家族は事実を知りません その2


【警察の手口】


以前から不審に思っていたことがあるのですが、僕の家族が知り合いから外に誘われるタイミングや場所が、北朝鮮のスパイやアルカイダのテロリストなどに仕立て上げるのに都合がいいものになっているのです。


例えば、誘われる日が2月16日、つまり北朝鮮の金正日の誕生日だったり、外国の要人が日本を訪れている時だったり、誘われた場所がテロを起こそうとするといい話を造れそうな場所だったりするのです。

他にも僕や家族を不審者に仕立て上げるには丁度いいタイミングで誘いがあったりもしました。

これらに関しては後日書こうと思いますが、詳しく書いてしまうと、もし偶然だった場合、色々なところに迷惑をかけたり、今以上に面倒なことになったりするので、あまり具体的には書けません。


これらは警察が僕の家族の知り合いをそそのかして味方に付け、そのタイミングや場所に連れ出すように仕向けているのではないかと思っています。

そうすれば警察は裁判になった時に、お前らはこんな時にあんな場所に言っていた、とスパイやテロリストである証拠とすることが出来るわけです。


しかし前回説明したように、家族は自分たちがスパイやテロリストに仕立て上げられていることなど知りませんし、僕は家族にそのことを話すことが出来ません。
そして僕がなにかおかしなことを言えばまた精神病院に行けと言われ、今度は本当に無理やりでも連れて行かれる可能性があります。

またこのような工作が真実なのかどうかもわからないわけです。


なので家族に誘いに乗るのを止めるようにいうことが出来ません。


そして警察は家の盗聴によってそのような事情は知っている。
だから警察は堂々と “誘い出し工作” を行うことができる。


ということが考えられます。

そして今日またその怪しい “誘い” で家族が出かけようとしています。

この後直ぐにそのことを書きます。

スポンサーサイト

テーマ : 警察・検察の組織的犯罪
ジャンル : 政治・経済

2011-06-15 : ▲家族は事実を知りません : コメント : 0 : トラックバック : 0
世界の脅威の真実 北朝鮮のミサイル発射の真実 北朝鮮による核実験の真実・ パソコン遠隔操作事件の真実 ・木嶋佳苗の真実 ・上田美由紀の真実 ・外事警察の実態
Pagetop

家族は事実を知りません

実はこのブログで書いてきたような、警察が僕や僕の家族をスパイやテロリストに仕立て上げようとしている事に関して、僕の家族は全く知りません。


僕が警察から監視を受けているという事に関しては09年の3月ころになって初めて家族に打ち明けました。
僕が働いていた会社で空き巣犯に疑われた話から、自分が通っていた歯科医院が家宅捜索を受けたこと、自宅上空や行く先々に現れる自衛隊機やヘリやセスナの話をして、自分が警察から犯罪者として疑われ監視をされている、という説明をしました。

そうしたところ一人の家族に関しては、以前にヘリが自宅上空で停止していた場面を目撃していたらしく、確かにあれは不自然だった、と言ってくれ、僕が監視を受けているのはあり得るかも、という感じで言ってくれましたが、半信半疑という感じでもありました。


この初めて事実を打ち明けたときに、このブログで書いているような警察が僕や家族をスパイやテロリストに仕立て上げるために様々な事件や情報を捏造しているなどということに関しては一切話しませんでした。

なぜ話さなかったというとかというと、もし家族が僕の話を信じた場合、僕のように精神的に追い詰められてしまう可能性があります。そうなったらもう一家全滅になってしまいます。

それと僕自身色々な状況を考えると恐ろしくて警察に抗議にいくことも、増してや訴えを起こすことも出来ないわけです。
「僕が訴えを起こさない理由」

その状況で家族に全てを信じてもらえたところで、結局僕自身がどうすることもできないわけです。
なので家族に話してもほとんど意味が無いわけです。

このような状況のためそれ以上の深い話などは一切しませんでした。
当然僕がこのブログを書いていることも家族には言っていません。


そしてこういうこともありました。
初めて事実を打ち明けてしばらく経ってから、ある程度話を信じていたと思っていたのに、突然家族から僕に病院に行こうと言って、精神病院を勧めてきました。


これらのような状況のため、それ以上なにも話すことが出来ない状態です。


これが僕と家族が今置かれている状況です。

なぜ今までこのことを書かなかったというと、ただでさえこのブログの内容は信じがたい内容なのに、それを書いている人間の家族もその話を信じていないなんてことを書いたら、ますます読者に信じてもらえなくなると思い書けませんでした。



そして現在さらなる問題あるのです。
説明したように家族はよもや警察が自分たちをスパイやテロリストに陥れようとしていることなど全く知らないわけです。
完全に無防備な状態のわけです。

警察は常に家の盗聴を行っているのでその状況を把握しています。
警察はその状況を利用して僕の家族を落としいれようとしている可能性があるのです。

今回このように書いたのも、警察が家族を陥れようとしている可能性が出てきたからです。


次回そのことに関して書きます。
今日中に書きます。





テーマ : 警察・検察の組織的犯罪
ジャンル : 政治・経済

2011-06-15 : ▲家族は事実を知りません : コメント : 0 : トラックバック : 0
世界の脅威の真実 北朝鮮のミサイル発射の真実 北朝鮮による核実験の真実・ パソコン遠隔操作事件の真実 ・木嶋佳苗の真実 ・上田美由紀の真実 ・外事警察の実態
Pagetop
ホーム

プロフィール

hikky37

Author:hikky37
前科0、海外渡航暦0の普通の日本国民

カテゴリー

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2カウンター

blogranking.net

blogrank

FC2ブログジャンキー

「アクセス数が全然伸びない…」そんな悩みをブログジャンキーが解決します!

リンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。