自衛隊機飛行日の変化とその狙い

去年の11月29日の午前6時20分、25分に軍用ヘリが爆音を立てて南から北へ通過していったことがありました。そんな早朝に家の近くを飛んだことはありませんでした。
実はそれ以降から自衛隊機の飛び方がそれまでと変わってきました。
それまではA、B事件で動きがあったときは必ずと言っていいほど自衛隊機、特にヘリは家の近く、あるいは真上を飛んできましたが、去年の暮れあたりから逆にA、B事件で動きがあった日には飛ばなくなり
何もない日に飛ぶようになったのです。
そしてこのブログの最初の記事で書いたように、以前は自衛隊ヘリが家の完全に真上を飛ぶことがしょっちゅうありましたが、それもかなり減り、家から数百メートル離れた位置を飛ぶことが多くなったのです。
恐らくそのころからB事件の証拠がどこからも出ないのでまずいと思い始めたのではないでしょうか。
しかし突然飛ぶのを止めてしまうと今までやってきたことが間違い(どのみち間違いで犯罪行為)だったことを認めることになるので飛ぶ日を変えて、あたかも今まで僕の家の近く、あるいは真上を飛んでいたのは偶然だったかのように装って、このことが公になったときにごまかそうとしているのではないかと思います。
それと警察や自衛隊が一番恐れているのは、いくら調べてもB事件の証拠が出てこないことによる警察、自衛隊内部からのB事件に対する疑いの声が出てくることと、警察といっしょになって僕のことを要注意人物扱いしてきた地元の人間から警察や自衛隊に対する疑いの声がでてくることです。
志布志町のでっち上げ事件でもありましたが、内部告発が出るとごまかしようがなくなってしまうからです。
そういう内外の人たちの疑いを消すために、自衛隊機を飛ばしつづけ、警察は監視活動を続けてまだ僕に疑いがかかっていることを装っているのではないかと思っています。
スポンサーサイト

テーマ : 自衛隊/JSDF
ジャンル : 政治・経済

2007-04-27 : ◇自衛隊の動き : コメント : 0 : トラックバック : 0
世界の脅威の真実 北朝鮮のミサイル発射の真実 北朝鮮による核実験の真実・ パソコン遠隔操作事件の真実 ・木嶋佳苗の真実 ・上田美由紀の真実 ・外事警察の実態
Pagetop

おかしなことと脅迫行為

18時12分
軍用ヘリ上空通過
面倒だったので目視はしませんでした。
先週もそうでしたが土、日は1機も自衛隊機は通過しませんでした。

A事件に対するマスコミの対応がどこかおかしい感じがします。
先日ある新聞でA事件に関する大きな進展があったことを掲載していましたが
テレビでは一切そのことを報道していません。
その新聞は全国紙です。
他のA事件に関する情報は流しているのに肝心の今回の情報が流されていません。
それにその新聞もその後の情報が出てもおかしくないのに全く載せていません。
何かあるとしか思えません。
2007-04-23 : 〇その他の事件・事故・人権侵害など : コメント : 0 : トラックバック : 0
世界の脅威の真実 北朝鮮のミサイル発射の真実 北朝鮮による核実験の真実・ パソコン遠隔操作事件の真実 ・木嶋佳苗の真実 ・上田美由紀の真実 ・外事警察の実態
Pagetop

脅迫行為

4月19日
11時56分
普通のヘリ1機
家の真上を南から北へ通過

14時36分
戦闘機通過

19時07分
輸送機5機以上立て続けに通過

4月20日
14時07分
軍用ヘリかと思われるヘリ1機部屋から見えない位置
西から東へ通過

15時35分
普通のヘリ1機部屋から見えない位置
西から東へ通過

正直今起きているおかしなことについて書きたいですけど
もう少し様子を見ようと思います。
2007-04-20 : 〇その他の事件・事故・人権侵害など : コメント : 0 : トラックバック : 0
世界の脅威の真実 北朝鮮のミサイル発射の真実 北朝鮮による核実験の真実・ パソコン遠隔操作事件の真実 ・木嶋佳苗の真実 ・上田美由紀の真実 ・外事警察の実態
Pagetop

今日の脅迫行為

9時32分
輸送機1機上空通過

10時25分
輸送機1機上空通過

11時57分
軍用ヘリ4機
集団で家の西300メートルぐらいの位置を
南から北へ通過。
ヘリが3機以上がまとまって通過するのは久々です。

18時43分
輸送機1機上空通過
2007-04-17 : 〇その他の事件・事故・人権侵害など : コメント : 0 : トラックバック : 0
世界の脅威の真実 北朝鮮のミサイル発射の真実 北朝鮮による核実験の真実・ パソコン遠隔操作事件の真実 ・木嶋佳苗の真実 ・上田美由紀の真実 ・外事警察の実態
Pagetop

今日の脅迫と周囲の異変

10時25分
輸送機1機家の上空通過

11時25分
軍用ヘリ1機家の近く部屋から見えない位置を通過

19時07分
輸送機3、4機連続して家の上空通過


近くに基地も無いのにこれだけバンバンと軍用機が飛んでいて地元の人間が気づかないわけがありません。
僕は町じゅうで危険人物扱いされているかもしれません。

以前は僕の家の前の道路は中学生や小学生の通学路になっていていつも子供たちが家の前を通っていました。
しかし最近は小、中学生の当下校の姿を全く見なくなりました。
たまに学校が終わった後にどこかへ遊びに行くような姿は見ますが当下校姿は全く見ません。
それと以前はウォーキングをしている人もよく見かけましたが、3年くらい前からその姿は激減して、最近ではそれが犬の散歩をしている人に変わってしまいました。以前僕が散歩に出た時など、家の前の道路で50メートルぐらいの距離に5,6人が犬の散歩をしているところを見たことももあります。

市か、あるいは警察自信が、警察に疑われている人間の家の前を通らないように通学路を変えさせたり、町ぐるみで僕の監視をしているのでしょう。

テーマ : 地方自治
ジャンル : 政治・経済

2007-04-16 : ◆地元の様子 : コメント : 0 : トラックバック : 0
世界の脅威の真実 北朝鮮のミサイル発射の真実 北朝鮮による核実験の真実・ パソコン遠隔操作事件の真実 ・木嶋佳苗の真実 ・上田美由紀の真実 ・外事警察の実態
Pagetop

脅迫行為

13時40分
部屋から見えない遠いとも近いとも取れる距離の場所を軍用ヘリ1機通過。

昨日の記事で日付が11日になっていましたが10日の誤りでした。
10日に記事を書いて投稿した直後に軍用機が飛んできました。

テーマ : 自衛隊/JSDF
ジャンル : 政治・経済

2007-04-12 : ◇自衛隊の動き : コメント : 0 : トラックバック : 0
世界の脅威の真実 北朝鮮のミサイル発射の真実 北朝鮮による核実験の真実・ パソコン遠隔操作事件の真実 ・木嶋佳苗の真実 ・上田美由紀の真実 ・外事警察の実態
Pagetop

脅迫行為

4月11日
14時08分
軍用ヘリ1機、部屋から見えない位置を通過。かなり近い位置。

18時45分
軍用ヘリ1機、家の西の位置を南から北へ通過。

テーマ : 自衛隊/JSDF
ジャンル : 政治・経済

2007-04-11 : ◇自衛隊の動き : コメント : 0 : トラックバック : 0
世界の脅威の真実 北朝鮮のミサイル発射の真実 北朝鮮による核実験の真実・ パソコン遠隔操作事件の真実 ・木嶋佳苗の真実 ・上田美由紀の真実 ・外事警察の実態
Pagetop

視線恐怖症について

ここ数日間、また自衛隊機が減っていますし、飛んで来てもいつもよりかなり遠くを飛んでいます。


僕は鬱病、視線恐怖症、対人恐怖症にかかっていると書きましたが、そのうちの視線恐怖症についてほとんどの方が知らない病気だと思うのでここで説明したいと思います。

僕は18才の時からこの病気にかかっています。

視線恐怖症は、常に人から自分が見られていたり、噂をされていたり、笑われているよう感覚になってしまう病気です。

普通の人でも、街なかでつまずいて転びそうになった時に、周りに人がいなくても、つまずいた本人は、他の人がつまずいた瞬間を見ていて自分のことを笑っているような恥ずかしい感覚になることがあると思います。

この感覚が四六時中続いている状態と説明するとわかってもらえると思います。
人から見られるようなことを何もしていないのに、人が自分を見ていたり、自分の噂をしていたり笑っているような感覚がずっと続いているのです。
そしてなぜか人の目を見てしまいそうになるのです。これはうまく説明できないのですが、人の視線を気にするあまりなのか人の目を見てしまいそうになるのです。

これがもう20年近く続いています。

ここで間違わないでほしいのは、このように自分が見られていたり、噂をされていたり、笑われているということを確信してしまっているわけではありません。あくまでもそんな感じがしていしまうというだけのものです。
理屈ではそれらは自分へ向けられたものではないと分かっていても、感覚としてどうしてもそう捕らえてしまう病気なのです。
だからこの病気で錯乱して暴れたり、人に危害を加えたりするようなことは一切ありません。

このような状態なので、人がいるところに行くと人の目を見そうになるのを必至でおさえるので、いつもおどおどと挙動不審になってしまうのです。
道で人とすれ違う時など下やそっぽを向いたり、逆に真っ直ぐ遠くを見たり、とにかく人と目が合わないように必死ですれ違うのです。
電車の中などはこの挙動不審で痴漢やスリに間違われないかいつも冷や冷やしています。いつも人のいない方へ視線を集中させています。何年か前までは気にし過ぎて気持ち悪くなり、よく途中の駅で休みながら乗っていたこともありました。
そしてスーパーやコンビ二などのお店では万引きにまちがわれるのではないかといつも怯えています。

視線恐怖症は挙動不審で痴漢、すり、万引き、変質者、通り魔などの犯罪者と人から思われるという恐怖心が常に付きまとうのです。ほかにも近くにいる人が女性の場合は、僕がその人のことを好きだと思われることや、逆に男性の場合はホモだと思われるのではないかという不安も常にあります。

それと友人と会う時などは、2人で会って話をしているときはまだいいのですが、3人以上に増えると、会話をしている相手以外の人の視線を感じてしまいつらくなって話が出来なくなってしまうのです。

例を挙げるときりが無いのですが、とにかく視線恐怖症はものすごくつらい病気です。
2007-04-10 : 〇その他の事件・事故・人権侵害など : コメント : 0 : トラックバック : 0
世界の脅威の真実 北朝鮮のミサイル発射の真実 北朝鮮による核実験の真実・ パソコン遠隔操作事件の真実 ・木嶋佳苗の真実 ・上田美由紀の真実 ・外事警察の実態
Pagetop

今日の脅迫行為

13時30分頃
また3月24日にも行った伊佐沼へ車で行きました
その途中で横に赤いラインが入ったセスナ1機が車の周りをしばらく飛んでいました。
沼につくと前回はC-130輸送機が1機頭上を飛んでいきましたが、
今回は何も飛んできませんでした。
桜まつりみたいなものをやっていてたくさん人がいたので目撃者が多くなるので飛ばなかったのかもしれません。

テーマ : 自衛隊/JSDF
ジャンル : 政治・経済

2007-04-07 : ◇自衛隊の動き : コメント : 0 : トラックバック : 0
世界の脅威の真実 北朝鮮のミサイル発射の真実 北朝鮮による核実験の真実・ パソコン遠隔操作事件の真実 ・木嶋佳苗の真実 ・上田美由紀の真実 ・外事警察の実態
Pagetop

脅迫行為の再開の理由

8時55分
家の西側300メートルぐらいの位置を自衛隊双発ヘリ1機
南から北へ通過

11時05分
買い物ついでに近くの桜を見に行こうと自転車で出かける。
家から400メートルぐらい進んだところでほぼ頭の真上を
セスナが1機ゆっくりと通過。

16時35分
普通っぽい単発ヘリ 家の上空を1機通過。

20時45分
かなり高い位置を輸送機数機通過。


以前自衛隊機が一時期減ったと書きましたが、それは6年以上も続けば減ったり増えたりしたことは何回もありますが、このブログを書き出してから減ったのは明らかにこのブログを警戒したからです。6年以上も続けば飛び方などでそれはわかります。

そして一時期減っていた自衛隊機がまた増えだした理由がわかりました。

今度はA事件のほうで僕に疑いをかけるつもりらしいです。

自分たちのでっち上げや脅迫行為を正当化するために
今度はA事件を利用して脅迫行為を再開させました。

これはちゃんとこのブログが一般に公開されていればの話ですが、A事件を利用してきたのはこのブログへの対抗策だと思います。
ブログの噂が広まる前にまた僕に疑いを掛けるネタを作ったのです。

テーマ : 自衛隊/JSDF
ジャンル : 政治・経済

2007-04-06 : ◇自衛隊の動き : コメント : 0 : トラックバック : 0
世界の脅威の真実 北朝鮮のミサイル発射の真実 北朝鮮による核実験の真実・ パソコン遠隔操作事件の真実 ・木嶋佳苗の真実 ・上田美由紀の真実 ・外事警察の実態
Pagetop

B事件でっち上げまでの経緯

空き巣があったときは会社で警察の姿を見なかったので、会社は警察沙汰にはしなかったと勝手に思っていましたが、今になってみるとその頃警察にちゃんと通報されていて犯罪者のブラックリストのようなものに載せられていたのではないかと思っています。
そう考えるとその後に僕の周りで起こったことの話の筋が通るのです。

そのひとつが桶川ストーカー事件です。

空き巣で疑われた会社を辞めてから数年後の
1998年の12月から工事現場などの警備員のアルバイトをしていました。その頃に桶川ストーカー事件が起きました。実は僕が住んでいるのも桶川市です。

警察がストーカー事件の犯人を捜索している頃、道路工事の現場でよくパトカーを見かけるようになったのです。道路に1日中立っていればパトカーに何回も会ってもおかしくないだろうと思うでしょうが、意外と普段パトカーとは会わないものなのです。
それだけでなくその現場から帰りのバス停まで歩いていくと、その途中で不自然な場所に何回か警察官が2人立っていることがありました。それにパトカーが自分の横で急停車したこともありました。
近くで何か事件があったということも聞いていなかったので、その頃マスコミが大きく騒いでいたことと、自分の住んでいる桶川で起こった事件だったので自分がストーカー事件で疑われているのではないかと思うようになりました。
そしてある日帰りの電車の中で同僚と話をしていてその話の流れの中で「警察が飛んでくるんじゃないの」というような冗談の言葉を偶然僕が発したとき、同僚のすぐ後ろにいた人の顔色が明らかに変わったように見えたのです。自分が疑われているという思い込みや、以前にも書いた視線恐怖症もあるので普段から周りの人の顔を見てしまうこともあり、表情の変化に気づいたのです。その時この人は警察ではないかと直感的に思いました。

それとこれはだいぶ後からわかったことですが、ストーカー事件の被害者の方は僕の兄弟が勤めている会社でアルバイトしていたことがあったそうです。

これはあくまでも実際に僕がこの事件で疑われていた場合の話ですが、
僕が住んでいる市内で起きた事件で、もともと僕が警察のブラックリストに載っていること、そして被害者が僕の兄弟と同じ職場で働いていたということで僕が疑われていたのではないかと思っています。

ここまでが桶川ストーカー事件に関わる話です。



その後、今度はひったくり事件が起きました。
その後2000年3月頃、以前からあった鬱病がひどくなってきたので警備員のアルバイトを休職して、結局6月に辞めてしまいました。
その間の4月頃、僕が釣りから帰ってくると、母親が家の近くで中学生か高校生ぐらいのバイクの2人組にひったくりをされたということで警察が家に来ていました。
しかし視線恐怖症や対人恐怖症でおどおどしてしまうと自分がひったくりと関わりがあるように疑われると思ったので、僕はそこへ顔を出しませんでした。

鬱病で人間不信になっていたのと、空き巣やストーカー事件のこともあったので、また今回も警察に自分がひったくりと関わりがあるように見られると思っていたので、警察が監視や尾行しているのではないかと外に出るときはいつも周りを気にしていました。

そうしたら本当に尾行や監視されていることに気づきました。

気分転換で散歩や買い物に出かけると必ずといっていいほど僕がいつも同じ場所を通過すると目の前を車が通過していくのです。車種は毎回のように違うのですが、あまり車の通りが多くない道なのに毎回僕が同じ位置を通過すると目の前の十字路を車が通過していくのです。
それとその頃釣りであちこちへ行っていたのですが、行く所行く所セスナやヘリが現れていました。ヘリに関してはかなり高い位置でしたが僕の近くで
停止していました。
それに釣り人しか来ないだろうというところにパトカーが来て横をゆっくりと通過していくこともありました。

そうしているうちにあの911テロが起こったのです

テロによって警察は不審者に対して過剰な警戒をするようになったのです。
あの当時は警察だけでなく国や県、そこに自衛隊が加わって日本中が警戒を強めていました。

そんな中で、周りで空き巣事件と事故、ひったくりもあって、いつもやたらと周りを警戒していて、顔つきもおかしい(鬱病の影響)人間がいれば警察の格好の餌食になることは皆さんも簡単にわかると思います。

テロの影響も受けて、警察は、「これだけおかしな状況があって何も無いはずが無い」という強い思い込みをしたのではないでしょうか。
しかしいくら僕の周りを捜査しても何も出てこないので、最後は、僕の周りで起きた事件と事故を元にB事件というものを自ら作ったのです。警察自ら事件を作ってマークした人間を悪人に仕立て上げたのです。

これがB事件が出来るまでの経緯です。





テーマ : 北朝鮮問題
ジャンル : 政治・経済

2007-04-05 : ■スパイ・北朝鮮関連記事 : コメント : 0 : トラックバック : 0
世界の脅威の真実 北朝鮮のミサイル発射の真実 北朝鮮による核実験の真実・ パソコン遠隔操作事件の真実 ・木嶋佳苗の真実 ・上田美由紀の真実 ・外事警察の実態
Pagetop

今日の脅迫行為

4月3日
20時30分
輸送機1機通過

4月4日
12時2分
単発ヘリ1機 家の200メートルほど東側の位置を北から南へ通過

13時15分
輸送機1機上空通過

テーマ : 自衛隊/JSDF
ジャンル : 政治・経済

2007-04-04 : ◇自衛隊の動き : コメント : 0 : トラックバック : 0
世界の脅威の真実 北朝鮮のミサイル発射の真実 北朝鮮による核実験の真実・ パソコン遠隔操作事件の真実 ・木嶋佳苗の真実 ・上田美由紀の真実 ・外事警察の実態
Pagetop

脅迫行為の再開と気になること

実はこの内容のブログは3月22日から他の5つのブログサイトで書き始めていてこのFC2ブログはあとから書き始めたブログです。
より多くの人に僕が受けてきた犯罪行為を知ってもらうためにブログの数を増やそうとFC2ブログにも記事を投稿するようにしたのです。
それを踏まえて記事を読んでください。


昨日
18時25分
輸送機が4,5機次々と家の上空を爆音を立てて露骨に通過していきました。
19時33分
輸送機が3,4機たて続きに通過。

このブログを書き始めてから自衛隊機が家の上空を通過していく
数が明らかに減っていました。
特に軍用ヘリは以前は家の近く、もしくは真上を通過していましたが、今はかなり離れた位置を飛んでいきます。
輸送機や戦闘機も飛んではいますが数は減っていました。

しかし昨日からまた輸送機が露骨に飛ぶようになりました。
今朝も何回か飛んでいます。

それと昨日気になることがありました。
僕が住んでいるのは埼玉県ですがその埼玉県の上田清知事が新人職員の就任式のあいさつで「自衛官は平和を守るため人殺しの練習ををしている。国民の生命と財産を守るため。偉いと褒め称えなければならない。」
と述べたそうです。これは自衛隊を誉めながらの皮肉です。
なぜこの時期にこのような発言をしたのでしょうか。
知事ともなればA事件という大きな事件に関係しているとされたB事件のことを知っているはずです。ということはその疑いがかけられた埼玉県内に住んでいる人間の自宅の上空を自衛隊機が毎日のように飛ぶという自衛隊の動きも知っているはずです。
その知事がなぜこの時期に自衛隊に対してこのような発言をしたのでしょうか。
僕は、僕がこのブログを書いていることと関係があるのではないかと思っています。
2007-04-03 : 〇その他の事件・事故・人権侵害など : コメント : 0 : トラックバック : 0
世界の脅威の真実 北朝鮮のミサイル発射の真実 北朝鮮による核実験の真実・ パソコン遠隔操作事件の真実 ・木嶋佳苗の真実 ・上田美由紀の真実 ・外事警察の実態
Pagetop

人権侵害という名の犯罪行為

僕が働いていた会社=一部でミサイル部品の試作品を製造  A事件=拉致事件  B事件=工作員によるスパイ事件  C病院=歯科医院(AJS) 保険が適用されない治療=歯列矯正


後で書くと話を信じてもらうのに不利になると思ったので先に不利なことを書いておきます。
僕は何年も前から鬱病、視線恐怖症、対人恐怖を患っています。しかしこれらの病気は幻覚や幻聴を見るような病気ではありません。何も無いはずの場所に物や人が見えたり、何も無いところから話し声や音が聞こえるというようなことはありません。
それと実名や事件名、会社名などは、書いてしまうとその方たちに迷惑がかかることになるので書けません。読んでいてイライラするかもしれませんがご理解下さい。


10年以上前に僕が7、8ヶ月間契約社員として働いていた会社である事故と事務所への空き巣がありました。事故に関しては僕は疑われるようなことは一切ありませんでした(もちろんただの事故で僕は関係していませんしその当時も事件性の話しなどは全く出ていません)が、空き巣に関して疑われてしまいした。
僕は勤める以前から視線恐怖症、対人恐怖症があり会社の人とうまく付き合いができず普段からおどおどしていました。その上ある病院(C病院とします)で保険が適用されない、ある治療を受けるため100万近くお金を借りてその信販会社から実際に勤めているかの確認の電話が会社にかかってきたのです。こういうこともあり自分が疑われるのではないかとびくびくしていると、空き巣の話しが出るたびに僕は顔をそむけたり不信な行動を取るようになってしまったのです。そのせいで本当に回りの人から疑われるようになり居ずらくなって会社を辞めていまいました。
でも僕は空き巣なんかやっていません。本当です。

このことをもとに警察は以前から問題になっていたある大きな事件(A事件とします)に関係する事件(B事件とします)を作りあげたのです。
僕の周りで起こった事故と事件を利用して警察が勝手にストーリーを作りB事件というものをでっち上げたのです。

B事件というものが作られていることはあるマスコミの情報と、警察の動きや自衛隊機が僕の周りを飛び回ることでわかりました。、
そのあるマスコミによると
B事件というものが存在しその事件には命令を下す首班と部下とそのまた部下がいた。というものでその一番目の部下の名前が僕の知りあいと同姓同名だったのです。もちろんその人はそんなことをする人ではないし、そんなことをするような職種に就いていません。
そのまた部下というのがB事件の実行役で、実名は出ていませんでしたが、警察はその実行役を僕ということにしたのです。

実行役が僕だとわかったのは、その記事のなかの他の部分の内容でわかりました。ここでも具体的な内容を書くとわかってしまうので書けません。ご理解ください。

要するにB事件は、主犯の命令役からの命令を僕の知り合いが僕に伝えて僕が実行するというストーリーです。
このストーリーを元に自衛隊による脅迫行為や警察による不当捜査
が始まったのです。

先ほどの僕が働いていた会社に関係する会社が家宅捜索を受けたり、C病院でも、資格が無いのに本来の治療以外の治療をして患者の具合が悪くなったとして家宅捜索もありました。その病院はだいぶ前からやっていて悪い噂などはきいたことは無いので、具合が悪くなった患者というのは警察の人間ではないかと思っています。

もちろんこれらでB事件に関する証拠は一切出ていません。
当然です。そもそも事件を警察自身が作ったのですからそんな事件は始めから存在しないのです。
警察自身が事件のストーリーを作りそのストーリーどおりに捜査を進めていく。
先日の鹿児島県の志布志町で起きた警察のでっち上げ選挙違反事件とまったく同じです。

僕の場合は逮捕はおろか任意同行や事情聴取なども一切受けていません。直接警察が接触してきたことは一度もありません。しかし直接接触する変わりに自衛隊機やセスナやヘリで脅迫しているのです。要するに警察の外で行われた自白の強要です。
これは完全に犯罪です。捜査なんかではありません。
警察が自分達の立場だけを考えて行われた犯罪行為です。
なぜ自衛隊まで加わったかというとそれだけA事件が大きな事件ということと、B事件が自衛隊にも関係してくる事件だからです。
しかしどんな事件だろうと自衛隊が自衛隊機を使って国民を脅迫してよいわけがありません。
これも重大な犯罪行為です。

6年以上にも及ぶ自衛隊機やセスナ、ヘリによる脅迫行為のほんの一部を紹介します。


2006年

4月13日
軍用のヘリが3度家の上空を飛ぶ
午前から午後にかけて。



4月16日

10時前
家の真上を家に対して真正面から北から南にかけて双発の軍用ヘリが
家がビリビリと振動するほどの高さで通過。
11時15分頃
おそらく警察のものと思われるヘリが家の真上をゆっくりと通過
その後5分から10分家の近くを飛び続ける。
16時05分
家の西を北から南へヘリが通過。



4月19日

16時32分
グレーの戦闘タイプのヘリ2機が並んで家の数十メートル東を南から北へ通過。
17時05分
先ほどと同じと思われるヘリ2機が家の真上を南から北へ通過。
20時11分
ヘリ通過。
22時45分から23時10分
近所のコンビニへ行く途中ヘリが飛んでいた
そのまま家の近くを飛び回っている音が聞こえ続け最後家の真上を通過して
音が消えた。



4月20日

12時35分
戦闘機らしき飛行機が上空を通過。
18時25分
輸送機らしき飛行機が2、3機連なって通過。



4月21日

14時50分
双発ヘリ2機並んで家の真上を北から南へ通過。



4月27日

17時30分
家の上空を輸送機らしき飛行機多数通過。



4月29日

14時15分
家から少し離れたスーパーへ車で母を買い物に連れて行く。
スーパーの駐車場で車の中で母を待っている時、自分の車の完全な真上を
車に対して完全に平行してかなり低い位置をセスナ機が1機南から北へ通過。


5月

5月始め頃にウウェブカメラで家の上空を自分の部屋の窓から手を出して撮影。
その後しばらくヘリは通過しなくなった。


5月18日

9時50分
家の上空ほぼ真上をヘリ通過。おそらく軍用。
10時15分
おそらく先ほどと同じと思われるヘリ部屋から見えない位置を通過。飛行音が同じ。
14時00分
単発ヘリおそらく飛行音が似ているので午前中と同じと思われるヘリ家の真上をライトをつけて南から北へ通過。白っぽい色。
14時25分
先ほどと同じヘリ家の西側を北から南へ通貨。
17時50分
部屋から見えない位置を通過。おそらく先ほどと同じヘリ。


5月23日
戦闘機が午前中何度も家の上空を飛行。
この日は戦闘機、輸送機半日飛び交う。


5月24日
大きな軍用機が何機も連なって家の上空を飛行。
今までで1番多いと思う。


5月25日

8時25分
双発ヘリ家の真上を北から南にへ1機飛ぶ。
11時32分
おそらく先ほどと同じ双発ヘリ家のやや西側を南から北へ通過。
13時20分
単発ヘリライトをつけて32分に飛んでいたヘリと全く同じ位置を南から北へ通過。


5月26日

13時55分
部屋から見えない位置をヘリが家のほぼ真上を通過。

ここでまた信じてもらうのに不利なことを書きます。
5月の部分でウェブカメラで家の上空を撮影したと書きましたが、残念なことに安物のカメラのせいか空を映すと真っ白になってしまい何も映りませんでした。何年も前から無職のため携帯やデジカメなんかも買えません。したがって証拠になる写真や映像が一切ありません。親にも頼みましたが僕が鬱病でおかしくなったと思って相手にしてもらえませんでした。でも自衛隊機に関しては爆音を立てて通過していくため付近の住民はみんな知っているはずです。何百人、あるいは何千人といるはずです。

ここに書いた記録はほとんどが自宅にいる時の記録ですが
僕が外に出かけたときもセスナと普通のヘリも自分の行く先々に現れます。
セスナは散歩に出かけた時にいつも同じ位置で頭上を通過していきました。
それと2週間に1回くらいの割合で近くのホームセンターに灯油を買いに行くと、外で順番待ちをしていると必ずといっていいほど近くを通過していきます。

普通のヘリに関しては僕が散歩をしていると頭の真上を歩くスピードと同じ速度で200メートルほど付いて来てその後少し離れた位置をしばらくついてこられたこともありました。それが2回もです。
他にもたくさん例がありますが、きりが無いのでこのへんにしておきます。

こんなことが6年以上も続いているのです。

こう書いてもほとんどの方が信用されないかと思いますがこれらはすべて事実です。

僕は自分のようなことをされている人間はこの世に僕一人ぐらいだろうと思っていて絶望していました。しかし驚いたことに他にも警察や自衛隊から嫌がらせや脅迫を受けている人がいました。
「公安 嫌がらせ」「自衛隊機 人権侵害」などで検索してみてください。
中にはちょっとおかしいと思う記事もありますが。
記事の内容が本当か妄想かは6年以上も経験してくると何となくわかります。
このブログを書くきっかけになったのも、自分以外にも同じ
経験をしている人がいてネットで公表していることがわかって自分もやってみようと思ったのと、多くの人に警察や自衛隊の実態を知ってもらいたかったからです。

それとこのブログを見ている警察言っておきます。このブログをブログサイトにちゃんと投稿したことの証拠を残しました。


テーマ : 北朝鮮問題
ジャンル : 政治・経済

2007-04-02 : ■スパイ・北朝鮮関連記事 : コメント : 0 : トラックバック : 0
世界の脅威の真実 北朝鮮のミサイル発射の真実 北朝鮮による核実験の真実・ パソコン遠隔操作事件の真実 ・木嶋佳苗の真実 ・上田美由紀の真実 ・外事警察の実態
Pagetop
ホーム

プロフィール

Author:hikky37
前科0、海外渡航暦0の普通の日本国民

カテゴリー

カレンダー

03 | 2007/04 | 05
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2カウンター

blogranking.net

blogrank

FC2ブログジャンキー

「アクセス数が全然伸びない…」そんな悩みをブログジャンキーが解決します!

リンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。