人権侵害という名の犯罪行為

僕が働いていた会社=一部でミサイル部品の試作品を製造  A事件=拉致事件  B事件=工作員によるスパイ事件  C病院=歯科医院(AJS) 保険が適用されない治療=歯列矯正


後で書くと話を信じてもらうのに不利になると思ったので先に不利なことを書いておきます。
僕は何年も前から鬱病、視線恐怖症、対人恐怖を患っています。しかしこれらの病気は幻覚や幻聴を見るような病気ではありません。何も無いはずの場所に物や人が見えたり、何も無いところから話し声や音が聞こえるというようなことはありません。
それと実名や事件名、会社名などは、書いてしまうとその方たちに迷惑がかかることになるので書けません。読んでいてイライラするかもしれませんがご理解下さい。


10年以上前に僕が7、8ヶ月間契約社員として働いていた会社である事故と事務所への空き巣がありました。事故に関しては僕は疑われるようなことは一切ありませんでした(もちろんただの事故で僕は関係していませんしその当時も事件性の話しなどは全く出ていません)が、空き巣に関して疑われてしまいした。
僕は勤める以前から視線恐怖症、対人恐怖症があり会社の人とうまく付き合いができず普段からおどおどしていました。その上ある病院(C病院とします)で保険が適用されない、ある治療を受けるため100万近くお金を借りてその信販会社から実際に勤めているかの確認の電話が会社にかかってきたのです。こういうこともあり自分が疑われるのではないかとびくびくしていると、空き巣の話しが出るたびに僕は顔をそむけたり不信な行動を取るようになってしまったのです。そのせいで本当に回りの人から疑われるようになり居ずらくなって会社を辞めていまいました。
でも僕は空き巣なんかやっていません。本当です。

このことをもとに警察は以前から問題になっていたある大きな事件(A事件とします)に関係する事件(B事件とします)を作りあげたのです。
僕の周りで起こった事故と事件を利用して警察が勝手にストーリーを作りB事件というものをでっち上げたのです。

B事件というものが作られていることはあるマスコミの情報と、警察の動きや自衛隊機が僕の周りを飛び回ることでわかりました。、
そのあるマスコミによると
B事件というものが存在しその事件には命令を下す首班と部下とそのまた部下がいた。というものでその一番目の部下の名前が僕の知りあいと同姓同名だったのです。もちろんその人はそんなことをする人ではないし、そんなことをするような職種に就いていません。
そのまた部下というのがB事件の実行役で、実名は出ていませんでしたが、警察はその実行役を僕ということにしたのです。

実行役が僕だとわかったのは、その記事のなかの他の部分の内容でわかりました。ここでも具体的な内容を書くとわかってしまうので書けません。ご理解ください。

要するにB事件は、主犯の命令役からの命令を僕の知り合いが僕に伝えて僕が実行するというストーリーです。
このストーリーを元に自衛隊による脅迫行為や警察による不当捜査
が始まったのです。

先ほどの僕が働いていた会社に関係する会社が家宅捜索を受けたり、C病院でも、資格が無いのに本来の治療以外の治療をして患者の具合が悪くなったとして家宅捜索もありました。その病院はだいぶ前からやっていて悪い噂などはきいたことは無いので、具合が悪くなった患者というのは警察の人間ではないかと思っています。

もちろんこれらでB事件に関する証拠は一切出ていません。
当然です。そもそも事件を警察自身が作ったのですからそんな事件は始めから存在しないのです。
警察自身が事件のストーリーを作りそのストーリーどおりに捜査を進めていく。
先日の鹿児島県の志布志町で起きた警察のでっち上げ選挙違反事件とまったく同じです。

僕の場合は逮捕はおろか任意同行や事情聴取なども一切受けていません。直接警察が接触してきたことは一度もありません。しかし直接接触する変わりに自衛隊機やセスナやヘリで脅迫しているのです。要するに警察の外で行われた自白の強要です。
これは完全に犯罪です。捜査なんかではありません。
警察が自分達の立場だけを考えて行われた犯罪行為です。
なぜ自衛隊まで加わったかというとそれだけA事件が大きな事件ということと、B事件が自衛隊にも関係してくる事件だからです。
しかしどんな事件だろうと自衛隊が自衛隊機を使って国民を脅迫してよいわけがありません。
これも重大な犯罪行為です。

6年以上にも及ぶ自衛隊機やセスナ、ヘリによる脅迫行為のほんの一部を紹介します。


2006年

4月13日
軍用のヘリが3度家の上空を飛ぶ
午前から午後にかけて。



4月16日

10時前
家の真上を家に対して真正面から北から南にかけて双発の軍用ヘリが
家がビリビリと振動するほどの高さで通過。
11時15分頃
おそらく警察のものと思われるヘリが家の真上をゆっくりと通過
その後5分から10分家の近くを飛び続ける。
16時05分
家の西を北から南へヘリが通過。



4月19日

16時32分
グレーの戦闘タイプのヘリ2機が並んで家の数十メートル東を南から北へ通過。
17時05分
先ほどと同じと思われるヘリ2機が家の真上を南から北へ通過。
20時11分
ヘリ通過。
22時45分から23時10分
近所のコンビニへ行く途中ヘリが飛んでいた
そのまま家の近くを飛び回っている音が聞こえ続け最後家の真上を通過して
音が消えた。



4月20日

12時35分
戦闘機らしき飛行機が上空を通過。
18時25分
輸送機らしき飛行機が2、3機連なって通過。



4月21日

14時50分
双発ヘリ2機並んで家の真上を北から南へ通過。



4月27日

17時30分
家の上空を輸送機らしき飛行機多数通過。



4月29日

14時15分
家から少し離れたスーパーへ車で母を買い物に連れて行く。
スーパーの駐車場で車の中で母を待っている時、自分の車の完全な真上を
車に対して完全に平行してかなり低い位置をセスナ機が1機南から北へ通過。


5月

5月始め頃にウウェブカメラで家の上空を自分の部屋の窓から手を出して撮影。
その後しばらくヘリは通過しなくなった。


5月18日

9時50分
家の上空ほぼ真上をヘリ通過。おそらく軍用。
10時15分
おそらく先ほどと同じと思われるヘリ部屋から見えない位置を通過。飛行音が同じ。
14時00分
単発ヘリおそらく飛行音が似ているので午前中と同じと思われるヘリ家の真上をライトをつけて南から北へ通過。白っぽい色。
14時25分
先ほどと同じヘリ家の西側を北から南へ通貨。
17時50分
部屋から見えない位置を通過。おそらく先ほどと同じヘリ。


5月23日
戦闘機が午前中何度も家の上空を飛行。
この日は戦闘機、輸送機半日飛び交う。


5月24日
大きな軍用機が何機も連なって家の上空を飛行。
今までで1番多いと思う。


5月25日

8時25分
双発ヘリ家の真上を北から南にへ1機飛ぶ。
11時32分
おそらく先ほどと同じ双発ヘリ家のやや西側を南から北へ通過。
13時20分
単発ヘリライトをつけて32分に飛んでいたヘリと全く同じ位置を南から北へ通過。


5月26日

13時55分
部屋から見えない位置をヘリが家のほぼ真上を通過。

ここでまた信じてもらうのに不利なことを書きます。
5月の部分でウェブカメラで家の上空を撮影したと書きましたが、残念なことに安物のカメラのせいか空を映すと真っ白になってしまい何も映りませんでした。何年も前から無職のため携帯やデジカメなんかも買えません。したがって証拠になる写真や映像が一切ありません。親にも頼みましたが僕が鬱病でおかしくなったと思って相手にしてもらえませんでした。でも自衛隊機に関しては爆音を立てて通過していくため付近の住民はみんな知っているはずです。何百人、あるいは何千人といるはずです。

ここに書いた記録はほとんどが自宅にいる時の記録ですが
僕が外に出かけたときもセスナと普通のヘリも自分の行く先々に現れます。
セスナは散歩に出かけた時にいつも同じ位置で頭上を通過していきました。
それと2週間に1回くらいの割合で近くのホームセンターに灯油を買いに行くと、外で順番待ちをしていると必ずといっていいほど近くを通過していきます。

普通のヘリに関しては僕が散歩をしていると頭の真上を歩くスピードと同じ速度で200メートルほど付いて来てその後少し離れた位置をしばらくついてこられたこともありました。それが2回もです。
他にもたくさん例がありますが、きりが無いのでこのへんにしておきます。

こんなことが6年以上も続いているのです。

こう書いてもほとんどの方が信用されないかと思いますがこれらはすべて事実です。

僕は自分のようなことをされている人間はこの世に僕一人ぐらいだろうと思っていて絶望していました。しかし驚いたことに他にも警察や自衛隊から嫌がらせや脅迫を受けている人がいました。
「公安 嫌がらせ」「自衛隊機 人権侵害」などで検索してみてください。
中にはちょっとおかしいと思う記事もありますが。
記事の内容が本当か妄想かは6年以上も経験してくると何となくわかります。
このブログを書くきっかけになったのも、自分以外にも同じ
経験をしている人がいてネットで公表していることがわかって自分もやってみようと思ったのと、多くの人に警察や自衛隊の実態を知ってもらいたかったからです。

それとこのブログを見ている警察言っておきます。このブログをブログサイトにちゃんと投稿したことの証拠を残しました。


スポンサーサイト

テーマ : 北朝鮮問題
ジャンル : 政治・経済

2007-04-02 : ■スパイ・北朝鮮関連記事 : コメント : 0 : トラックバック : 0
世界の脅威の真実 北朝鮮のミサイル発射の真実 北朝鮮による核実験の真実・ パソコン遠隔操作事件の真実 ・木嶋佳苗の真実 ・上田美由紀の真実 ・外事警察の実態
Pagetop
ホーム

プロフィール

hikky37

Author:hikky37
前科0、海外渡航暦0の普通の日本国民

カテゴリー

カレンダー

04 | 2007/04 | 05
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2カウンター

blogranking.net

blogrank

FC2ブログジャンキー

「アクセス数が全然伸びない…」そんな悩みをブログジャンキーが解決します!

リンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。