アメリカのロシア人スパイもでっち上げ

先日29日にアメリカでFBIがロシア人10人をスパイ容疑で逮捕し、行方を追っていたもう一人も30日に逮捕しました。
このスパイ達はアメリカの要人などと接触してアメリカの核兵器に関する情報、核軍縮の動き、イランやアフガンに対するアメリカの対応に関する情報などを盗んでいたそうです。スパイ達はロシアの対外情報局(SVR)に所属していて、アメリカ人やカナダ人に成りすまして活動していた。このスパイの中には女スパイもいて、女スパイはSNSに自分の写真を載せて書き込みをしていたり、動画サイトに自分が映った動画を投稿していたそうです。
そしてFBIは10年近く前からこのスパイを追っていて、ようやく先日逮捕にいたった。


というあほみたいなスパイ話をFBIがでっち上げました。


10年5月24日と6月5日の記事で説明したように埼玉・鳥取から始まった一連のあり得ない殺人事件のフォローをするために韓国の情報院が日本の公安警察に協力してスパイ事件をでっち上げたと指摘しましたが、今回のこのロシア人スパイ事件はその続きの事件です。間違いありません。
(関連記事 サイドバー・カテゴリ「埼玉・鳥取連続殺人事件もでっち上げ」の全ての記事)


韓国の次にアメリカのFBIが日本の公安警察に協力してスパイ事件をでっち上げたのです。
このスパイ事件の内容を見れば簡単にそのことがわかります。


説明します。



女スパイが実在するという点。


その女スパイはネット上になんらかの記事を投稿していたという点。


さらにFBIはスパイの存在を知っていながら10年も逮捕しなかったという点。


そしてこの事件が発覚したタイミング。


これ全部僕がカテゴリ「埼玉・鳥取連続殺人事件もでっち上げ」で指摘してきたことばかりです。


日本の警察に協力した韓国の情報院に続いて今度はアメリカのFBIが協力してスパイ事件を造ったというわけです。


これで僕が指摘してきた「韓国の情報院やアメリカの捜査機関が日本の公安警察と結びついていて、スパイやテロリスト、テロ事件をでっち上げている」ということが証明できたでしょう。
(関連記事 サイドバー・カテゴリ「公安警察とCIAがテロ謀略」など)


10年6月9日の記事「大阪養女殺人事件もでっち上げ その3」の最後のほうに「警察はもうとことんでっち上げを続けるつもりですね」と書きましたが、まさか韓国の次にアメリカにこの事件に協力さするとは思いませんでした。







アメリカのロシア人スパイ事件の真相
スポンサーサイト

テーマ : 検察・警察の腐敗
ジャンル : 政治・経済

2010-06-30 : ■アメリカのロシア人スパイもでっち上げ : コメント : 0 : トラックバック : 0
世界の脅威の真実 北朝鮮のミサイル発射の真実 北朝鮮による核実験の真実・ パソコン遠隔操作事件の真実 ・木嶋佳苗の真実 ・上田美由紀の真実 ・外事警察の実態
Pagetop

田口八重子さんの情報の嘘 その4

このブログで去年の9月に「田口八重子さんの友人と名乗り出た人間は偽者だ」という指摘をしました。(関連記事 サイドバー・カテゴリ「田口八重子さんの情報の嘘」のすべての記事 サイドバー・カテゴリ「川口市の拉致事件の真相」)

今回はその続報です。

先ほどニュースを見ていたところ田口八重子さんが拉致されてから今日でちょうど32年ということで川口市の拉致被害者を救う会という感じの会が開かれたそうです。そしてこの会に偽者だと指摘した田口さんの友人だという「奈良好子」という人間が出席して当時の様子の新たな事実を話したそうです。

04年に自分が拉致当時の八重子さんを知っていると名乗り出てから実に6年も経ってから新たな証言をした。おかしいですね。
しかもその内容は八重子さんが拉致の直前にこの友人に対して「子供たちを預かってほしい」というお願いをしていたというものです。これって拉致に関する相当重要な情報のはずです。
こんな重要なことをなぜ6年も経ってから証言したのか。

絶対にこの友人というのも今回の新証言もでっち上げです。
これは拉致事件に関する関心が薄れかけている国民に対して拉致に対して興味を持たせるために公安警察がこの友人とされる人間をこのような会に出席させて新証言をさせたのです。
そしてもう一つ。このブログで僕が偽者だと指摘したことへの信憑性を失わせるため、そして僕に北のスパイとしての疑いをかけるためにもこのようなことを行わせたのです。

現に過去にも「数年も経ってから新たな重要な証言をする」というあり得ないことが起きています。
(関連記事 09年2月23日「田口八重子さん 新情報は嘘」 07年9月1日「あの似顔絵もでっち上げ」)



絶対にこの友人も偽者です。



テーマ : 北朝鮮問題
ジャンル : 政治・経済

2010-06-26 : ■田口八重子さんの情報の嘘 : コメント : 0 : トラックバック : 0
世界の脅威の真実 北朝鮮のミサイル発射の真実 北朝鮮による核実験の真実・ パソコン遠隔操作事件の真実 ・木嶋佳苗の真実 ・上田美由紀の真実 ・外事警察の実態
Pagetop

大阪養女殺人事件もでっち上げ その3

警察は埼玉・鳥取・宮城の事件に信憑性を持たせるために大阪養女殺人事件をでっち上げました。そして今度はこの大阪事件自体に信憑性を持たせるために警察は工作を行っています。


大阪の養女殺人事件で被害者という設定の宇野津由子が殺害前に「自分は保険金をかけられて狙われている」と警察に相談していたが、警察はこの相談の内容を記録しておらず、事件発覚後になって携帯電話の記録から宇野さんからの相談だったということがわかった。

という話を付け足したのです。


「そもそもでっち上げられた事件なのに、そこにわざわざ自分たち(警察)の失態をでっち上げて公表するなんてことがあるのか」と思ったかたがいるかもしれません。
国民にそう思わせるのが警察の狙いなのです。あえて自分たちのミスを公表すれば事件に信憑性を持たせることができて逆に都合がよくなるという狙いです。
大体この事件では既に事情聴取を受けていた養父が自殺するというとんでもないことが起きていているんですよ。そしたら次は警察が被害者の相談を無視していたという情報が出てきた。

もう馬鹿です。

何度も書いていますが、埼玉からはじまって鳥取・宮城・大阪・韓国の事件という共通点だらけの事件が次から次へと発覚するという警察にとって都合のいいことが起きた。さらにそれら一連の事件の中で警察は監視中に犯人に殺人を犯されたり(鳥取事件)、事情聴取を行っていた人間に自殺をされたり、被害者の相談を無視したり(大阪事件)、と失態だらけというあり得ない状態。

次から次へと都合がいい事件が起きること自体あり得ないのに、その一つ一つの事件の内容もあり得ないことばかり。そして最終的に見てみると実はそれら全部が僕を犯罪者に仕立て上げたり、事件に信憑性を持たせることができたり、警察にとって都合がいいものばかりになっている。

こんなことが現実にあるわけがないじゃないですか。

それと今回の情報は警察は被害者の相談の記録をしていなかったという設定にしたわけですから、相談の証拠が無くても「相談があった」ということにすることができるわけですから、またさらに都合がいい内容になっているのです。

警察はもうとことんでっち上げを続けるつもりですね。

このシリーズはサイドバー・カテゴリ「埼玉・鳥取連続殺人事件もでっち上げ」にあるのでまだ読んでいないかたは最初の記事から今回の記事までとおして読んでみてください。





テーマ : 検察・警察の腐敗
ジャンル : 政治・経済

2010-06-09 : 〇埼玉・鳥取連続殺人もでっち上げ : コメント : 0 : トラックバック : 0
世界の脅威の真実 北朝鮮のミサイル発射の真実 北朝鮮による核実験の真実・ パソコン遠隔操作事件の真実 ・木嶋佳苗の真実 ・上田美由紀の真実 ・外事警察の実態
Pagetop

北の軍事スパイと埼玉・鳥取・宮城・大阪事件

前回の記事で「今度は韓国の情報院が日本の公安警察のでっち上げのフォローをしている」という指摘がさらに裏付けられました。

4日に北朝鮮との全面戦争を想定した米韓連合軍事司令部の極秘軍事作戦計画を北朝鮮のスパイ(工作員)に渡していたとして韓国陸軍の現役少将が逮捕、取調べを受けているそうです。
この少将は数年前からこのような情報を第三者を通じて北に漏らしていたらしいです。韓国では現役の軍人がスパイ容疑で逮捕されたのは数十年ぶりで極めて異例なことだそうです。


警官の次は軍人がスパイ容疑で逮捕です。
鳥取・宮城の警官の次が自衛官という事件そのままになりました。


数十年ぶりのスパイ容疑での軍人の逮捕がこんなタイミングで起きた。
もう説明するまでもなくこの事件もでっち上げです。
というか埼玉から一連の事件が始まって、全ての事件がグッドタイミングで発覚しているわけです。
もうつくづく馬鹿らしくなってきます。

僕の地元の埼玉から事件が始まり、その事件をフォローするために鳥取→宮城→大阪→韓国警官→韓国軍人という具合に似たような事件を次々とでっち上げてきたわけです。

嘘を嘘を嘘を嘘を嘘を嘘で塗りかためてなんとしてでも自分たちがでっち上げてきた事件を真実であるかのようにしようとしているのです。


それと以前から気になっていたことがあるのですが、その話が現実味を増すような情報が最近出てきています。公安警察はまた新たに日本でスパイ話をでっち上げようとしている可能性があります。韓国でのでっち上げは、それ以前の日本での事件のフォローだけでなく、この話にも信憑性を持たせるためでもあったのかもしれません。これに関しては後日書くかもしれません。


最近このブログを読み始めたかたは今回の記事で僕がこのブログで訴えていることを理解していただけたのではないでしょうか。
この一連の事件以外にも僕を犯罪者に仕立て上げるためにスパイ、テロリストをはじめあらゆる事に関してあらゆるでっち上げが行われているのでこのブログを隅々まで読んでみてください。そして皆さんは警察が出す情報にだまされ続けていることを知ってください。そしてこのブログを周りの方たちに広めてください。






テーマ : 北朝鮮問題
ジャンル : 政治・経済

2010-06-05 : 〇埼玉・鳥取連続殺人もでっち上げ : コメント : 0 : トラックバック : 0
世界の脅威の真実 北朝鮮のミサイル発射の真実 北朝鮮による核実験の真実・ パソコン遠隔操作事件の真実 ・木嶋佳苗の真実 ・上田美由紀の真実 ・外事警察の実態
Pagetop
ホーム

プロフィール

Author:hikky37
前科0、海外渡航暦0の普通の日本国民

カテゴリー

カレンダー

05 | 2010/06 | 07
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2カウンター

blogranking.net

blogrank

FC2ブログジャンキー

「アクセス数が全然伸びない…」そんな悩みをブログジャンキーが解決します!

リンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。