この時効廃止案は間違いなく警察が僕をテロリスト、スパイに仕立て上げ、自らの保身を謀り続けるための警察による謀略です。


もう見え見えの謀略です。



まだ完全にこの時効廃止案が決定したわけではありません。
しかしこの時効廃止の要望は何十年も前からありながらその話がでるたびに何度も何度も先送りにされてきたわけです。
その先送りになった原因の一つは警察自身が人員の確保の問題などで反対してきたからです。
しかし今回の廃止案ではなぜか警察の反対は一切見られません。
そしてちょうど僕の時効が成立する直前になって廃止予定です。
間違いなく警察の謀略です。


この謀略を具体的に説明するとこういうことです。
警察が一番恐れていることは僕に訴えを起こされることです。
そしてさらに恐れていることは、テロ行為(ただの事故)が無期刑か禁固刑クラスの犯罪となった場合、今年の7月で時効が成立してしまい、裁判沙汰になったときに警察は僕に対してなんの抵抗もできなくなってしまい、確実に不利な立場になってしまうということです。
それを避けるためにぎりぎりになって時効廃止案を警察が素直に受け入れたわけです。



これだけ読んだだけでも警察による謀略であることは間違いないことはわかっていただけたと思います。
しかしこれだけでなくこの時効廃止案は散々大嘘をついてきた警察にとってさらに都合がいいものになっているのです。
それは長くなるので次回紹介します。


※今回の記事の関連記事 
07年6月25日「前回の記事の説明」
07年7月1日「最初はテロリストとして疑われていた」
サイドバー「北朝鮮スパイでっち上げ時系列表」「テロリストでっち上げ時系列表」「テロリスト関連記事」など




テーマ : 検察・警察の腐敗
ジャンル : 政治・経済

2010-02-27 : ■時効廃止は拉致事件でっち上げの証拠 : コメント : 0 : トラックバック : 0
世界の脅威の真実 北朝鮮のミサイル発射の真実 北朝鮮による核実験の真実・ パソコン遠隔操作事件の真実 ・木嶋佳苗の真実 ・上田美由紀の真実 ・外事警察の実態
Pagetop
ホーム

プロフィール

hikky37

Author:hikky37
前科0、海外渡航暦0の普通の日本国民

カテゴリー

カレンダー

03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2カウンター

blogranking.net

blogrank

FC2ブログジャンキー

「アクセス数が全然伸びない…」そんな悩みをブログジャンキーが解決します!

リンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。