マラニック速報が公安の怖さのアピールとキャッシュの削除



その後マラニック速報を見に行ったところ、前回紹介した記事に追記がしてあって、一番下に「こいつ公安なめてるだろwwww」という文章が付け加えられていました。

さらにその後アメーバブログにマラニック運営者と思われる人間がコメントしてきたため、僕が「公安のアピールをするなんておかしい」という指摘をしたところ、なんとマラニックはその文章を削除して、単に僕を馬鹿にする文章に替えていました。
マラニック速報の記事
http://68.ldblog.jp/archives/21101216.html

マラニックがコメントしてきた記事
http://ameblo.jp/jun-009382/entry-11424779810.html

見ず知らずの人間からいきなり中傷を受けたというのに驚きもしない、疑問も持たない、そして抗議もしないで、初めから僕の主張を馬鹿にするという不自然極まりない状態のうえに、今度は公安警察の怖さをアピールする文章まで付け足してきました。

これだけでもマラニック速報が公安運営であることはわかりますが、さらにそれだけではありません。

グーグル検索の「キャッシュ」にはグーグルに掲載されているサイトの過去の記録が残っているのですが、僕は「こいつ公安・・・」という文章が書いてあったことをこのブログで証明しようとそのグーグルのキャッシュに記録が残っているだろうと見に行ったところ、なんとキャッシュも削除されていました。
グーグルで「マラニック速報 マラニック速報は公安のサイト?」で検索すると一番上に表示されていて、その右下の「キャッシュ」というリンクをクリックするとあります。

直リン
http://webcache.googleusercontent.com/search?sourceid=navclient&hl=ja&ie=UTF-8&rlz=1T4GGLL_jaJP485JP485&q=cache:http%3A%2F%2F68.ldblog.jp%2Farchives%2F21101216.html

このキャッシュの削除は運営者本人がグーグルに依頼することによって削除されるものなのです。
ということはマラニックの運営者がわざわざこの記事のキャッシュまで削除したというわけです。

普通一般の人間がキャッシュの存在まで思いつきますか?
思いつきませんよね。

しつこいようですが、驚かない、疑問も持たない、抗議もしない上に、公安の怖さのアピール、そしてキャッシュの削除。
どこまで冷静なんだよ。


そしてこのブログでは以前おかしな新聞記事を見つけたためそのURLを晒そうとしたところその記事が既に削除されていたので、その記事のキャッシュのURLを晒したという経緯があります。
「三菱重工サイバー攻撃事件も捏造 その4」

マラニック速報の運営者はそれを知っていたからこそ文章のすげ替えだけでなくキャッシュまで削除したのでしょう。
キャッシュの削除もまたマラニック速報が公安が運営している証拠です。

それと上でリンクしたマラニックのコメントの中で、「2chに晒していいか?」と言ってきたので僕は「早く晒せ」と返事をしたのですが、その後なんの反応もありません。
このブログが2ch内で広まることが怖くて晒せないんですよ。
それはマラニックが公安運営だからこそです。

それと 「ガジェット2ch」http://blog.livedoor.jp/koji446/ もです
このガジェット2chも未だになんの抗議にも来ていません。

僕はこのブログ以外にもこのブログと同じ内容のブログを他にも6つ運営していて、計7つのブログで直リンしているわけだからアクセス解析に僕のブログがたくさん載っているはずなので気付かないといういい訳も効きません。



スポンサーサイト

テーマ : 北朝鮮問題
ジャンル : 政治・経済

2012-12-19 : ★ブログでテロ・スパイ指令? : コメント : 0 : トラックバック : 0
世界の脅威の真実 北朝鮮のミサイル発射の真実 北朝鮮による核実験の真実・ パソコン遠隔操作事件の真実 ・木嶋佳苗の真実 ・上田美由紀の真実 ・外事警察の実態
Pagetop

マラニック速報が公安謀略サイトである証拠



前回記事でマラニック速報が2chで反論していたとことを紹介しましたが今度は自分のブログで反論しています。

こちらです
http://68.ldblog.jp/archives/21101216.html

そして昨日の2chのスレッド
http://hayabusa.2ch.net/test/read.cgi/news4vip/1355128837/

2chでは「www」、マラニック速報でも「www」やアスキーアートを使ったりして、どちらも「僕の主張をまともに相手にしていない」というあざけるような余裕の態度をとっています。


このマラニックの対応、完全に不自然な対応だということがおわかりですか?


みなさんは見ず知らずのサイトで自分に対する見に覚えの無い誹謗中傷を突然見つけたらどうなります?

「え! なんだこれ、なんでこの人私の悪口言っているんだ」
「一体こいつ誰だよ、なんで自分の中傷してるんだよ、自分がこいつになにしたって言うんだよ」

って半ばパニック状態になりますよね。

普通の人間は急に知らない人間が自分に対するいわれの無い中傷をし始めたことに対してまず「驚き」ます。
そして次になんでこの人は自分を中傷するのか、という「疑問」を抱きます。
それから相手に対して「怒り」、「抗議」をします。
そしていくら抗議をしてもだめだった時にあきらめ半分で「あいつは頭がおかしい」と相手を「あざける」という流れになります。


のはずが、マラニックの対応には「驚き」とか「疑問」、「怒り」、「抗議」が全く無く、いきなり僕に対する「あざけり」から始まっているのです。

不自然すぎです。


こちらのことを知らず、身に覚えがないはずの人間がこんな余裕の態度をとっているわけですから。

しかも2chのスレッドのほうは、僕がマラニックの記事を初めて書いたわずか7時間後に投稿しています。
僕の記事に気付いてから間がなく、まだなんの疑問も解決しておらず怒りでいっぱいのはずが、なぜか「www」などを書いて既に余裕を見せるているのです。

こんな対応があるわけがありません。

これに対して「僕の主張の内容が現実離れしているからまともに相手にしない」という理由が通用しそうですが、それは無いですね。
普通の人間は、いきなり知らない人間が自分のブログ名を勝手に揚げて変な噂を流すという失礼なことをしていること自体に対して驚きと疑問と怒りを感じるはずで、中傷の内容などはその次ですよ。

なのに全くそのへんに対する反応が無い。


この「あざけりから始める」という不自然な態度は、明らかに僕がどこの誰で、自分(マラニック速報=公安警察)が僕に対して何をしたかを全て分かっているからこそ、とった態度です。
そしてわかっていることを周囲に悟られないようにしたためにおかしな態度になったわけです。


マラニック速報の読者、そしてリンクサイト、またこのブログからマラニック速報へ行ったこちらの読者。
これらの人たちに「マラニック速報は公安が運営しているブログだ」という僕の主張を信じさせないために慌てて「あざけり」という芝居をしたということです。

マラニックにとってとんでもないことを主張している僕を軽くあざけってあしらう、という余裕の姿をリンク者や読者に見せることによって「僕の主張はただの頭のおかしい人間の妄想」と思わせて話をごまかそうとしているわけです。

また2chのスレッドに関しては前回書いたように、僕に対して余裕を見せて「そんなことを告発されてもなんとも無いよ」と弱みを見せないための工作だったのではないでしょうか。

だからいきなり「あざけり」から始まるという不自然な対応になったわけです。
マラニックの不自然な対応もまた公安が運営しているという証になっているわけです。


それと余談ですが、僕は一般に出回っている2ch閲覧ソフトを利用して見ているのですが、このソフトでは過去ログに行ったスレッドも見れるようになっているのですが、この公安による2chへの書き込みの過去ログは見られない状態になっています。
これまでも何回か見れない記事はありましたが、それはめったにないことです。
これも偶然とは思えません。
関係あるのではないでしょうか。





テーマ : 北朝鮮問題
ジャンル : 政治・経済

2012-12-11 : ★ブログでテロ・スパイ指令? : コメント : 0 : トラックバック : 0
世界の脅威の真実 北朝鮮のミサイル発射の真実 北朝鮮による核実験の真実・ パソコン遠隔操作事件の真実 ・木嶋佳苗の真実 ・上田美由紀の真実 ・外事警察の実態
Pagetop

マラニック速報(公安サイト)が2chで反論していた

前回記事で公安の陥れサイトとして紹介したマラニック速報(公安警察)http://68.ldblog.jp/が2chにこのブログのことを書いていました。

スレッドタイトル
「ちょwww俺のサイトが公安のサイト扱いwww 」

URL
http://hayabusa.2ch.net/test/read.cgi/news4vip/1355128837/

です。

しかし既に過去ログになっているので専用のブラウザがないと見れなくなっているので内容はわかりません。


そして内容よりもなぜこんなに早く僕が2chでこのマラニック速報(公安)のスレッドを見つけられたかを説明します。
上のスレッドタイトル(スレタイ)にもあるように2chなどネットでは「w」という文字が頻繁に使われるのですが、この「w」は「笑い声」を表す言葉で単純に「面白い」ということを表したり、また人を馬鹿にしたりするときにも使うこともあります。
この「w」を「wwwww」と連続して使えば使うほど面白いとか、馬鹿にしている意味が強くなります。

僕は2chを閲覧する時はいつも2ch検索を使って面白そうな記事を探すのですが、その時にこの「w」を「www」と三つ重ねて検索することが一番多いのです。

そして先ほどまた2chを見ようとこの「www」で検索したところ、その検索結果の1ページ目にこのマラニック速報のスレッドが表示されていたのです。


これが偶然だと思いますか?


みなさんも2ch検索で検索していただくとわかりますが、この「w」の数で検索結果がだいぶ変わってくるのです。
なので僕が「w」を3つで検索しなかったらマラニックのスレッドを見つけられなかった可能性もあるわけです。

このマラニックのスレタイにはこの「www」が2つも入っています。


だから僕の検索にうまいことひっかかりこんなに早く見つけられたのです。

これが偶然のわけがありません。
2chには膨大な数のスレッドがあるのに、その中で僕がマラニックの記事を書いたその日のうちにそのマラニックのスレッドを見つけるなんて偶然のわけがありません。

これで「公安が僕がネットでいつどこにアクセスして、どんなキーワードで検索してなにをダウンロードしているかを知っている」ということがお分かりいただけたと思います。


公安はわざとスレタイに「www」を2つもいれて僕の検索に引っかかるようにして僕に自分達のスレッドを見つけさせわけです。

しかし具体的になんのためにそれをしたのかがわかりません。

まあ考えられるとしたら、警察は自分達の弱みを絶対に見せない組織ですから、僕をおちょくってるように見せて自分達には余裕があるように見せたかった、という理由ですかね。

しかしあらゆる人間に協力さて大掛かりなことをやってこのブログを必死で否定しようとしている公安にそんな余裕があるわけがありませんから余計にその可能性が高いです。



マラニック速報(公安)へ。
わざわざ2chに書かないでここのコメント欄で文句を言えばいいじゃんwww



テーマ : 北朝鮮問題
ジャンル : 政治・経済

2012-12-10 : ★ブログでテロ・スパイ指令? : コメント : 0 : トラックバック : 0
世界の脅威の真実 北朝鮮のミサイル発射の真実 北朝鮮による核実験の真実・ パソコン遠隔操作事件の真実 ・木嶋佳苗の真実 ・上田美由紀の真実 ・外事警察の実態
Pagetop

公安警察によるネットでの陥れ謀略


【2ちゃんねるまとめサイトを利用した謀略】

※まず今回の記事では周囲や僕自身に迷惑がかかるので大雑把な説明しかできないため、なにがなんだかわからないかもしれません、ということを言っておきます。




前回記事で説明したように公安警察は我が家のネット回線の盗聴を行っていて、僕や家族がいつどこにアクセスしたかなどネット上の全ての動きを把握しています。


そして「PC遠隔操作事件の真犯人は私です その1」で「最近僕は2ちゃんねるを頻繁に利用するようになった」ということを書きましたが、ネット盗聴をしている公安は今度はその2ちゃんねるのまとめサイトを利用して僕を陥れようとしています。

2ちゃんねるまとめサイトとは、2ちゃんねるに掲載されているスレッド(タイトル)とそのスレッドに対するコメントを読者が見やすいように編集して公開しているサイトのことです。

公安は僕がこの2ちゃんねるまとめサイトを利用していることを察知して、公安自らがまとめサイトを作り上げ、ある方法で僕に接触してきました。

その公安のサイトは

「マラニック速報」
http://68.ldblog.jp/

「ガジェット2ch」
http://blog.livedoor.jp/koji446/

というタイトルのまとめサイトです。
他にも数サイト怪しいと思っているサイトがありますが、決定的な証拠が無いので今はサイト名は晒しません。

このマラニック速報とガジェット2chは初めから僕への接触のタイミングやそのやり方が不自然でした。
初めての接触はマラニック速報からの接触だったのですが「随分タイミングよく来たな」という接触でした。そしてマラニックのほうから来たくせになぜかその後なんの反応もしなくなるという不自然なものでした。

そしてガジェット2chに関しては初めは僕のほうから接触して、一応こちらの要求は受け入れてくれたのになぜかなんの返事もよこさないという不自然なものでした。

この時点でおかしいなと思い、これは公安が関係しているのではと思い、さらにその後ある理由でこれらのサイトが間違いなく公安が作ったサイトだと確信しました。

しかしその理由は一切書けませんが、それを説明すれば直ぐに公安が作ったものだとわかるような理由なのです。


以前このブログで「公安は僕がこのブログや僕が運営している他のサイトやブログなどを使って他のスパイやテロリストと情報交換をしているということにしようとしているのでは」ということを書きましたが、
「もしかしてあれが理由?」 「もしかしてあれが理由? その2」

今回のまとめサイトの件もその工作の一部です。

「僕がネットを利用して他のスパイやテロリストと情報交換を行っている」という話を造るために公安が僕が2chやまとめサイトにアクセスしていることを利用して、先回りしてまとめブログを作り僕に接触してきたのです。

僕が2chやまとめサイトを利用して情報交換を行っている、ということにしようとしているのです。

今回は2chやまとめサイトですが、もしかしたら公安はこれ以前からネットを使って色々な工作をしている可能性があります。
何しろネットに関してはこちらからは相手が見えず、そしてあらゆるところからメールやコメントなどが来るので、どうとでも工作が出来てしまうわけです。

しかし別にこのようなことがあっても2chもまとめサイト、そしてネットの利用はやめることはありません。
このブログがある限り、公安が何をやっても意味はありませんから。
今回は一応公安はこういう方法で僕を陥れようとしている、という説明と公安のサイトを晒しておきました。




2012-12-10 : ★ブログでテロ・スパイ指令? : コメント : 0 : トラックバック : 0
世界の脅威の真実 北朝鮮のミサイル発射の真実 北朝鮮による核実験の真実・ パソコン遠隔操作事件の真実 ・木嶋佳苗の真実 ・上田美由紀の真実 ・外事警察の実態
Pagetop

秩父防災ヘリ墜落事故と僕の家族

今回書くことは僕や家族がスパイやテロリストでないことを証明するために仕方なく書いていることです。今回の記事はこの事故が偶然のものであった場合とんでもなく不謹慎で卑劣な記事ということになってしまいますが、自分や家族の無実を証明するために仕方なく書きます。ご理解ください。


事故の内容。
25日に埼玉県秩父市大滝で遭難した登山者の救助を行っていた埼玉県の防災ヘリ「あらかわ1号」が墜落して、操縦士や救助隊員7名のうち5名が亡くなった。
助かった隊員の話によると「当時現場の天気は悪くなく、風も弱かった。墜落中にヘリからバタつくような音を聞いた」らしい。
このあらかわ1号は99年から運用されていたが、このような事故は今まで一度も無かった。


このブログを以前から読んできてくださったかたの中にはこの秩父での防災ヘリ墜落事故が起きたと同時に、僕のことを思い浮かべたかたは多いと思います。
最近読み始めた方のために説明しますが、僕はこのブログに何度もこの防災ヘリやこのヘリが離発着している空港に関して書いています。
自分の家の真上やいく先々に現れるヘリやセスナに関して「これは僕に対する脅迫だ」と何度も書いてきました。
(関連記事 09年2月18日「○○エアポートは僕を訴えることができるのに」08年12月23日「防災ヘリが威嚇」など)

僕がブログでこのような記事を書いたヘリや空港が関わる事故が起きた。


このブログを読んできた方たちはこの事故が起きたときに直ぐにこのブログの確認をしたかたもいるかと思います。

そしてこのようなこを考えたでしょう。

「僕が脅迫に対する報復のために、ヘリの機体になんらかの細工をして墜落させた」というテロ話
そしてそうやって僕にテロリストやスパイとして疑いをかけるために何者かによって起こされた事故。

しかし実はブログで「脅迫だ」と批判したこと以外にもこの事故で僕や僕の家族に疑いをかけるための絶好の状況があるのです。
僕の家族はここ2ヶ月くらい、ある趣味のために、この空港の直ぐそばを頻繁に通過していたのです。
そしてこの事故の前日にもこの空港の直ぐそばを通過していて、そしてなんとこの墜落した防災ヘリ自体が訓練をしている風景を近くで目撃していたそうです。
そして僕自身も6月の初めころ一度この趣味を行っていた家族を迎えに空港の入り口辺りに行ったことがあります。

こんな状況の中で、今まで一度も無かった事故が起きた。

もう僕がブログで訴えてきたことを考えれば僕がなにを言いたいかわかりますよね。
事故が本当に偶然だった場合を考えてこれ以上は詳しくは書きませんが。

ちなみにブログの中の防災ヘリや空港に関する記事で、具体的な機体名や会社名や一部の画像を削除してありますが、これは地元の人とこれ以上こじれないようにするために4ヶ月ほど前に既に削除してあったものです。
今回の事故が原因で削除したわけではありません。


次回はこれらの事故や事件の警察の意図に関して書きます。





テーマ : 検察・警察の腐敗
ジャンル : 政治・経済

2010-07-26 : ★ブログでテロ・スパイ指令? : コメント : 1 : トラックバック : 0
世界の脅威の真実 北朝鮮のミサイル発射の真実 北朝鮮による核実験の真実・ パソコン遠隔操作事件の真実 ・木嶋佳苗の真実 ・上田美由紀の真実 ・外事警察の実態
Pagetop

もしかしてあれが理由? その2

今回は08年7月17日の記事「もしかしてあれが理由?」というかなり古い記事の続報です。
しかしかなり重要な記事です。(しかし馬鹿げてもいます)
詳しく書くと個人情報を出して説明しなければいけなくなるので前回同様アバウトに書きます。わからない方は歯がゆいでしょうがご勘弁ください。(「あれ」とはブログなどネット利用者のほとんどの方が使用しているものです)

前回(08年7月17日)の記事では僕が運営している7つのブログ(サイドバーの「初めて来られた方はこちらを」にURL有り)で使用している色々な「あれ」の中にテロと結びつくようなものが含まれていたのでそれを理由に警察は僕をテロリスト扱いしているのではないか、ということを書きました。そしてその記事の最後のほうに「あれを理由にするなら、それ以外にたくさんある「あれ」はいったいなんなんだ」という矛盾を指摘しました。
公安警察は最近になってこの指摘を逆に利用して僕にテロリストとして疑いをかけようとしている可能性があります。

僕はこの7つの告発ブログ以外にも複数のブログやサイトを運営しています。(最近はほとんど更新していませんが)

その理由はネット上でお小遣い稼ぎをするためです。
ネット上でお小遣い稼ぎをするために、ポイントサイトというサイトを利用していて、色々なサイトの会員になったり、サービスを利用したりするとポイントが貰え、そのポイントを現金に換えてお小遣いを稼いでいるのです。会員になったサイトの数は数百サイトあります。その色々な会員になったサイトの中に複数のブログが含まれているわけです。そしてそれ以外にもアフィリエイトというものも利用していて、そのアフィリエイトを行うためにはブログかサイトを運営していなければならなければならないのです。そしてそのブログやサイトにも審査があって、その審査に落ちるたびに新しいブログを次々と作ったら結果的に複数のブログを持ってしまったという理由もあります。
そして会員になったほとんどすべてのサイトで色々な形の「あれ」を使用していて、ブログと全く同じ「あれ」を他のサイトでも使用しています。なにもブログだけで「あれ」を使用しているわけではありません。
これらのことに関しては僕に限らず、ネットでお小遣いを稼いでいるかたで、同じような状況になっている人は数万か数十万人といるでしょう。

ちなみに告発ブログ以外のブログはこのブログで書いているようなことは全く書いていない普通の平和な日記です。これらのブログURLに関しても個人情報を出したくないのと、内容がこのブログとのギャップがあり過ぎて恥ずかしいという理由からお教えすることは控えさせていただきます。


公安警察はこれらの僕の複数のブログの色々な「あれ」を利用してとんでもないテロ話を造っている可能性が高いです。「あれ」」と重なるようにテロの情報をでっち上げている可能性があるということです。
10年2月14日の記事で、「ノースウェスト航空テロ未遂事件でテロリストがブログをやっていて300くらいの記事を書いていた」ということを書きましたが、この情報が出てから注意深くこのテロの情報を見てみたらブログの「あれ」と合致していることがあることに気づいたのです。しかも3つの「あれ」と合致していたテロ情報があったのです。
そしてその後のテロに関して注意していたところロシアとアフガニスタンの2つのテロでも「あれ」と合致している点があったのです。ロシアのほうではひとつの「あれ」の中に2つも合致している点がありました。


しかしこれが本当に「あれ」を利用して僕に疑いをかけようとしているのだとすると、どう考えても馬鹿げた話にしかなりません。
なのでこのテロ話を公安がまともに使おうと思っているのなら、とにかく数で勝負をしようとしているのでしょう。
要するにこのことが裁判になった時のために僕にテロリストやスパイなどで疑いをかけられるようにするために一つでも多くの「既成事実」を造っておこうということでしょう。


でも何億回でも書きますが、結局なにがどう転んでも僕を犯罪者にするのは無理です。
(関連記事 サイドバー「僕が無実である決定的な証拠」「警察が僕を逮捕できない理由などない」)



テーマ : 検察・警察の腐敗
ジャンル : 政治・経済

2010-04-09 : ★ブログでテロ・スパイ指令? : コメント : 1 : トラックバック : 0
世界の脅威の真実 北朝鮮のミサイル発射の真実 北朝鮮による核実験の真実・ パソコン遠隔操作事件の真実 ・木嶋佳苗の真実 ・上田美由紀の真実 ・外事警察の実態
Pagetop

もしかしてあれが理由?

今回の記事は僕を北朝鮮のスパイやアルカイダのテロリストに仕立て上げている警察や自衛隊、その他の人間たちに対する記事です。
個人情報を出さないために物凄く抽象的に書いているので一般の方にはさっぱりわからないと思います。





もしかして僕を北朝鮮のスパイやアルカイダのテロリストとして疑いをかけるのはネット上で使う「あれ」をその理由のひとつとしているのでしょうか。

だとしたら説明しておきます。
「あれ」のうちの1つで使っている数字に関しては最初からあの数字を使うつもりで、理由は単にゴロがいいから使っただけ。そしてそれについている文字は最初はあの形ではなく先客がいたからしかたなくあの形になっただけ。

もう一つの「あれ」は文字のほうは僕の苗字の頭の部分で、数字は名前の画数とその画数と相性のいい数字を間にはさんだだけ。あの2つの数字は暗証番号ではよく使っています。

他の「あれ」は、僕が作ったのではなく、そこの会員になったら自動的に決められたものをそのまま使っただけです。自動的に決められたものを使っているのはそのブログだけではありません。

というだけのことだよ。



正直自分でも最初に「あれ」に気づいたときはドキリとしました。しかしよくよく考えてみればあれを僕をスパイやテロリストだとする理由にするにはかなり無理があることがわかります。

こういうことです。
あれを理由にするならそれ以外にたくさんある「あれ」は一体何なんだということです。
それとそもそもこれだけ脅迫や露骨な監視をされていて、もし僕がスパイやテロリストだとするなら、わざわざ監視されているネット上で自分に疑いがかかるようなものをなぜ公開するのか。なに一つ得することはないということです。
さらに僕がスパイやテロリストではないと訴えているブログの中の一つでもあれを使っている。
自分がスパイやテロリストではないと訴えているのにそこに自分がスパイやテロリストだと疑われるものを使ってなんの意味があるのでしょうか。わけがわかりません。

それとあのゴロがいい数字のほうを僕をスパイやテロリストとする理由にするにはかなり無理があります。
ネットであの事故(X社での事故ではありません)に関して検索すると、そもそもあの事故がテロだったという説は、発表された事故原因以外にたくさんの事故原因が考えられていて、そのたくさんの原因の中に事故はテロだったのではないかと噂を立てている人間がいるという程度じゃないですか。
それとあのゴロがいい数字は人間は色々な場面で昔から使ってきていますよね。僕だけが使っているわけではありません。テレビ番組でも使っているじゃないですか。


あの二つを僕を北朝鮮のスパイやアルカイダのテロリストととする理由にしようとするのは、他にまともな理由が何一つないことを証明しています。そしてなんとしてでも僕をスパイやテロリストに仕立て上げたいという願望に取り付かれています。
そして書くのも馬鹿らしいですが、なんといっても北朝鮮のスパイとアルカイダのテロリストという全く違う犯罪で一人の人間に疑いをかけている時点であり得ないことです。

テーマ : 検察・警察の腐敗
ジャンル : 政治・経済

2008-07-17 : ★ブログでテロ・スパイ指令? : コメント : 0 : トラックバック : 0
世界の脅威の真実 北朝鮮のミサイル発射の真実 北朝鮮による核実験の真実・ パソコン遠隔操作事件の真実 ・木嶋佳苗の真実 ・上田美由紀の真実 ・外事警察の実態
Pagetop
ホーム

プロフィール

hikky37

Author:hikky37
前科0、海外渡航暦0の普通の日本国民

カテゴリー

カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2カウンター

blogranking.net

blogrank

FC2ブログジャンキー

「アクセス数が全然伸びない…」そんな悩みをブログジャンキーが解決します!

リンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。