1年のお礼とお知らせ

今年も1年このブログを読んでいただいてありがとうございました。

今年はなによりも1月12日の記事や最近の記事で自分の無実を証明できました。
しかし現実には警察による監視や尾行という僕を犯罪者に仕立て上げるための「芝居」は今も続いています。
問題は解決していません。

それと師走に入って少しいいこともありました。
(詳しくは書きませんが)

これらの出来事でだいぶ精神的に楽になりました。
来年も告発を続けますのでよろしくお願いいたします。



それと最近書いた記事「全ての事件で僕が無実である決定的な証拠 その2~4」のタイトルとカテゴリを変更しました。
タイトルは「警察が僕を逮捕できない理由などない その2~4」
カテゴリを「警察が僕を逮捕できない理由などない」に変更しました。
それと「イギリスで逃走犯がSNS更新中」もこのカテゴリに移動しました。

スポンサーサイト
2009-12-31 : ●お知らせ : コメント : 0 : トラックバック : 0
世界の脅威の真実 北朝鮮のミサイル発射の真実 北朝鮮による核実験の真実・ パソコン遠隔操作事件の真実 ・木嶋佳苗の真実 ・上田美由紀の真実 ・外事警察の実態
Pagetop

警察が僕を逮捕できない理由などない その4

24日に北朝鮮のメディアが、韓国系アメリカ人活動家を不法入国で拘束したと報道したそうです。

これを警察が僕を逮捕もなにもできないという理由に当てはめると、「僕はスパイやテロリストであることは確かだが、僕が関係している国で日本やどこかの国の人間が人質のようにされているため僕に手出しができない」なんていうそれっぱい話を造ることができます。

しかしこれもあり得ません。
その人質のために日本国民が危険にさらされなければならないという矛盾した話になってしまうからです。
何しろ僕はテロリストや北のスパイという危険な人間のはずのわけです。いつどこで何をするかわからない人間のわけです。

国外の人質と国内にいる大勢の日本国民をはかりにかけて、人質のほうの安全を優先して、国内にいる危険人物を野放しにして国民を危険にさらすというほうを選ぶなんていうことがあり得るわけがないのです。
「僕が情報を盗むだけのスパイで危険ではないだから手を出さないでいる」という話を造ることもできますが、その話が事実とする保障はありません。僕の人生の全てを見てこなければ、いつどこでどんな指令を受けているかわからないわけだから、安全なスパイであるということが保障できるわけがないのです。
だからそんな話もあり得ないのです。


また僕がブログで自分が無実の証明をした直後にそれを覆せるかのような新情報が出ましたね。
しかし何をどうやってもこのブログを書いているという証拠を覆すことはできません。

テーマ : 検察・警察の腐敗
ジャンル : 政治・経済

2009-12-29 : ◇警察が僕を逮捕できない理由などない : コメント : 0 : トラックバック : 0
世界の脅威の真実 北朝鮮のミサイル発射の真実 北朝鮮による核実験の真実・ パソコン遠隔操作事件の真実 ・木嶋佳苗の真実 ・上田美由紀の真実 ・外事警察の実態
Pagetop

旅客機テロリスト逮捕

どうも変ですね。
先日の脱獄犯がSNSを更新しているというニュース。次に国松元警察庁長官狙撃事件の犯人の疑いをかけられた元警官が取調べを受けているというニュース。そして今度はアルカイダのテロリストがオランダ発の旅客機でテロを起こそうとして逮捕されたというニュース。
なぜか僕が自分の無実を証明したとたんに逆にまた僕につながりそうな事件や情報や警察の動きが続けて出てきました。
この僕が無実であると証明したことを否定するかのような情報、オウム関連の警察の動き、アルカイダのテロリストがここにきて旅客機テロを決行しようとした。
無実否定とオウム事件とアルカイダテロがほぼ同時に出てきた。

僕を犯罪者に仕立て上げるのに恐ろしく都合がいいですね。

しかし何度でも書きますが、どんな事件がおきようが、どんな情報が出ようが、どんな警察の動きを起こそうが、このブログを書いていること自体、さらに僕が警察に逮捕も何もされないこと自体、そしてなんといっても、このブログで書いている内容を読んでいただければ、本当は犯罪を犯しているのは僕ではなく警察のほうであること、そしてその犯罪を犯した警察は僕が犯罪者じゃないと困る立場だということもわかります。

テーマ : 検察・警察の腐敗
ジャンル : 政治・経済

2009-12-26 : ★テロリスト関連記事 : コメント : 0 : トラックバック : 0
世界の脅威の真実 北朝鮮のミサイル発射の真実 北朝鮮による核実験の真実・ パソコン遠隔操作事件の真実 ・木嶋佳苗の真実 ・上田美由紀の真実 ・外事警察の実態
Pagetop

警察が僕を逮捕できない理由などない その3

最近時効ギリギリになって犯人が逮捕されるというニュースを見ますが、時効というものに関して僕の場合に当てはめると、例えば「僕はなんらかの事件の犯人だが、既にその事件の時効が過ぎたから安心してこのようなブログを書いているんだ」なんて話を造ることができます。

しかしこれも無理です。
せっかく時効が成立して逮捕という恐ろしいものから開放されたのに、なぜわざわざ自分から警察の名誉を傷つけたり捜査妨害をして新たに逮捕や取り締まられるようなことをしなければならないのか。
そして時効が成立している前ならなおさらこんなブログを書けるわけがありませんし。
絶対にあり得ないことです。

テーマ : 検察・警察の腐敗
ジャンル : 政治・経済

2009-12-25 : ◇警察が僕を逮捕できない理由などない : コメント : 0 : トラックバック : 0
世界の脅威の真実 北朝鮮のミサイル発射の真実 北朝鮮による核実験の真実・ パソコン遠隔操作事件の真実 ・木嶋佳苗の真実 ・上田美由紀の真実 ・外事警察の実態
Pagetop

イギリスで脱獄犯がSNS更新中

念のため書いておきます。「ノイローゼか」と思われるでしょうが、そう言わずに最後まで読んでみてください。
それとこういう機会を利用してこのブログを広める意味でもあるのです。


先ほどネットで日本のサイトのニュース欄を見ていたら、今年の9月にイギリス東部のサフォークという町のちかくにある刑務所から強盗犯が脱獄し、現在も逃走中であるが、その間に強盗犯は自分でCraig 'Lazie' LynchというタイトルのSNSを開設し、逃走中の様子などの記事を書いて、警察を挑発しているらしいです。
SNS(ソーシャルネットワーキングサービス)とは会員制のブログや掲示板みたいなものです。

僕が「犯罪を犯した人間が警察批判のブログなどを書くなんてあり得ない」という記事を書いたわずか2日後にこのようなニュース。

おかしいと思い、このニュースを調べるためにCraig 'Lazie' Lynchで検索してみたところ、どうやら現地でのこのニュースがはじめに報じられたのが12月22日のようです。12月22日は僕が「犯罪を犯した人間が警察批判のブログなどを書くなんてあり得ない」と書いたまさに当日です。

まるで僕のブログを否定するためのような記事だと思えたので、また誰かがこのブログ対策のために情報を造ったのではないかと思い現地のニュースサイトにこのニュースが載っているかを調べてみました。

ですが残念なことに記事はちゃんとありました。しかも僕が記事を更新したのが22日の23時少し前で、現地の時間だと15時少し前ということになりますが、現地での報道は7時頃となっていたので、僕の記事よりだいぶ前ということになります。それとSNSの記事自体も数ヶ月前から更新されていました。
これだと逆に僕がこのニュースを見たから慌てて書いたかのように思われてしまいそうですが、僕は今年の1月12日に既に同じ内容の記事を書いています。
それとこんなニュースは知りませんでした。本当です。普段は外国のニュースサイトなどほとんど全くといっていいくらい見ませんので。


がしかしです。現地のニュースサイトを調べたら、囚人が脱獄したのが9月23日となっていましたが、なぜか9月23日の囚人が脱獄した当時のニュース記事はいくら調べても見つかりませんでした。「Craig 'Lazie' Lynch」や「23 sep 09 suffolk escape prisoner」「Hollesley Bay(脱獄した刑務署名) escape prisoner」など色々なワードで検索しましたが、出てくるのは12月22~23日のSNSが見つかったというニュースだけでした。
当然犯罪者が脱獄したのであれば、逃走犯の拘束と市民の安全のために当日に大きなニュースになっているはずですけど、見つかりませんでした。
僕の検索の仕方がわるかっただけなのでしょうか。それとも脱獄のニュースなどイギリスではその程度なのか。
それとこのニュースの動画も見つかりませんでした。



まあでも僕の場合は家から更新しているわけだし、そんなことは警察が調べれば簡単にわかるわけだし、僕が犯罪者なのであれば、いつでも捕まえることができる僕を捕まえないということはあり得ないことです。
それに僕が犯罪者なのに3年も前から6つのブログで警察批判を各ブログで280以上の記事で書いているのだとしたら、逮捕も拘束も僕の犯罪自体の報道もないなんてあり得ないことです。

テーマ : 検察・警察の腐敗
ジャンル : 政治・経済

2009-12-24 : ◇警察が僕を逮捕できない理由などない : コメント : 1 : トラックバック : 0
世界の脅威の真実 北朝鮮のミサイル発射の真実 北朝鮮による核実験の真実・ パソコン遠隔操作事件の真実 ・木嶋佳苗の真実 ・上田美由紀の真実 ・外事警察の実態
Pagetop

警察が僕を逮捕できない理由などない その2

今年の1月12日に僕があらゆる事件の犯人でないことを証明する記事を書きました。(サイドバー「カテゴリ」にある「僕が無実である決定的な証拠」)
犯罪者が警察の名誉を傷つけるようなブログなどを書いてしまえば警察に踏み込まれて僕は逮捕されてしまうからこんなブログを書くなんてあり得ない、なので僕がいかなる犯罪者でもないことはこのブログを書いていることで証明した、という内容でした。
今回はもしかしたらっその後に警察が僕を拘束、逮捕できないことをごまかすための都合のいい理由を造っているかもしれないので、それについて書いておきます。


最近の刑事ドラマでやっていましたが「警察がマークした人間がスパイやテロリストであることは間違いないが、そのスパイやテロには他の国の外交官が絡んでいて、逮捕すれば外交問題になるから手が出せない」という話がありました。
それとも一つ、これは現実の話ですが、「拉致問題の進展のために北朝鮮に拉致犯の引渡しは求めない」という話も最近ありました。

これらのような例を僕に当てはめると、僕が北のスパイやアルカイダのテロリストであることは間違いないが、上で示したような理由で拘束や逮捕することができないんだ、という一見もっともらしい話を造ることができます。

しかしこのような理由でもこのブログを書いているという事実がある限りそれはあり得ません。

外交問題だろうが、取引のためだろうが、結局僕は犯罪者であって、ぎりぎりのところで助かっている存在になるわけです。
その助かっている人間が助けているはずの警察の名誉を傷つけたり、捜査を妨害を行ってなんのメリットがあるというのでしょうか。
そんなことするわけがないじゃないですか。
そんなことをすれば自分の際どい立場がさらにまずくなるだけで、なんの得もしないじゃないですか。




他にも刑事ドラマの中には、「今犯人を逮捕すればさらなる証拠がつかめないからもう少し泳がせてから逮捕する」というのもありました。

この理由も僕には通用しません。
もうこれは何度か書いていますが、北のスパイ(工作員)は拉致や大韓航空機爆破事件を起こしたり、アルカイダなどのテロリストは言うまでもなくという危険極まりない存在なわけですから、そんな人間を警察が泳がすなんてことは現実の世界ではあり得ません。そしてなによりも、僕の家の真上を自衛隊機が数年に渡って数え切れないほど飛び続けているので、僕がスパイやテロリストなのであれば、完全に自分の正体がばれていて、監視されているということに気づくわけです。
こんな状況の中で犯人が泳ぐわけがないのです。むしろ監視している側が犯人に泳がせないようにしているわけです。
そして泳がないようにしていて、捜査側自らが証拠が出ないようにしているわけですから、後はこのブログを理由に僕を逮捕なりなんなりするしかないわけです。しかし警察は一切僕に手出しをしない。
いつまで経ってもブログをのぞいているだけ。
こんな馬鹿なことはありません。




他にもこんなことも考えられます。
「最悪、警察はこのブログに書いてあるように様々なでっちあげを行ってきたことは事実で、僕に手が出せないことは事実だが、僕がスパイやテロリスト、子供を狙った犯罪者、振り込め詐欺犯などの犯罪者であることも事実だ」みたいなことにしていたとします。
それもあり得ません。
現実はそんなに甘くはないからです。
本当のスパイやテロリストをはじめいかなる犯罪者であっても、それまで警察がでっち上げを行ったり、僕が犯罪者である証拠をつかめなかったからといって、犯罪者が安心してこんなとんでもないブログを書くなんてことがあるわけがないじゃないですか。
書いた後でも、いつどこからどんな証拠や証言者が出てくるかわからないかですよ。


以上のように結局はどんな言い訳を使っても僕が何かの犯罪者だとしたらこのようなブログを書くわけがないのです。
さらに言うと、上に挙げたような犯罪者が警察に逮捕拘束されずにすむ取引にみたいなことが本当にあったとしたら犯罪者自らがそれをばらすわけもないのです。



またさらにこういうことも考えられます。
「警察がこのブログの存在を知らないふりをしている」可能性もあります。

しかし僕はこのブログ以外に全く同じ内容のブログを6つも運営しています。
そして動画サイトも1つ、さらに最近ホームページも2つ造りました。
これらには拉致事件の証言者を写真や振り込め詐欺の手配写真などを出して、「偽者だ」「捏造だ」ということを告発しているわけです。
そして様々な事件を「でっち上げ」「自作自演」「警察は犯罪組織」という、
これらが嘘なら単なる捜査妨害、名誉毀損になるような記事で埋め尽くされているわけです。
これだけやっているればネット上の犯罪を取り締まっている警察にいずれかならず見つかります。
本物の犯罪者がこんなことをできるわけがないのです。
絶対にあり得ないのです。



前回の証明でも完全に無実は証明できていましたが、より理解してもらいやすくするために例を挙げて自身の無実を証明しました。

僕に疑いがかかるようなどんな理由も、僕がこのブログを書いているという事実が無実であることを証明しています。
なにか僕に疑いを抱くようなことがあったら、サイドバーの「カテゴリ」にある「僕が無実である決定的な証拠」と「警察が僕を逮捕できない理由はない」の中の記事をそのつど読み直してみてください。絶対にこんなブログを書いている僕が犯罪者であることはあり得ませんので。


このブログ以外のブログ
アメーバ   ://ameblo.jp/jun-009382
バニー   ://bany.bz/so88tec/
楽天   ://plaza.rakuten.co.jp/furisker/
Yahoo   ://blogs.yahoo.co.jp/so77tec
ライブドア  ://blog.livedoor.jp/nk123kn/?blog_id=2024927

このFC2ブログと下のブログは後から追加したブログなので途中から始まっています。
ココログ  ://jinkensingai.cocolog-nifty.com/


動画サイト
http://vision.ameba.jp/search/user.do?user=jun-009382


ホームページ
http://sites.google.com/site/gaijikeisatsu/
http://sites.google.com/site/furikomesaginouso/



テーマ : 検察・警察の腐敗
ジャンル : 政治・経済

2009-12-22 : ◇警察が僕を逮捕できない理由などない : コメント : 0 : トラックバック : 0
世界の脅威の真実 北朝鮮のミサイル発射の真実 北朝鮮による核実験の真実・ パソコン遠隔操作事件の真実 ・木嶋佳苗の真実 ・上田美由紀の真実 ・外事警察の実態
Pagetop

新宿百人町死体事件に関して

12月16日午前11時40分ごろ、東京都新宿区百人町3丁目の交差点の排水溝内で、男性が死亡しているのを清掃業者が見つけ、近くの交番に届けた。男性は白髪交じりの60~70代で目立った外傷はなく、検視では死因は不詳とされた。警視庁は17日に司法解剖して死因を詳しく調べる。
同庁や新宿区によると、排水溝は直径約50センチの円筒状で深さ約1メートル。男性は半袖Tシャツにジーンズ姿でうずくまるような姿勢で死亡していた。身元につながるような物はもっておらず、靴も見つかっていない。同区が委託する清掃業者が発見した際、排水溝にはふた(約30キロ)がしてあったという。検視の結果、死後1~3週間とみられる。
その後の調べで遺体に目立った外傷はなく病死や凍死の可能性もあるそう。
現場はJR大久保駅の北約800メートルで、住宅などが立ち並ぶ地域。



伊奈町の韓国人殺人事件の次は韓国料理店が多くある、例の百人町で死体発見ですか。しかも大都会の歓楽街の道路の側溝でですか。
相当怪しいですね。伊奈町の事件と合わせてまた僕に疑いがかかるようなスパイ話が造られていくのではないでしょうか。
(関連記事 サイドバーの「カテゴリ」の「スパイ・北朝鮮関連記事」の中の 08年5月29日から6月10日までの記事)

テーマ : 検察・警察の腐敗
ジャンル : 政治・経済

2009-12-21 : 〇その他の事件・事故・人権侵害など : コメント : 0 : トラックバック : 0
世界の脅威の真実 北朝鮮のミサイル発射の真実 北朝鮮による核実験の真実・ パソコン遠隔操作事件の真実 ・木嶋佳苗の真実 ・上田美由紀の真実 ・外事警察の実態
Pagetop

伊奈町火災殺人事件もでっち上げ

11月28日、午後1時5分頃、埼玉県伊奈町寿3のオートバイ関連会社「東京パーツ」の倉庫の一部が燃え、焼け跡から男性の遺体が見つかった事件がおきた。その後の埼玉県警捜査一課と上尾暑の調べで死亡した男性の頭部に殴られたような傷が見つかったことから殺人事件と断定して捜査本部を設置した。
殺害された男性の身元は未だにわかっていない。この事件の日からこの東京パーツの社長がいなくなったおり現在も探している。
この事件があった倉庫は東京パーツの韓国籍の男性社長が今年5月に3年契約で借りたものだが、家賃の滞納が続いていた。東京パーツは5人くらいの韓国人男性が出入りしていて中古部品の輸出やバッテリーの販売などを行っているらしいが、実態が明らかになっていないらしい。
付近の住民によると11月に夜になると黒い煙がたち従業員がたき火をしていたらしいという証言などがあった。

韓国籍、実態が明らかにならない会社そして事件が起きた場所。
この事件も公安警察によるでっち上げです。


あの上尾警察のお手柄でっち上げ事件、栃木銃撃事件と同じ理由ででっち上げられた事件です。
といってもあの記事では個人情報を出せないために、詳しい理由は明らかにしていませんが、間違いなく警察によるでっち上げ事件です。
(関連記事 サイドバーの「カテゴリ」の「上尾警察のお手柄は自作自演 栃木銃撃編」 09年2月23日の記事「田口八重子さん 新情報は嘘」など)

テーマ : 検察・警察の腐敗
ジャンル : 政治・経済

2009-12-08 : 〇その他の事件・事故・人権侵害など : コメント : 2 : トラックバック : 0
世界の脅威の真実 北朝鮮のミサイル発射の真実 北朝鮮による核実験の真実・ パソコン遠隔操作事件の真実 ・木嶋佳苗の真実 ・上田美由紀の真実 ・外事警察の実態
Pagetop
ホーム

プロフィール

hikky37

Author:hikky37
前科0、海外渡航暦0の普通の日本国民

カテゴリー

カレンダー

11 | 2009/12 | 01
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2カウンター

blogranking.net

blogrank

FC2ブログジャンキー

「アクセス数が全然伸びない…」そんな悩みをブログジャンキーが解決します!

リンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。