このブログを警察に通報してください

今日の新聞に、「38歳(現在)の男が02年にネットにラーメン店の経営をカルト教団が行っているという、なんの根拠もない書き込みをしたとして、名誉毀損で罰金30万円の刑が確定する」と載っていました。


やはりネット上の誹謗中傷は犯罪になるのです。
(といってもこの事件以前からそんなことはわかっていることなのですが)

警察はこのブログを僕がはじめた当初から既にブログの存在を知っていたのです。そのことはこのブログをはじめから読んできて下さった方ならわかるはずです。
しかし09年1月12日の記事「全ての事件で僕が無実である決定的な証拠」で書いたように、警察はこのブログの存在を知っていることになると自身の立場がまずいことになるので、知らない振りを決め込んでいるのです。
ブログを見て見ぬ振りをしているのです。


しかしいくら見て見ぬ振りをしても、警察自体が上に書いたようなネット上の誹謗中傷、犯罪予告、犯罪勧誘などを取り締まっていて、さらに取締りを強化するため、民間のボランティアを募ってまでしているわけです。
この状況でこのブログが警察に見つからないわけがないのです。

このブログは3年近く書き続けていて、記事数は300にもなり、そしてその記事にはテロ、テロリスト、アルカイダ、北朝鮮、スパイ、殺人、拉致、爆破、犯罪、警察、公安警察などあらゆる犯罪に関する用語を使用していて、しかも同時に7つも開設しているわけですから、このブログが警察の大規模な取り締まりにひっかからないなんてことがあり得るわけがないのです。


結局警察はなにがどうあろうと、このブログの存在を知らない振りを通そうとしているわけです。
そして「僕が犯罪者」ということにしているのです。


なのでこのブログの読者のかたで僕をお疑いのかたは、自身で警察に通報してください。
そして警察の「それでもなにもしない」という態度を見れば、このブログに書かれていることが事実であるということがわかりますから。

「僕はいかなる犯罪の犯罪者でもなく、警察が僕に疑いがかかるような事件や情報のでっち上げ、様々な工作を行ってきた」ということが事実であることがわかりますから。


中には「なんで自分で通報しないんだ」と思う方がいると思いますが、サイドバーにある「僕が訴えを起こさない理由」でも書きましたが、僕にかけられた疑いがあまりにも大きくなっているということもあり、僕が直接警察に接触すれば、警察はもうごまかしがきかなくなって完全に追い込まれてしまうわけです。追い込まれた警察はなにをしでかすかわからないという不安があるので自分ではそいうことはできないのです。

といっても、こちらもずっとこのままとは限りませんが。





スポンサーサイト

テーマ : 検察・警察の腐敗
ジャンル : 政治・経済

2010-03-17 : ▲僕が無実である決定的な証拠 : コメント : 2 : トラックバック : 0
世界の脅威の真実 北朝鮮のミサイル発射の真実 北朝鮮による核実験の真実・ パソコン遠隔操作事件の真実 ・木嶋佳苗の真実 ・上田美由紀の真実 ・外事警察の実態
Pagetop

埼玉・鳥取連続殺人事件の造られ方

警察は埼玉・鳥取の2つの連続殺人事件は、容疑者が被害者に睡眠導入剤を飲ませた上、練炭を使用したり溺死させたりした、「自殺に見せかけた殺人事件」ということにしています。

しかし実際には全部本当に過去に起きた自殺や不審死したかたたちを、強引に殺人事件に仕立て上げようとしているだけです。
自殺や不審死の条件についての説明を読んでいただければ簡単にわかります。



ここ数年みなさんも「日本では年間3万人以上の自殺者が出ている」というニュースをよく見かけると思います。
毎年毎年ものすごい数の自殺者が出ているわけです。複数年では十数万人、数十万人になるわけです。


そしてその自殺の方法ですが、飛び降り、飛び込み、入水など様々なものがあります。最近よく耳にする練炭自殺などもあります。


またこれも昔からよく聞きますが、人が自殺するときに睡眠薬を使うということです。
昔から自殺や自殺未遂のニュースでは「睡眠薬を大量に服用した」ということをよく聞きますよね。
ちなみに埼玉・鳥取事件では睡眠導入剤という言い方をしていますが、睡眠薬も睡眠導入剤も同じです。言い方が違うだけです。


さらにこれもよく聞きますが、自殺を確実に成功させるために、睡眠薬を服用してからなんらかの自殺方法で自殺を図る、ということもよく聞きますよね。


そして睡眠薬自体に関して言えば、色々な種類の睡眠薬があるのでしょうが、別に種類が無限にあるわけではないので、同じ種類の睡眠薬を使用している病院は多いはずです。
ということはその同じ成分の睡眠薬を使用している患者さんも多いわけです。


次に不審死に関する説明です。
不審死というものはどういう条件の死をいうのか詳しくは知りませんが、恐らく原因が完全には特定できないような死に方や、不自然な場所で死亡していたとかそういうことでしょう。
昔から死因が完全には特定できないような死に方をするという情報はよく聞くし、人は突然の病気などでいつどこでどんな死にかたをするかわからないわけです。そんなことは誰でもわかります。


ここまで一見アバウトな説明に見えるかもしれませんが、でも書いていることは決して間違っていないし、ご理解いただけると思います。


結局これらの条件からすれば、2つの事件の被害者のかたたちの死に方にはなんの不自然な点もないのですよ。
要するにこの事件は殺人事件などではなく本当に自殺と不審死だったということです。それを警察が強引に連続殺人事件にしようとしているだけなのです。


こういうことです。
警察はまず、木嶋佳苗(34)と上田美由紀(35)という2人の女詐欺師を造り、あらかじめ詐欺容疑で逮捕していたことにした。
これらの人間に関してはどうやって造ったのかは知る由もありませが、これまでこのブログを読んでいただいたかたなら、「警察ならできる」と思われるのではないでしょうか。

そしてそこへ、過去に実際に起きたものすごい数の自殺者の中から、ある共通の睡眠薬を使用して死亡した自殺者を選び出し、さらにまたその中から殺人事件をでっち上げられそうな条件のかたたちを選んで事件性の疑いがあることにした。
また実際に起きたものすごい数の不審死したかたの中から、殺人事件としてでっち上げられそうな条件のかたたちを選らび出し事件性の疑いがあることにした。
そしてこの2人の女詐欺師がそれらのかたたちと付き合いがあったかのように話を造り、また女詐欺師がその共通した睡眠薬を持っていたことにして、殺人事件の犯人として疑いをかけ、あたかも連続殺人事件が起きているかのように見せている。

ということでしょう。


この2つの事件は一見関係性がないように見える自殺や不審死が、実は2人の女による殺人事件だった、ということになっています。

そりゃそうですよ。

警察が全国で睡眠薬を使って自殺をした人たちの中から殺人事件をでっち上げられそうな人を選ばれただけなのですから。本当に関係性などないから関係性がないように見えるのが当然なのです。


それとこれに関しては自信がありませんが、今まで警察は睡眠薬が使用された事件を発表するときに、睡眠薬のことを「睡眠導入剤」という表現を使っていたでしょうか。
もし今回だけ「睡眠導入剤」という表現を使っていたとしたら、これも殺人事件に見せるための工作ですね。
睡眠薬のことをわざわざ「睡眠導入剤」と表現すると、あたかも睡眠薬とは違うなにか特別な「薬物(やくぶつ)」のような印象を与えることができます。そしてそれが死亡者の体内から検出されれば、自ら服用したのではなく、人に飲まされて、無理やり眠らされたような印象を与えることができますから。





テーマ : 検察・警察の腐敗
ジャンル : 政治・経済

2010-03-06 : 〇埼玉・鳥取連続殺人もでっち上げ : コメント : 2 : トラックバック : 0
世界の脅威の真実 北朝鮮のミサイル発射の真実 北朝鮮による核実験の真実・ パソコン遠隔操作事件の真実 ・木嶋佳苗の真実 ・上田美由紀の真実 ・外事警察の実態
Pagetop

埼玉・鳥取連続殺人事件がでっち上げである証拠

前回の記事の最後に、次回は鳥取の事件だけのでっち上げの証拠を書くようなことを書きましたが、今回は埼玉も合わせて2つの事件がでっち上げである証拠を書きます。それとサイドバーのカテゴリに「埼玉・鳥取連続殺人もでっち上げ」を追加しておきましたので、この2つの事件に関する記事はそこで見てください。


本題です。

今年の1月30日の記事「鳥取・埼玉女詐欺師連続殺人事件もでっち上げ」で、「この鳥取事件では警察は上田美由紀容疑者を1年も前から監視していて、そしてその監視に容疑者本人に気づかれていて、しかもその中で電気店経営者の丸山秀樹さんの殺害まで起こされた」ということを書きました。


そして僕はもう面倒だったので、埼玉・鳥取の事件に関してまともに調べていなかったのですが、ちょっと調べたらさらにあり得ないことが起きていることがわかりました。

この事件では被害者の丸山さんが09年10月6日、矢部和実さんが09年4月4日、田口和美さんが10月27日に殺害されていたことになっているそうですね。

この上田容疑者の監視の話と、被害者の殺害日時の情報が事実なら、なんと警察の監視中に殺されたのは1人ではなく3人ということになります。

警察の監視中に3人も殺された。

しかしなんの問題にもなっていない。
本来なら被害者遺族から猛抗議が出ているはずです。
しかし一切なし。

こんなことあり得ません。

10年2月2日の記事「埼玉・鳥取女詐欺師連続殺人事件もでっち上げ」では、「丸山さんの殺害は警察の大・大・大失態」ということも書きましたが、この話が事実なら、もう「失態」なんていう甘い言葉で済まされるような問題ではありません。

この話、百歩譲って監視期間がもっと短かったとしても、09年の10月だけでも2人が殺害されているわけで、最低でも監視中に2人は殺されたことになります。

みなさんこの鳥取事件がこんなとんでもないめちゃくちゃな状況下にある事件に感じますか?
感じないですよね。

こんな情報はでっち上げです。

ではなぜこんな情報が出たのでしょうか。

このことは以前も書きましたが、僕は警察に監視されていることをブログで人に漏らしていて、そして警察に監視されている僕が犯罪など起こすわけもないし、もし起こしたとしたら僕は現行犯逮捕されているはずだ、という僕の訴えを打ち消すためにでっち上げられた情報ということです。
要するに警察は僕が犯罪者であることはあり得るということにするための「既成事実」を造ろうとした、

ということです。

そしてこの事件は、「警察の監視の話」だけがでっち上げというレベルの問題ではなく、前回の記事で書いたようにはじめからこの事件は完全に不自然なことが起きているのです。
事件のはじまりも、その後にもあり得ないことが起きていて、なおかつ僕を犯罪者に仕立て上げることができる事件。

なのでこの鳥取連続殺人事件自体がはじめからでっち上げということです。

さらにこの事件の直前に浮上した全く同じような事件、埼玉の女詐欺師連続殺人事件もはじめからでっち上げです。
なにしろこの事件は僕の地元の埼玉県警が担当している事件ですし、さらにこの事件の木嶋佳苗容疑者はブログをやっていたということになっていて、犯罪者がブログを書いていた、という話もできたわけです。

二つの事件を合わせれば完全に僕に疑いをかけるための事件になっているじゃないですか。
2事件とも女詐欺師が犯人。年齢も1つ違い、そして全く同じ殺害方法の事件が、ほぼ同時に浮上してきたこの2つの事件はでっち上げということです。


次回はこの2つの事件の造られ方を紹介します。




テーマ : 政治・経済・時事問題
ジャンル : 政治・経済

2010-03-05 : 〇埼玉・鳥取連続殺人もでっち上げ : コメント : 1 : トラックバック : 0
世界の脅威の真実 北朝鮮のミサイル発射の真実 北朝鮮による核実験の真実・ パソコン遠隔操作事件の真実 ・木嶋佳苗の真実 ・上田美由紀の真実 ・外事警察の実態
Pagetop

鳥取連続殺人事件がでっち上げである証拠 その1

警察は現在鳥取の連続殺人事件の上田美由紀容疑者に対して、睡眠導入剤を使って3人を殺害した容疑をかけていますが、はじめのうちは他にも自殺した警察官、新聞記者、警備員の3人に関しても殺人の疑いをかけていました。


しかしこのうちの警察官に関して警察があまりにも馬鹿げたことを行っていたことがわかりました。

この警察官は08年2月に自殺したそうですが、鳥取県警はこのかたの自殺場所を当時警察署内だったと公表していたのに、09年11月7日になって、「実はあれは間違いで本当の自殺場所は鳥取県内の山中だった」と訂正し、さらに「この自殺が上田美由紀容疑者による殺人の疑いがある」と公表していたそうです。

馬鹿げています。
どうすれば警察署内と山中を間違えるのでしょうか。
こんなもの絶対に嘘です。

そして結局最終的に警察は警察官の自殺を含め、新聞記者と警備員の3人は殺人の疑いがなかったとして自殺と断定したそうです。

これで一連の話の筋が通りました。

先日1月28日に上田美由紀容疑者が殺人の容疑で再逮捕された時の警察の記者会見の様子を翌日の新聞では、「警察は警戒した様子で記者の質問に対しては終始「ノーコメント」を繰り返していた」と伝えていました。

これらのことはこういうことです。
09年11月7日の会見で、警察は警官の自殺の場所が署内から山中だったと言い出し、その自殺が殺人事件の疑いがあるというあまりにも不自然な発表を行った。

このあまりにも不自然な発表で警察はマスコミに疑われていたはずです。

だからその後1月28日の会見ではやたらと記者を警戒して、余計なことを言ってまた疑われないようにノーコメントを繰り返した。
そしてごまかしきれないとわかって最終的に警官の死因を自殺にもどした。

要するにはじめから警官の自殺が上田容疑者による殺人だったなんて嘘だったということですよ。
さらに新聞記者と警備員の殺害も自殺にもどしたという事は、その2つも殺人の疑いがあったなんていうのは嘘だったわけです。

これらの事実は本当に自殺だったものを警察が上田容疑者という人間を造って強引に連続殺人事件のように見せかけようとしたという証拠です。

そして睡眠導入剤で自殺した人の殺人も含めて全てがでっち上げです。

また鳥取だけでなく埼玉の連続殺人も全てがでっち上げです。



このことをあと2回にわたって説明していきます。



テーマ : 検察・警察の腐敗
ジャンル : 政治・経済

2010-03-04 : 〇埼玉・鳥取連続殺人もでっち上げ : コメント : 2 : トラックバック : 0
世界の脅威の真実 北朝鮮のミサイル発射の真実 北朝鮮による核実験の真実・ パソコン遠隔操作事件の真実 ・木嶋佳苗の真実 ・上田美由紀の真実 ・外事警察の実態
Pagetop
ホーム

プロフィール

Author:hikky37
前科0、海外渡航暦0の普通の日本国民

カテゴリー

カレンダー

02 | 2010/03 | 04
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2カウンター

blogranking.net

blogrank

FC2ブログジャンキー

「アクセス数が全然伸びない…」そんな悩みをブログジャンキーが解決します!

リンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。