アンナ・チャップマンとスパイ映画「ソルト」

6月の終わりにアメリカでロシア人スパイ11人が逮捕された。
これだけのスパイが一度に逮捕されるのは異例の事態。
そしてその中にはアンナ・チャップマンという美人ロシア人スパイがいて、マスコミからネット上まで話題になった。

そしてその事件の内容はどこをとっても矛盾だらけのあり得ない馬鹿げたスパイ事件。
(関連記事 カテゴリ「アメリカのロシア人スパイもでっち上げ」)

さらにその事件の内容は僕や家族をスパイにした場合の話にそっくりでもある。
(関連記事 ロシア・北朝鮮スパイ事件と日本の事件」などなど)



そして今度はそのロシア人スパイ逮捕劇のわずか1ヵ月後にはロシアの美人スパイの映画「ソルト」が日本で公開。

もうお分かりですよね。

アメリカでのロシア人スパイ事件をアピールするためにこの映画が造られたのです。

ネット上で、映画「ソルト」の公開と近い時期にロシア人美人スパイが実際に逮捕されていたため、映画の宣伝のためにあの逮捕劇が造られてのでは、ということを言っている方を見かけました。

しかしそれは全くの逆です。
事件のほうをアピールするために映画が創られたのです。


ロシア人スパイ事件を世間に強く印象付けるために、同じロシア人美人スパイが登場する映画があらかじめ用意されていて、そして近い時期に公開されたのです。

なんのために。
それはアメリカや韓国、そして日本の捜査機関にとってまずいことを告発している僕をスパイに仕立て上げやすくするためです。
(関連記事 アメリカ サイドバー・カテゴリ「公安警察とCIAによるテロ謀略」   
韓国 08年5月26~29日、6月10日~24日の記事などなど)


裁判沙汰になったときに日本の捜査機関が有利なるように、FBIはまず僕や家族のスパイ話を造るとすると、それにそっくりになるロシア人スパイ事件をでっち上げておいた。
そういうスパイ事件が実際に存在したという「既成事実」があれば、僕や家族をスパイに仕立て上げやすくなりますし、世間もそのスパイ話を信じやすくなり、捜査機関は周囲の人たちを味方に付けることも出来ます。

そこにでっち上げられたスパイ事件に似ている映画を公開して、さらに世間がスパイ事件を信じやすくなるような状況を造ろうとしているわけです。
これによって捜査機関は周囲だけでなく日本国民全体を味方につけやすくなって、またさらに有利に立てるわけです。

アンナ・チャップマンのこの写真と
ロシアスパイ・アンナチャップマン

「ソルト」のポスターと雰囲気そっくりじゃないですか。
ということはこの写真は映画につなげるために撮影されたものということです。

さらにこの「ソルト」では詳しい内容はよくわからないのですが、どうやら主人公は「まるで自分からスパイであることをアピールしているかのような」という感じの役らしいです。
アンナ・チャップマンの場合もスパイのアピールはしていませんが、自分からSNSに自分の写真を載せたり、ロシアに対する望郷の念を語ったり、メディアの取材に応じたりして自分の存在をアピールしている点。

この点でも共通しています。

そしてこれでカテゴリ「アメリカのロシア人スパイ事件もでっち上げ」の中の「アンナチャップマン ロシアの美人スパイもでっち上げ」で書いた内容と話がつながりました。
やはりチャップマンはどこかそこら辺のただの女優かなんかだったわけです。
そして全てFBIが演技させていたわけです。


これらのことが偶然に起きたなんてことはあり得ません。

こんなに都合がいいことは意図的にやらなければ絶対に起き得ません。


ロシア人スパイ事件と「ソルト」、この二つははじめからセットだったということです。


映画関係者のかたたちの名誉のために書いておきますが、もちろん関係者のかたたちはこんなことに利用されているなんて知っているわけがありません。
こんなこと知っていたらはじめから造らなかったはずです。
知らずに巻き込まれているだけです。
万が一このブログを映画関係者のかたが見た場合、このようなことを書かれるのは嫌なのはわかっていますが、自分たちの無実を証明するために仕方なく書きました。













スポンサーサイト

テーマ : 検察・警察の腐敗
ジャンル : 政治・経済

2010-07-31 : ■アメリカのロシア人スパイもでっち上げ : コメント : 2 : トラックバック : 0
世界の脅威の真実 北朝鮮のミサイル発射の真実 北朝鮮による核実験の真実・ パソコン遠隔操作事件の真実 ・木嶋佳苗の真実 ・上田美由紀の真実 ・外事警察の実態
Pagetop

警察は僕を試していた?

事件や事故がでっち上げられてきた理由としてもう一つの可能性があります。

それは「警察が僕や家族を試すためにでっち上げていた」という理由です。

僕や家族に関連しそうなスパイやテロ関連の事件や事故、情報を造り上げてそれを公表することによって、こちらの様子を伺っていたという感じです。

警察ははじめのうちはこう考えていたのではないでしょうか。
僕を北朝鮮のスパイやアルカイダなどのテロリストの疑いを持っていた。
ということをは僕の家族もその可能性がある。
しかしそれらを証明する証拠が何一つ出てこない。
かといって強引に逮捕するわけにもいかない。

そこでまず、普段から自宅上空や行く先々に自衛隊機や様々な航空機で現れて監視されていることを僕らに印象付ければ、僕らが精神的に追い詰めてなんらかの行動を起こすと考えた。
なんらかの行動とは、例えば監視されていることを知った僕らが恐れて逃亡したり、あるいは他のスパイやテロリストと連絡を取るかもしれない。
最悪なんらかのテロ活動を起こそうとするかもしれない。
そして警察にとって一番いいのは僕らが観念して警察に自主する、ということも考えられるわけです。

しかしいくらやっても僕らがなんの反応も示さない。

そこでどうするか。

今度はそこへ警察による拉致事件やスパイやテロ関連の捜査が進展したことを見せる。
そうすれば完全に精神的に追い込まれて僕らが何らかの行動を起こすと考えた。

しかし結局これでもなんの反応も示さなかった。
反応を示さないどころか、僕がこのブログでそのことの告発まで始まった。

今度は警察自身のほうが精神的に追い込まれ、事件や事故・情報を連発するようになってしまった。


という感じで事件や事故・情報がでっち上げられてきた可能性もあります。


実はこれは最近気づいていた理由なのですが、今までこのブログでは散々「警察は僕らをスパイやテロリストに仕立て上げるために事件や事故、情報をでっち上げている」と書いてきていたので、今更書こうかどうか迷いましたが書いておくことにしました。

しかしこれを証明する明確な証拠もないので、これも数ある理由の中の一つです。






テーマ : 検察・警察の腐敗
ジャンル : 政治・経済

2010-07-29 : ◇警察がでっち上げを行う意図 : コメント : 2 : トラックバック : 0
世界の脅威の真実 北朝鮮のミサイル発射の真実 北朝鮮による核実験の真実・ パソコン遠隔操作事件の真実 ・木嶋佳苗の真実 ・上田美由紀の真実 ・外事警察の実態
Pagetop

公安が事件や事故をでっち上げる意図 その2

そして事件や事故がでっち上げられる理由で、2つ目に考えられる意図として、これも以前説明しましたが、僕が訴えを起こす前に逮捕して口封じをする「国策捜査」のために事件や事故をでっち上げている可能性です。(関連記事 10年7月16日「公安による国策捜査」)
僕が訴えを起こす前、あるいは起こす直前に、あらかじめでっち上げておいた事件や事故を利用して、僕らを逮捕して口封じをするためにでっち上げている可能性があるわけです。


3つ目として考えられるのは、僕に訴えを起こさせないためにでっち上げている、という可能性です。
公安は僕に「訴えてもこれだけ自分たちに疑いがかかる事件や事故があったら、訴えても勝てない」と思わせるためにでっち上げている可能性もあります。
次から次へと事件をでっち上げて、僕に訴えを起こすことを思いとどまらせようとしていることも考えられます。


最後に考えられるのは、警察が裁判で負けたときのためです。
捜査側が裁判で負けても、僕や家族に疑いをかけられる事件や事故が数多くあれば、結果的にこういうことになります。
「事件や事故と結びつける明確な証拠はないが、これだけの事件や事故があいつらの周辺で起きているのだから、あいつらは実際にはスパイ・テロリストだ」という具合に国民に思わせることができます。

そして警察は裁判で負けて本来なら国民から一方的に浴びるはずの批判を、僕らの方へ向けさせることができます。
こうなれば極端な話、警察への支持や同情すら生まれる可能性だってありますから。
そうなれば警察は相当助かることになるわけです。




以上が僕や家族の周辺で僕らをスパイやテロリストとしての疑いをかけられそうな事件や事故が頻発している理由として考えられます。
とにかく僕らに疑いをかけられる事件や事故が多くあればあるほど色々なことができて、捜査側にとっては都合がいいわけです。


※前回記事の中段あたりの「そこで日本の公安は・・・ を造ったわけです。」という部分が説明不足だったので少し文章を足しておきました。


(関連記事 サイドバー・カテゴリ「埼玉・鳥取連続殺人事件もでっち上げ」「公安警察とCIAがテロ謀略」「アメリカのロシア人スパイもでっち上げ」「ロシア・北朝鮮スパイ事件と日本の事件」「ブログでテロ・スパイ指令?」「僕が無実である決定的な証拠」などなど)







テーマ : 検察・警察の腐敗
ジャンル : 政治・経済

2010-07-28 : ◇警察がでっち上げを行う意図 : コメント : 1 : トラックバック : 0
世界の脅威の真実 北朝鮮のミサイル発射の真実 北朝鮮による核実験の真実・ パソコン遠隔操作事件の真実 ・木嶋佳苗の真実 ・上田美由紀の真実 ・外事警察の実態
Pagetop

事件や事故がでっち上げられる意図 その1

僕や家族の周辺で僕らをスパイやテロリストして疑いをかけられそうな事件や事故が頻発している本当の理由として、考えられる例をいくつか挙げてみました。
以前からこのとこに関しては「公安によるでっち上げだ」と書いていますが、一つの記事として具体的に書いたことが無かったので今回書いておきます。


まず一つ目です。

以前も同じことを書きましたが、警察は僕が訴えてきたことが裁判沙汰になった場合、普通にいけば負けるわけです。
なのでなんとかして僕に対抗するために、あらゆるパターンを考えているはずです。

そしてそのあらゆるパターンで有利に立つために、僕や家族にスパイやテロリストの疑いをかけやすくするために、とにかく数多くの既成事実を造っておこうとしている可能性があります。

それが今まで僕がでっち上げだと訴えてきた事件や事故なのです。

そうしておけば捜査側は裁判になったときに、「これらはお前たちがやったことだ、お前らはスパイ・テロリストだ」という具合に自分たちが有利な立場に立てる可能性が出てきます。

しかし捜査側が裁判でこのような展開にするためには、一つ最大の問題点があります。
もう何度もブログで指摘してきましたが、それは警察がこの事件や事故がおきていた10年近く、僕らを監視し続けていたという事実です。そしてその間に僕はこうして自分たちがスパイやテロリストに仕立て上げられていることを訴えるブログを書いている事実です。

この状況の中で僕や家族がスパイ・テロ、そして何らかの犯罪を犯すことはあり得ませんし、こんな内容のブログを書き続けていられるわけがありませんから。

そこで日本の公安はこれらの矛盾をごまかすために、同じくこのブログでまずいことを告発されている米韓の捜査機関に協力を要請してスパイ事件をでっち上げさせたのです。それが例の韓国での北朝鮮人スパイ事件とアメリカでのロシア人スパイ事件なのです。
あれらの事件ではFBIが7年以上もスパイたちを監視していたのに、その間にスパイたちは情報を盗んだり、マネーロンダリングをしていたということにされています。さらにアンナチャップマンはSNSをやっていたり、メディアの取材を受けていたということにされています。また軍事情報が盗まれたりもして僕らが置かれている状況とそっくりの「既成事実」を造ったわけです。

しかしやはりこれらのスパイ事件でもごまかしきれない可能性もあります。
なにしろ僕らの場合は06年に関係箇所が家宅捜索を受けたり、警察の監視だけでなく自衛隊機まで登場していますから。それとこのブログもチャップマンのSNSと違い、完全に警察に摘発される内容になっていますから。
なのでごまかせない可能性は相当高いです。


そこでごまかせない雰囲気があった場合、捜査側はこういうことにする可能性が考えられます。


警察は「はじめから監視などしていなかった」ということにしてしまうことです。

そして裁判ではこういうのです。
「監視や捜査などしていない。監視どころかおたくら(僕ら一家)の存在すら知らなかった。なので当然ブログの存在も知らない」
そして「06年に僕が通っていた歯科医院や、僕が働いていた会社の関連会社が家宅捜索を行ったのもたんなる偶然」、さらに「自衛隊機が自宅の真上や周辺を通過していくことも全て単なる偶然」

とすることによって最大の問題を解消できます。
というかこうでもしない限りごまかせないはずです。


そしてそうしておいてさらにこういうことを言うのです。
「裁判沙汰になってからおたくらの周辺を調べてみたら、過去にこういう事件や事故が起きているじゃないか。これらは全てお前らの仕業だろ。お前らはスパイ・テロリストだ」

という具合にでき、有利に立てる可能性があります。


そのために現在、国内外のあちらこちらで僕らに関係しそうな事件や事故が起きていて、それを公安をはじめ米韓の捜査機関などがでっち上げているのです。


(関連記事 サイドバー・カテゴリ「埼玉・鳥取連続殺人事件もでっち上げ」「公安警察とCIAがテロ謀略」「アメリカのロシア人スパイもでっち上げ」「ロシア・北朝鮮スパイ事件と日本の事件」「ブログでテロ指令?」「僕が無実である決定的な証拠」などなど)





テーマ : 検察・警察の腐敗
ジャンル : 政治・経済

2010-07-27 : ◇警察がでっち上げを行う意図 : コメント : 0 : トラックバック : 0
世界の脅威の真実 北朝鮮のミサイル発射の真実 北朝鮮による核実験の真実・ パソコン遠隔操作事件の真実 ・木嶋佳苗の真実 ・上田美由紀の真実 ・外事警察の実態
Pagetop

秩父防災ヘリ墜落事故と僕の家族

今回書くことは僕や家族がスパイやテロリストでないことを証明するために仕方なく書いていることです。今回の記事はこの事故が偶然のものであった場合とんでもなく不謹慎で卑劣な記事ということになってしまいますが、自分や家族の無実を証明するために仕方なく書きます。ご理解ください。


事故の内容。
25日に埼玉県秩父市大滝で遭難した登山者の救助を行っていた埼玉県の防災ヘリ「あらかわ1号」が墜落して、操縦士や救助隊員7名のうち5名が亡くなった。
助かった隊員の話によると「当時現場の天気は悪くなく、風も弱かった。墜落中にヘリからバタつくような音を聞いた」らしい。
このあらかわ1号は99年から運用されていたが、このような事故は今まで一度も無かった。


このブログを以前から読んできてくださったかたの中にはこの秩父での防災ヘリ墜落事故が起きたと同時に、僕のことを思い浮かべたかたは多いと思います。
最近読み始めた方のために説明しますが、僕はこのブログに何度もこの防災ヘリやこのヘリが離発着している空港に関して書いています。
自分の家の真上やいく先々に現れるヘリやセスナに関して「これは僕に対する脅迫だ」と何度も書いてきました。
(関連記事 09年2月18日「○○エアポートは僕を訴えることができるのに」08年12月23日「防災ヘリが威嚇」など)

僕がブログでこのような記事を書いたヘリや空港が関わる事故が起きた。


このブログを読んできた方たちはこの事故が起きたときに直ぐにこのブログの確認をしたかたもいるかと思います。

そしてこのようなこを考えたでしょう。

「僕が脅迫に対する報復のために、ヘリの機体になんらかの細工をして墜落させた」というテロ話
そしてそうやって僕にテロリストやスパイとして疑いをかけるために何者かによって起こされた事故。

しかし実はブログで「脅迫だ」と批判したこと以外にもこの事故で僕や僕の家族に疑いをかけるための絶好の状況があるのです。
僕の家族はここ2ヶ月くらい、ある趣味のために、この空港の直ぐそばを頻繁に通過していたのです。
そしてこの事故の前日にもこの空港の直ぐそばを通過していて、そしてなんとこの墜落した防災ヘリ自体が訓練をしている風景を近くで目撃していたそうです。
そして僕自身も6月の初めころ一度この趣味を行っていた家族を迎えに空港の入り口辺りに行ったことがあります。

こんな状況の中で、今まで一度も無かった事故が起きた。

もう僕がブログで訴えてきたことを考えれば僕がなにを言いたいかわかりますよね。
事故が本当に偶然だった場合を考えてこれ以上は詳しくは書きませんが。

ちなみにブログの中の防災ヘリや空港に関する記事で、具体的な機体名や会社名や一部の画像を削除してありますが、これは地元の人とこれ以上こじれないようにするために4ヶ月ほど前に既に削除してあったものです。
今回の事故が原因で削除したわけではありません。


次回はこれらの事故や事件の警察の意図に関して書きます。





テーマ : 検察・警察の腐敗
ジャンル : 政治・経済

2010-07-26 : ★ブログでテロ・スパイ指令? : コメント : 1 : トラックバック : 0
世界の脅威の真実 北朝鮮のミサイル発射の真実 北朝鮮による核実験の真実・ パソコン遠隔操作事件の真実 ・木嶋佳苗の真実 ・上田美由紀の真実 ・外事警察の実態
Pagetop

金賢姫の異常さ

今回書くとことはもうニュースで散々やっていて皆さんもわかっていることなのでいちいち書くようなことでもありませんが、改めて見てみるとやはりどう考えてもめちゃくちゃです。

あれが114人の人間を殺害した人間に対する待遇なのですか?

あれが10年近くも大批判してきた日本人拉致をした北朝鮮の工作員の仲間に対する待遇なのですか?

そしてあの金賢姫(キム・ヒョンヒ)元死刑囚の表情が114人も殺害して、現在でも韓国中から恨みを買っている人間の表情ですか?
あの女は114人も殺害した上に、特赦で釈放されてなんの罪も償っていない人間ですよ。
もう本来なら自ら死んで侘びようとするくらいのはずの立場なのです。
そんな人間があんな平和な表情を浮かべられるのですか?


もう今回の来日の内容は信じられないことだらけです。


それとこれも今まで散々言われてきたことになりますが、自ら死んで詫びようとしてもおかしくないことをした人間なのに、結婚をしてしまっている。

さらには韓国のどこかの郊外を穏やかな表情をして散歩している映像も見た事があります。

もうめちゃくちゃです。


こんなことって現実にあり得るのでしょうか。





テーマ : 北朝鮮問題
ジャンル : 政治・経済

2010-07-23 : ■スパイ・北朝鮮関連記事 : コメント : 1 : トラックバック : 0
世界の脅威の真実 北朝鮮のミサイル発射の真実 北朝鮮による核実験の真実・ パソコン遠隔操作事件の真実 ・木嶋佳苗の真実 ・上田美由紀の真実 ・外事警察の実態
Pagetop

ロシア・北朝鮮スパイ事件と日本のスパイ事件 まとめ

今まで何一つ事件として表にできていないことを、一方的にスパイ話だとして説明してきて、さらにその話がスパイ事件としてはあり得ないことだらけだと、一方的に証明してきました。
読んでいる方は何がなんだかわからなかったと思います。

しかしこの日本の有名人が登場するスパイ話が、あり得ないスパイ話だということだけはわかっていただけたと思います。

ということはこの話にそっくりなあのロシア人スパイ事件もあり得ない事件だったということにもなるわけです。

ではなぜアメリカであり得ないスパイ事件が発覚したのか。

さらにそのあり得ないロシア人スパイ事件のひと月前に韓国で発覚していた北朝鮮スパイ事件。

どちらの事件も「初めて」、あるいは「数十年ぶり」という珍しいスパイ事件とうい共通点がある事件がわずか一月の間に発覚した。

これも偶然のわけがありません。
どちらもでっち上げです。

ではこれらは一体なんのためにでっち上げられたのか。
なにか意図がなければこんなにおおがかりな事件をでっちあげるわけがありません。

それは日米韓の捜査機関にとってまずいことを書いている僕を口封じのためにスパイに仕立て上げて逮捕するためにでっち上げたのです。

日本でスパイ事件をでっち上げて僕を逮捕して、そのスパイ事件に信憑性を持たせるために前もって米韓の捜査機関がスパイ事件をでっち上げたのです。


これがロシア・北朝鮮スパイ事件の真実で日本でスパイ話が造られている証拠なのです。


テーマ : 検察・警察の腐敗
ジャンル : 政治・経済

2010-07-21 : ■露・北スパイ事件とJリーグスパイ事件 : コメント : 2 : トラックバック : 0
世界の脅威の真実 北朝鮮のミサイル発射の真実 北朝鮮による核実験の真実・ パソコン遠隔操作事件の真実 ・木嶋佳苗の真実 ・上田美由紀の真実 ・外事警察の実態
Pagetop

日本のスパイ話もあり得ないことだらけ

ここまで日本での有名人が登場するスパイ話に関して散々書いてきましたが、結局こんな事件もあり得ないのです。話の内容から背景にいたるまで全てあり得ないのです。

もう馬鹿丸出しのスパイ話なのです。


まずスパイ話の内容の矛盾点です。
これはロシア人スパイのアンナチャップマンの時にも説明しましたが、有名人がスパイをするなんてあり得ないのです。
とくにこの日本でのスパイ話に登場する有名人は、アンナチャップマンなんか比べ物にならないくらいの「超」が付くほどの有名人です。

そんな有名人だから、どこへ行っても「あ、○○だ」とそこらじゅうの人にばれるてしまうわけです。また有名人なので、週刊誌などにプライベートを撮られている可能性があるわけです。

マスコミから一般人までに見られている中でどうやってスパイ活動などするというのか。

なんでわざわざそんな人間がスパイなどしなければいけないのか。

これじゃまるでスパイ活動を宣伝するために雇われたようなものじゃないですか。

またさらに。
このスパイ話を成立させるには、有名人がいた会社や、その系列会社にいたるまで様々なところに協力させないと成立しない話なのです。とういことは、物凄い数の人間がかかわっていることになり、あらゆるところに人脈があって、そして相当な権力を持っていなければ成立しないわけです。
それができたということはもう既に、権力、組織力、人脈は出来上がっているわけです。

だったらもうこの組織だけで十分スパイ活動ができているはずなのです。これらの組織と人脈だけで十分スパイ活動ができているはずなのです。

そこへなんでわざわざあんなに目立つ有名人をスパイとして活動させなければならないのか。
これではスパイ組織がせっかくそこまで確立させた権力や組織をわざわざ自滅させるために有名人をいれたようなものじゃないですか。


ここからはスパイ話の背景の矛盾点です。
これは今まで同じことを何度も書いますが、06年の1月に僕が関係していたところ2箇所が家宅捜索を受けているわけです。
(関連記事 07年6月23日「B事件=ミサイル情報漏洩事件」 07年5月28日「僕が通っていた病院について」など)

もし僕がスパイなら、自分がスパイであることが警察にばれていることは明らかなわけです。
さらに警察は僕だけでなく、僕の家族、そして家族が関係しているところもすべて監視されていることもわかるわけです。

さらにこの件では警察だけでなく自宅の真上や周辺を自衛隊機がバンバン通過しているのだから、もう警察だけでなくあらゆるところに僕のことが知れ渡っていることは明白なわけです。

こんな派手な状況は僕の家族をはじめ、あの有名人などのスパイの仲間たちも当然そのことは知っているわけです。

そんな中でスパイ活動を続けていたのいうのか。

またさらにそんな状況の中で、僕は3年以上にも渡ってブログで警察のあらゆることをでっち上げだと告発しているというのか。

なんなのですかこのむちゃくちゃな話。

今回書いた矛盾点はあくまでも現在わっかっていることだけで検証したものです。もっと詳しく調べればさら矛盾が出てくるでしょう。

このスパイ話の内容自体、そしてその背景にいたるまであまりにも馬鹿げている話なのです。
これが有名人が登場するスパイ話なのです。




テーマ : 北朝鮮問題
ジャンル : 政治・経済

2010-07-18 : ■露・北スパイ事件とJリーグスパイ事件 : コメント : 2 : トラックバック : 0
世界の脅威の真実 北朝鮮のミサイル発射の真実 北朝鮮による核実験の真実・ パソコン遠隔操作事件の真実 ・木嶋佳苗の真実 ・上田美由紀の真実 ・外事警察の実態
Pagetop

公安によるスパイ話の環境づくり

今回の記事も具体的に書くことができませんが、警察が汚いことをやっていることはわかっていただけると思います。


前回の記事で、国策捜査の例として、その被害者は「身に覚えのない罪で逮捕されて有罪となった」といことを書きました。

ということは警察は「身に覚えのない罪」を造り上げることができることが証明されたわけです。

実は僕の家族とつながりのある有名人に、スパイとして疑いがかけられるような環境になる少し前に、有名人の職場でも、この「身に覚えのない罪」でつかまり有罪になった人がいたのです。
そしてその後にこの職場であの有名人のスパイ話を造れそうな環境が出来上がっているのです。



これが偶然だと思いますか?
今まで公安がやってきたことからすれば偶然でないことはもうわかると思います。



こういうことです。
公安はまずその会社の中からターゲットになる人を選んで、そして身に覚えのない罪をでっち上げてその人を逮捕した。
その有罪になった人がいた会社からすれば、自分たちの社員が不祥事を起こしたことになり、警察には頭が上がらなくなってしまったわけです。
公安はその立場を利用してこの会社に付け入ったのです。
そしてあの有名人のスパイ話を作れそうな環境になるように会社側に働きかけたのです。
警察が直接働きかけたかどうかはわかりませんが、とにかく会社側の足元を見て、「こういうことをしてくれないか」という感じで半分命令を行ったのです。


そして結果として出来上がったのが有名人にスパイの疑いをかけられる環境だったのです。



さらにそのことが裏付けられる事実があるのです。
この会社では他の会社よりもあることが大げさなのです。その大げさなものは、世間にスパイ話をアピールするには好都合なものなのです。



またさらに調べてみると、この会社の系列会社にも、最近「不祥事」が多いことがわかりました。

このスパイ話は系列企業も巻き込まないと成立し得ない話なのです。



もうこれで警察がその会社に付け入って自分たちの都合のいい環境を造ろうとしたことは確実です。



それとその会社の名誉のために言っておきますが、その会社からすれば警察からの差し金が、よもやスパイ話を造るための工作だとは知らないはずです。というかそれがなんらかの汚いことだと全く知らずにやっていたはずです。なぜならその工作は誰が見ても悪いことだとは思わないような普通の内容ですから。


こうやって公安警察は今回のスパイ話を造れる環境を自ら造り上げたのです。
状況からいって間違いありません。


そしてこれが公安が現在進めているスパイ話の始まりであり、この話がでっち上げである証拠となる事実です。



次回もこのシリーズに関して書きます。





テーマ : 検察・警察の腐敗
ジャンル : 政治・経済

2010-07-17 : ■露・北スパイ事件とJリーグスパイ事件 : コメント : 0 : トラックバック : 0
世界の脅威の真実 北朝鮮のミサイル発射の真実 北朝鮮による核実験の真実・ パソコン遠隔操作事件の真実 ・木嶋佳苗の真実 ・上田美由紀の真実 ・外事警察の実態
Pagetop

公安による国策捜査

このブログの読んでいる方の中には「僕がこれだけのことをされていて、さらに無実の証拠があるのだから、早く警察を訴えればいいじゃないか」と思われる方がいるかもしれません。
(関連記事 サイドバー「僕が無実である決定的な証拠」の中の全ての記事 サイドバー「警察が僕を逮捕抱きない理由などない」)

なんでその状況でその人が有罪になるんだ、という裁判をたまにドキュメンタリー番組などでやっていますよね。僕の場合もそうなる可能性がないとは言い切れません。

それともう一つ訴えられない理由が「国策捜査」というものです。

警察や検察は政治的意図や世論の動向などによって捜査を行って逮捕をしたりすることを「国策捜査」といいます。
これは政治的な意図だけでなく警察や検察自身の立場がまずくなった時にも行われることがあります。自分達の立場がまずくなるとそれをごまかすために意図的に捜査や逮捕を行うことがあります。

警察がこれを僕に対して行う可能性があるから訴えを起こせないのです。
これだけおおごとになっているのですからその可能性が高いわけです。

国策捜査の例として。
今年の5月頃だったでしょうか、元検察官のかたが検察の裏金問題をマスコミに告発しようとしていたところ身に覚えの無い罪で突然逮捕され、裁判で有罪になったというドキュメンタリー番組をやっていました。
この事件ではマスコミ側が国策捜査であるのは間違いないと言って元検察官の味方についているぐらいですから、もう間違いなく国策捜査だったわけです。

他にも、ある経済学者の方が、あるインサイダー取引に関する調査を行っていたところ、突然痴漢容疑で逮捕されてしまったという事件もありました。しかしその方の場合も同業者などが味方についてこれは国策捜査だということを訴えています。中にはネット上に顔まで出してその経済学者の方と対談を行っている例もあります。ということはこの事件も国策捜査が濃厚ということです。というか絶対にそうです。

当然ですがどちらの被害者も裁判で罪を否認して、国策捜査であることを訴えましたが、結局全く聞き入れられず有罪になってしまったわけです。

このようなことを警察が行ってくることが怖くて訴えを起こせなかったのです。

そして現在、実際に警察がこの国策捜査を行おうとしているのです。
それが前々回の記事から説明している有名人が登場するスパイ話なのです。
この話を利用して国策捜査を行おうとしているのです。

上に書いた2つの国策捜査のように、僕が正式に訴えを起こす前に有名人が登場するスパイ話を利用して僕を逮捕しようとしているのです。

このブログで告発してきたことで僕に訴えを起こされた場合、警察は普通に裁判を行った場合負ける可能性が極めて高いわけです。
そしてこの裁判でまずい立場に立たされるのは日本の捜査機関だけでなく、米韓の捜査機関も同じなわけです。
そこで日米韓の捜査機関が協力して、スパイ事件を次々とでっち上げ、僕に訴えを起こされる前にスパイ事件を利用して僕を逮捕しようとしているわけです。

要するに口封じのために僕をスパイに仕立て上げ逮捕しようとしているわけです。

これが今回の5月の終わりから6月の終わりまでの、わずかひと月の間に韓米で発覚したスパイ事件の真実で、その間に同時進行していた日本でのスパイ話の真実なのです。




前回の記事の最後に「(というかこの有名人のスパイ話を造れそうな状況は公安自身が造ったものです)」ということを今回の記事で説明すると書きましたが、今回の話が少し長くなってしまったので次回に回すことにします。申し訳ありません。公安がいかに汚い組織であるかがわかる事実なのです。






テーマ : 検察・警察の腐敗
ジャンル : 政治・経済

2010-07-16 : ■露・北スパイ事件とJリーグスパイ事件 : コメント : 0 : トラックバック : 0
世界の脅威の真実 北朝鮮のミサイル発射の真実 北朝鮮による核実験の真実・ パソコン遠隔操作事件の真実 ・木嶋佳苗の真実 ・上田美由紀の真実 ・外事警察の実態
Pagetop

ロシア・北朝鮮スパイ事件と日本のスパイ事件 その2

このブログの08年5月26~29日、6月10日~24日の記事などのように、僕はアメリカだけでなく韓国の捜査機関にとってもまずいことを告発しています。
要するに僕は米韓の捜査機関にとってまずいことを告発しているわけです。



アメリカでロシア人スパイ事件が発覚した同月の6月4日と前月5月23日には韓国で北朝鮮のスパイが逮捕されています。
(関連記事 10年5月24日「北の女スパイと埼玉・鳥取・宮城・大阪事件」、6月5日「北の軍事スパイと埼玉・鳥取・宮城・大阪事件」)
そして6月5日のほうの事件では、軍人がスパイ活動にかかわっていて逮捕されました。

これでこの韓国でのスパイ事件でも日本のスパイ事件との共通点ができたわけです。



日本のスパイ話では、ある国のスパイが自衛隊の情報を盗んでいる。
韓国での北朝鮮スパイ事件でも軍人から情報を盗んでいる。
どちらも軍事関係の情報が盗まれた事件ということです。




韓国でのスパイ事件とアメリカでのスパイ事件が起きている最中に日本で僕に疑いがかかるようなスパイ事件の進展があった。
そして米韓のスパイ事件と日本のスパイ事件の内容は共通点ばかり。

米韓のスパイ事件は日本の公安警察が、僕をスパイに仕立て上げやすくするために造られた「既成事実」だったわけです。
米韓が前もって多くのスパイ事件を広めておいて、そしてその後に日本でそれらのスパイ事件と酷似しているスパイ事件をでっち上げて僕に疑いをかければ事件に信憑性が出ますから。

日米韓が共謀して自分たちにとってまずい人間をスパイに仕立て上げて口封じをするためにでっち上げられたスパイ事件だったのです。

日本の捜査機関は僕に対して取調べや裁判で「ほら海外でこんなスパイ事件が起きている。これにそっくりなお前たちの状況もスパイ事件だ」と、スパイ事件に仕立て上げやすくなります。
国民にも「なんだ、日本でも同じようなことが起きていたんだ」と思わせることができ、いくら矛盾だらけの事件であっても、それに対する疑問を沸かせないようにすることができますから。


これらのことが信じられない方のために。
アメリカでのこれだけ大勢のロシア人スパイが一度に逮捕されたケースは初めてということになっていました。異例のスパイ事件だったということです。みなさんもこんなニュース恐らく初めて見たのではないでしょうか。
さらに韓国の6月4日のほうの事件では韓国の軍人がスパイにかかわっていたとして逮捕されましたわけですが、そのように韓国で現役の軍人がスパイ容疑で逮捕されたのは数十年ぶりだったらしいです。

どちらの国の事件もかなりめずらしいケースのスパイ事件だったということになります。
この珍しいスパイ事件がわずか一月の間に発覚した。


もうこれだけで完全に怪しいことはお分かりいただける思います。
わずか一月の間にめずらしいスパイ事件が発覚して、その間に日本では僕に疑いがかかるスパイ話が進展していたなんて、偶然のわけがありません。


これで皆さんにもなんとなく信憑性が沸いてきたかもしれません。


僕は確信しています。
世間では今回のロシア人スパイ事件はロシアに対する牽制だった、みたいなことになっていますが、実際にはそうではなくこれが目的だったのです。



次回は「国策捜査」に関して書きます。
そして前回の記事の中段あたりに書いた「(というかこの有名人のスパイ話を造れそうな状況は公安自身が造ったものです)」に関して書きます。
とんでもなく汚いことが行われています。



テーマ : 検察・警察の腐敗
ジャンル : 政治・経済

2010-07-15 : ■露・北スパイ事件とJリーグスパイ事件 : コメント : 0 : トラックバック : 0
世界の脅威の真実 北朝鮮のミサイル発射の真実 北朝鮮による核実験の真実・ パソコン遠隔操作事件の真実 ・木嶋佳苗の真実 ・上田美由紀の真実 ・外事警察の実態
Pagetop

ロシア・北朝鮮スパイ事件と日本のスパイ事件 その1

前置きです。
今回からの記事はまだ何一つ事件として表に出てきていないものを僕が一方的にスパイ事件と言っているだけなので、読んでいる方は「何だこれ」と思うかもしれませんが、とりあえず暇つぶしのつもりで最後まで読んでください。
それと少しでも詳細に書いてしまうと登場人物が誰なのか簡単にわかってしまい、その人に大変な迷惑をかけてしまうので、物凄く大雑把にしか書けません。ご了承ください。

それとサイドバー・カテゴリ「公安警察とCIAがテロ謀略」の3つの記事のように、僕は以前にアメリカの捜査機関にとって都合が悪くなることを告発した人間だということを前提で読んでいただけると話に信憑性が出ると思います。



本題です。
このブログの10年6月5日の記事「北の軍事スパイと埼玉・鳥取・宮城・大阪事件」の中で「公安警察はまた新たに日本でスパイ話をでっち上げようとしている可能性があります。後日書きます」ということを書きました。

今回はそれについて書きます。

僕は自分が公安警察からスパイやテロリストに仕立て上げられているせいで、普段から自分や家族など、周囲にスパイやテロリストとして疑いをかけられそうなことが起きていないかを気にしています。
そうしている中で、一つ気になることを見つけたのです。それが上に書いた「公安警察はまた新たに・・・」なのです。

ある有名人の周囲でスパイ話を造れそうな状況があったのです。「超」が付くほどの有名人です。
そしてその有名人と僕の家族があることでつながりがあるのです。つながりといっても直接つながっているわけではなく、「ある場所」を通じて間接的につながりがあるだけです。

もちろん10年も僕ら一家を監視している公安はそんなことは知っています。

ということはそのスパイ話を造れそうな有名人と、十年も前からスパイに仕立て上げられている僕の家族につながりがあるということは、公安はさらに僕ら一家にスパイの疑いをかけやすくなるというわけです。
(というかこの有名人のスパイ話を造れそうな状況は公安自身が造ったものです 後日書きます)

僕はこのことに1年位前から気づいていたのですが、最近になってさらにスパイ話として疑いをかけられそうな進展が次々と出てきたのです。

そしてこれらの進展を合わせるとこのようなスパイ事件を造ることができるのです。

現在僕や家族は北朝鮮のスパイに仕立て上げられているわけです。
そして一見僕や家族とは全く関係ないように見えるある有名人は、自分の職場である国のスパイと接触して情報のやり取りを行っている。
またある国のスパイは他にもいて、自衛隊の情報を盗んだりもしている。
そしてその有名人は「ある場所」にその情報を伝え、僕の家族は「ある場所」でその情報を聞いて情報のやり取りを行っている。
結局一見全く関係ないように見えるこれらの人たちは実は大きなスパイ団だった。
また有名人は海外にもよく行き、そこでもスパイ活動を行っている。
僕を含めたスパイ団は日本や世界で活動を行っている大規模スパイ団だった。

と言う話が出来上がるのです。
(実際には話はもっと細かく具体的です)


そしてこのこのような状況を気にかけているうちに、あのアメリカでのロシア人スパイ事件が起きたのです。


実はこのロシア人スパイ事件と僕が置かれている状況や僕が説明した日本のスパイ話の内容が酷似しているのです。


これらの酷似点です。


まず僕は10年ほど前からスパイに仕立て上げられ公安警察から監視を受けています。
ロシアスパイ事件も7年以上前からFBIが監視をしていたことになっています。
どちらも長期間の警察の監視がある。


僕はネット上に自分が無実であることを告発するブログや、小遣い稼ぎのためにはじめた日常の日記のようなブログを持っています。
ロシアスパイ事件でもスパイの一味のアンナチャップマンが自分のことを記した日記のような記事を書いていたSNSを持っていたことになっています。
どちらもネット上に記事を投稿している。


そして日本のスパイ話には、これをスパイ事件とするとかなりの数の人間がかかわったスパイ事件ということになる。
ロシアスパイ事件も11人という大勢の人間がスパイとして逮捕されたことになっています。
どちらも大勢のスパイが活動している。


日本のスパイ話には超が付くほどの有名人が登場します。
ロシアスパイ事件のほうもアンナチャップマンというスパイ活動中にマスコミにインタビューを受けて人前に出ていた有名人が登場します。
どちらも実は有名人がスパイだった。


日本のスパイ話はそれが本当にスパイ事件だとすると、超有名人が海外をまたにかけてスパイをするという、まるで映画のような事件になります。
ロシアスパイ事件も「まるでスパイ映画さながら」と言われていた内容の事件です。
どちらも人の興味を引くような映画さながらの内容。



そしてどちらもちょっと冷静になって見るとあまりにも馬鹿げたあり得ないスパイ事件。


という感じで共通点だらけなのです。
これが偶然だと思いますか?



次回に続きます。








テーマ : 検察・警察の腐敗
ジャンル : 政治・経済

2010-07-14 : ■露・北スパイ事件とJリーグスパイ事件 : コメント : 0 : トラックバック : 0
世界の脅威の真実 北朝鮮のミサイル発射の真実 北朝鮮による核実験の真実・ パソコン遠隔操作事件の真実 ・木嶋佳苗の真実 ・上田美由紀の真実 ・外事警察の実態
Pagetop

アンナチャップマン ロシアの美人スパイもでっち上げ

前々回の記事の最後に今回のアンナチャップマンに関する記事の内容がそれほど重要でもないようなことを書きましたが、書いているうちにアンナチャップマンの情報も重要であることがわかりました。そして次回に書こうとしていた記事に関しても物凄く重要になってくる内容であることに気づきました。


本題です。
本当に単純な話ですが、もしスパイというものが本当に存在するなら、アンナチャップマンみたいな馬鹿げた行動をとるスパイなんているわけ無いじゃないですか。

スパイって目立たないように行動するのがスパイなんじゃないんですか。

それがネット上に自分の画像をバンバン載せて自分の存在を世間にアピールするという馬鹿さ加減。
さらにそこにはロシアに対する望郷の念を語っていたという情報もあります。アメリカ人を装っていたはずなのに。

またさらに「若くして成功をおさめた人物」として、2つのインタビューも受けています。
インタビュー動画1 
インタビュー動画2

インタビュー側がマスコミなのかどこなのかわかりませんが、とにかくチャップマンが大勢の目に触れていたことは間違いないわけです。

こんなことをしていれば、有名になってしまい、私生活でも目立つようになってしまい余計にスパイ活動がしづらくなるはずじゃないですか。
「あれってアンナチャップマンじゃない? 一緒にいるのは誰なんだろう」みたいな感じになってしまうじゃないですか。

こんなことをスパイ捜査のプロ中のプロのはずのロシア対外情報局のSVRが許していたんですか?

なんなのですか。この馬鹿げたスパイ事件。

このアンナチャップマン一人をとっても矛盾だらけです。
この事件は完全にでっち上げられた事件です。

ちなみにチャップマンのこの写真に関してですが、
ロシアスパイ・アンナチャップマン
この悪女っぷり全開の写真、まるで女優がする表情やしぐさじゃないですか。
そしてこれって完全にサスペンス映画のポスターのようじゃないですか。

ただでさえこの事件は「スパイ映画さながらの事件」と言われているのに、その上その映画のような事件のポスターまで存在した、ということですか?
もうそうなったら笑い話じゃないですか。

この写真は、FBIがこの事件を公表したときに、マスコミにこの写真が使われるようにするために計画的に撮影されたものですよ。事件の宣伝になるように、FBIか誰かが、どっかの女優に、いかにもスパイに見えるように「悪女ふう」に演じさせて撮影した写真ということです。

さらに今はネット上で画像や動画が話題になる時代です。そしてこの美人スパイの画像や動画もネット上で話題になりました。これも偶然じゃないでしょ。
この美人スパイの画像や動画はネット上にも事件を広めるために撮影されたものでもあったということですよ。

なにもかも都合がいい、そして矛盾だらけのスパイ事件。
でっち上げです。



今までロシア人スパイに関して書いてきましたが、以前「世界の諜報機関がスパイやテロ事件、テロリストをでっち上げている」と書きましたが、皆さんが見てきたロシア人スパイ事件がまさにそれだったのです。こうやってスパイやテロリストが造られているのです。
諜報機関や警察にとって都合がよくなるような事件や犯人をでっち上げて、手柄を上げたり、立場を保ったりしているのです。
こいうことが過去にも世界中でずっと行われてきているわけです。

今回の事件でみなさんはスパイがでっち上げられるその瞬間を目撃してきたわけです。

そして実はまた新たにスパイ事件がでっち上げられている最中なのです。
日本でです。物凄く大掛かりなスパイ事件です。
そしてこのあり得ない矛盾だらけのロシア人スパイ事件がその事件と関係大有りなのです。

次回そのことに関して書きます。




テーマ : 検察・警察の腐敗
ジャンル : 政治・経済

2010-07-13 : ■アメリカのロシア人スパイもでっち上げ : コメント : 0 : トラックバック : 0
世界の脅威の真実 北朝鮮のミサイル発射の真実 北朝鮮による核実験の真実・ パソコン遠隔操作事件の真実 ・木嶋佳苗の真実 ・上田美由紀の真実 ・外事警察の実態
Pagetop

ロシア・アメリカの核スパイ交換もでっち上げ その4

今回の記事はこのロシア人スパイ事件に関する一連の記事のまとめになります。



このスパイ交換話が成立したということはロシア側がアメリカでのスパイの活動を認めたことになるわけです。

このスパイ交換話が事実だとすると、僕が訴えていた「事件はでっち上げ」ということが完全に否定されこのスパイ事件が実在した事件ということになったことになります。

しかし僕自身はこのスパイ交換などで全くうろたえていません。
単純な話です。
今まで説明してきたように誰がどう考えたってこの矛盾だらけのスパイ事件が実在しているわけがないからです。
事件自体が絶対にあり得るわけがない事件だからです。
それにつきるからです。

そこでこのでっち上げを正当化するとなると、「ロシア側もこのスパイ事件のでっち上げに協力した」ということになります。

が、しかし今までの状況からするとそれも違うのです。

実際にはこういうことです。
ロシアの陰謀論からスパイ交換の合意など、この事件でのロシア側の対応の情報は全てアメリカ側(イギリスや西側諸国も含む)が一方的にでっち上げてきたということです。


その証拠としてこれまでロシア側の映像や画像が全くと言っていいほど出てきていないということです。

これもまたこの事件がでっち上げである証拠なのです。

ロシア政府のコメントや、大統領の特赦に関する映像や画像、ロシア国内の様子などの映像や画像が全くといっていいほど出てきていません。ロシア国内で大騒ぎになっているはずの事件なのに、それらに関する映像が一切出てきていないのです。
そしてあのロシアとアメリカのスパイ交換の時の空港の映像も、西側諸国でのスパイ交換の映像まではあるのに、スパイがロシアに到着した映像はありません。唯一ロシアに到着したスパイが護送されているという画像を1枚見つけましたが、それが本物であるかどうか全く判別できない画像1枚だけです。

そして「スパイ」「交換」などで動画の検索したり、これを英語に翻訳してすると今回の事件の動画がずらりと出てくるのに、これをロシア語に翻訳で検索しても、今まで見てきたアメリカや西側から出てきた動画が少し出てくるぐらいで、現地の動画は一切見当たりません。


結局、今までロシア側の対応は全てアメリカ側が口頭か文字で公表した「ロシアはこういう対応をした」という情報だけなのです。

これらのことから言える事は、ロシア人スパイ事件自体から、
ロシアスパイ裁判
ロシアスパイ・アンナチャップマン

ロシア側のコメント、ロシア国内でのアメリカや西側諸国のスパイ事件、スパイ交換の合意、ロシア大統領の特赦、そしてスパイの交換にいたるまで
アメリカ・イギリススパイ
ロシア・アメリカスパイ交換


何から何まで全てアメリカ側が一方的に捏造した事件だったということです。


全てアメリカ側が自作自演して成立させてしまった事件ということです。


それがこのロシア人スパイ事件の実態です。





アメリカのロシア人スパイ事件の真相

テーマ : 検察・警察の腐敗
ジャンル : 政治・経済

2010-07-12 : ■アメリカのロシア人スパイもでっち上げ : コメント : 0 : トラックバック : 0
世界の脅威の真実 北朝鮮のミサイル発射の真実 北朝鮮による核実験の真実・ パソコン遠隔操作事件の真実 ・木嶋佳苗の真実 ・上田美由紀の真実 ・外事警察の実態
Pagetop

ロシア・アメリカの核スパイ交換もでっち上げ その3

今回のスパイ交換の話に出てきた「04年にロシア国内でロシア人の核兵器専門家イーゴリ・スチャーギンという科学者がアメリカに核関連の情報を漏らした罪で逮捕された」という事件。
僕もそうですが、こんな事件があったなんてことこのスパイ交換話が出るまで知りませんでしたよね。

実はこんな事件が本当に実在していたとしたら、我々一般市民は本来もっと早い段階でこの事件のことを知っていなければいけないはずなのです。

そうなるはずの理由です。
ロシア側はアメリカでロシア人スパイが逮捕された当日か翌日には「陰謀論」を訴えています。その内容は「これはアメリカの陰謀だ」というだけでした。

しかしこのアメリカの核スパイ事件が実在していたなら、ロシアが陰謀論を唱えるならその内容は本来こうなっていなければおかしいのです。

「我々(ロシア)は04年にアメリカの核スパイを先に逮捕していた。今回のロシア人による核スパイ事件はそれに対する完全なるアメリカの陰謀だ」

となっていなければおかしいのです。
そうすれば陰謀論が真実だとアピールできアメリカが不利な立場に立たされていたはずなのです。

そして我々一般人はもうこの段階で04年のアメリカのスパイ事件の存在を知っていたはずなのです。

しかしこのスパイ交換話が出るまでそんな事件があったなんて話は一切出てきていませんでした。
というか一般市民からすればいきなりスパイ交換話を知らされて、「え、スパイ交換? どいうこと? 交換するって? 一体それ誰なの?」という感じでした。

なぜ交換話が出るまで一切この事件の話が出てこなかったのでしょうか。
これも完全に不自然です。

この事件自体本当に存在したのでしょうか。

僕は今回のスパイ交換話はアメリカが実際に04年のアメリカスパイ逮捕という実在する事件を利用してスパイ交換話をでっち上げたと思っていましたが、そもそもこの事件自体存在していなかったのではないでしょうか。

存在していなかったとしたら、これもまたこのロシア人スパイ事件がでっち上げである証拠となります。

しかし実在していたとしたら、この話がスパイ交換まで全く出てこなかったことは、これまた矛盾していることになりでっち上げである証拠となります。

そして実在していたとしたらさらにこういうことが言えるのです。
まず一般市民からすると、ロシアの陰謀論は一見マスコミが直接ロシア側が発表したコメントを聞いて報道したように見えますが、実際にはロシアのコメントを一旦アメリカ側が聞いて、それを「ロシアはこう言っていた」とマスコミに公表した、という構造になっていることが考えられます。

そして、ロシア側が訴えた陰謀論自体が実はアメリカ側が勝手に造り上げたものだったか、あるいは陰謀論の中にある04年のスパイ逮捕の部分を削除してマスコミに公表した、ということになります。

つまりロシア側は実際にはこの事件に関して何もコメントしていないのにアメリカ側が勝手にコメントを造り上げたか、ロシアが実際にコメントした中からアメリカに不利になる部分を削除して公表した、ということが考えられるわけです。

そうでなければこの矛盾は説明つきません。


この「アメリカ側が勝手にロシア側の対応の情報を造り上げた」という話は「その4」へ続きます。




アメリカのロシア人スパイ事件の真相

テーマ : 検察・警察の腐敗
ジャンル : 政治・経済

2010-07-11 : ■アメリカのロシア人スパイもでっち上げ : コメント : 1 : トラックバック : 0
世界の脅威の真実 北朝鮮のミサイル発射の真実 北朝鮮による核実験の真実・ パソコン遠隔操作事件の真実 ・木嶋佳苗の真実 ・上田美由紀の真実 ・外事警察の実態
Pagetop

ロシア・アメリカの核スパイ交換もでっち上げ その2

今回の事件のロシアのように、普通スパイが逮捕された場合そのスパイの命令を出したとされる側はスパイの存在を否定するものです。
そして今回のロシア人スパイ逮捕でアメリカはロシア側を一方的に非難していました。

この条件からすると、04年にロシアで起きたアメリカの核スパイの逮捕事件に対してアメリカはスパイ行為を今まで否定してきたということになります。認めていたならロシアをあんなに非難できませんから。

しかし今回の両国のスパイ交換話の成立によって、アメリカは自分達が否定していた、ロシアに核スパイを送り込んでいたとことが「事実」であったことを認めたということになるわけです。
しかも「公」に認めたことになるわけです。

しかし現在のアメリカがこんなに簡単に核スパイをやっていたことを公の場で認められるわけがないのです。

それはアメリカの世界的な立場です。
アメリカは日ごろから中東や北朝鮮の核開発や武器の輸出入に関して非難をしています。これらには中東スパイや北の工作員(スパイ)が関わっているという話もあります。
実際に今年3月にアメリカのCIAは国内の原発に5年間潜入していた中東スパイをイエメン警察に逮捕させていたということにもなっています。
しかし核開発や核兵器の輸出入を非難して、それに関わるスパイを非難して世界中を味方に付けているはずのアメリカが、実際には自分達も核に関するスパイ活動を行って情報を盗んでいたいたということになるのです。

本来なら今のこの時期にこんな話は絶対に表に出せないはずじゃないですか。

こんな話を表に出せば今度は逆に世界中から非難を浴びる側に立つことになるわけですから。

そして非難されていた側の国から逆に非難される格好のネタにされてしまい、アメリカが今まで行ってきた中東や北朝鮮に対する核やテロなどの非難に説得力が無くなり、政策に甚大な影響が出てしまうわけです。


こんな現実を抱えているアメリカがこんなに簡単に核スパイ活動を認められるわけがないのです。
「アメリカとロシアの関係悪化を避けることができた、一件落着」という話で終わっていますが、本来ならそんなレベルの話では終われない極めて深刻な事件のはずなのです。

それがあんな次元の話で終わっている。

あり得ない事です。

そしてさらに矛盾ですが、国民や世界中から批判を浴びるはずのアメリカが現実にはなぜか批判を浴びている様子が全く見られません。
この点でも完全におかしいです。


こんなめちゃくちゃなスパイ事件とスパイの交換話は現実にはあり得ないことなのです。


「その3」に続きます。






アメリカのロシア人スパイ事件の真相

テーマ : 検察・警察の腐敗
ジャンル : 政治・経済

2010-07-10 : ■アメリカのロシア人スパイもでっち上げ : コメント : 0 : トラックバック : 0
世界の脅威の真実 北朝鮮のミサイル発射の真実 北朝鮮による核実験の真実・ パソコン遠隔操作事件の真実 ・木嶋佳苗の真実 ・上田美由紀の真実 ・外事警察の実態
Pagetop

ロシア・アメリカの核スパイ交換もでっち上げ その1

前回の記事の最後に、「次回はアンナチャップマンに関して書きます」と書きましたが、この事件が急展開したので今回はそのことに関して書きます。
しかしこういう急展開が起きることも予想していました。なぜならこのスパイ事件の内容がはじめからあまりにもお粗末過ぎたからです。それをごまかすために話を急展開させるだろうと考えていました。


急展開の内容です。
アメリカとロシアは国同士の関係悪化を避けるために今回逮捕されたロシア人スパイ11人と、それ以前にロシア側が逮捕していたアメリカが仕組んだ核開発関係者のスパイ(04年逮捕、現在服役中))やイギリスなどの西側諸国のスパイ4人を交換することを異例の速さで取り決めたそうです。ロシアのメドベージェフ大統領は4人のスパイを恩赦で釈放することに調印したそうです。


これでまたさらに馬鹿げた話になりました。

この話が事実なら、アメリカでロシアの核スパイが活動を始めたのは00年頃で、ロシアでアメリカの核スパイが逮捕されたのが04年ですから、ロシアの捜査当局は自分達がアメリカに送り込んだ核スパイが活動している真っ最中にロシア国内でアメリカの核スパイを逮捕したことになるのです。

そんなこと馬鹿な話があるわけがない。

そんなことをすればアメリカはその仕返しにやっきになってロシアのスパイを探そうとする可能性が出てきてしまいます。しかも同じ核に関するスパイを探す可能性が出てくるわけです。そんなことは僕みたいな素人でも考えらつくようなことです。
ロシアは国を挙げてスパイを送り込んだというのに、その国がわざわざ自分達が送り込んだスパイにただでさえ危険なのになおさら危険が及ぶようなことをしたことになるのです。

馬鹿げています。

例えばこの話を正当化する話としてこういうことも考えられます。
ロシア側はアメリカがロシア人スパイの捜査をしていることを察知して、その捜査をやめさせるために逆にアメリカのスパイを逮捕した。なんていう話。
いかにもありそうな話に見えますが、現実にはこれもあり得ません。
これを事件に当てはめると、ロシア人スパイ達は自分達が捜査、監視されていることに気づいていながら逃げもせずに7年以上もスパイ活動続けて、そして全員逮捕されてしまった。という完全に馬鹿げた話になってしまうからです。


次回このスパイ交換の「その2」を書きます。まだまだ矛盾点があります。
アンナチャップマンに関してはこのシリーズが終わったら書きます。
といってもそれほどの情報でもありませんが。





アメリカのロシア人スパイ事件の真相


テーマ : 検察・警察の腐敗
ジャンル : 政治・経済

2010-07-09 : ■アメリカのロシア人スパイもでっち上げ : コメント : 0 : トラックバック : 0
世界の脅威の真実 北朝鮮のミサイル発射の真実 北朝鮮による核実験の真実・ パソコン遠隔操作事件の真実 ・木嶋佳苗の真実 ・上田美由紀の真実 ・外事警察の実態
Pagetop

アメリカのロシア人スパイもでっち上げ その4

今回は捜査していたとされるFBI側のあり得ないことです。

FBIはスパイ容疑で7年以上も前からロシア人達を捜査していたことになっていますが、その間にスパイ達はアメリカの核や外交に関わる仕事についていた人達に接触して情報を盗んでいたことになっています。
ということはその7年以上もの間、そのスパイに接触されていた人たちはずっと危険にさらされていたいたことになるわけです。
なぜならスパイ達は自分達がスパイであることが相手にばれたり、そのことを警察に通報されたりしたら、お終いなわけです。ということはそのような状況になった場合、あるいはスパイ達が勝手にそう思い込んだ場合、口封じのために最悪の場合殺されてしまう可能性があったわけです。
これはスパイに限らず例えば「空き巣が家に侵入したが、住人に見つかってしまい、その場で住人が殺害されてしまう」という事件はよくあることです。
スパイに接触されていた人たちもこれと同じ危険にさらされていたわけです。
そしてこのスパイ活動はロシアの国を背負っての重大任務です。失敗は絶対に許されないはずですから、口封じをされる可能性もさらに高かったわけです。

当然FBIはそんなことはわかっているわけです。
しかしFBIは7年以上もの間スパイ達を泳がせていた。
ということはFBIは7年以上もの間、スパイに接触されていた人たちを捜査の「おとり」として利用していたということになるのです。
FBIがロシア人達がスパイである証拠を得るためのおとりにされていたということになるのです。

そんな捜査が許されるわけがありません。

完全に違法捜査です。
国民をおとりに使って危険にさらした違法捜査です。

本来ならロシア人達がアメリカでスパイ活動をやっているという情報が入った時点でスパイのうちの誰でもいいから、別件でも何でもいいから逮捕しているはずなのです。そして国内にスパイが潜入していたことを公表すれば、国民も警戒することができるし、他のスパイ達は活動ができなくなり都合がいいわけです。
スパイ団のうちの1人でも逮捕すれば他の仲間のスパイ達は慌ててスパイ活動をやめて逃げ出すはずですから。
現にこの事件では逮捕直前にスパイの一人が警察の捜査を察知して国外に逃亡していることになっているじゃないですか。



「その1」で説明した「スパイのあり得ない情報や報酬の受け渡しをなんの疑いも持たなかったという馬鹿げた捜査」。そして今回のあり得ない「おとり捜査」。

こんな捜査が現実にあるわけがありません。


この事件は完全にでっち上げです。


今回説明した「警察がスパイの存在を知っていながらスパイを泳がすことはあり得ない」ということは既にこのブログで何度か書いています。
(関連記事 サイドバー・カテゴリ「外事警察」にある「外事警察の実態 「日本はスパイ天国」は嘘  や、カテゴリ「警察が僕を逮捕できない理由など無い」の中の 「警察が僕を逮捕できない理由など無い その2」の中段あたり  など)



次回は女スパイ「アンナ・チャップマン」に関して書きます。





アメリカのロシア人スパイ事件の真相

テーマ : 検察・警察の腐敗
ジャンル : 政治・経済

2010-07-06 : ■アメリカのロシア人スパイもでっち上げ : コメント : 0 : トラックバック : 0
世界の脅威の真実 北朝鮮のミサイル発射の真実 北朝鮮による核実験の真実・ パソコン遠隔操作事件の真実 ・木嶋佳苗の真実 ・上田美由紀の真実 ・外事警察の実態
Pagetop

アメリカのロシア人スパイもでっち上げ その3

「その2」よりももっと根本的であり得ないことを書きます。

この事件のスパイ達はロシアの対外情報機関SVRというところの所属ということになっています。
このSVRの前身はソビエト時代に活動していた諜報機関のKGBです。KGBは国内外のスパイやテロリスト、反政府分子などあらゆる人間を対象にあらゆる手を使って捜査を行っていて、世界でも最大級の諜報機関と言われていた組織です。
ということはその後継のSVRもスパイやテロリストの捜査をする最大級の専門機関のわけです。
だからスパイの捜査についてなにもかも知り尽くしているプロ中のプロのわけです。

ということは今回のスパイ事件は、警察の監視や尾行方法、盗聴、盗撮、ネット上の監視方法、またそれらを行う際の機器や装置、その設置場所、設置方法、そして警察の組織力、さらに捜査する側の心理状態まで、もうありとあらゆることを熟知している機関が逆にスパイ活動を行ったという事件ということになるわけです。

この知識豊富な人間達がスパイ活動を行うわけですから、スパイ達は常に周囲の人間や車、バイク、航空機、ありとあらゆるものを警戒して、さらに自宅や職場、車などになにかをしかけられていないかなどあらゆるチェックをしているはずです。

「その2」でも書きましたが、SVRはスパイに家や車までを用意するという気合の入れよう。ということはSVRはそれだけこのスパイ活動に力を注いでいたということになります。
そしてなによりも国の機関がスパイ活動を行うわけですから、失敗すれば国に甚大な被害が及ぶことになる、重大任務になるわけです。

ということは、なおさら自分達の正体がばれていないか最大限に知識と感を使って最大限の警戒をしていたはずなのです。

しかしです。
現実にはこのロシアスパイ達はFBIにかなり早い段階で正体がばれていて、そして監視されていたということになっている。
ということはスパイ達は7年以上もの長い間そのことに気づかずに活動を続けていたということになる。
そしてこの事件ではFBIは捜査員による監視尾行だけでなく、容疑者宅に盗聴器を設置したり、車にはGPSを、また容疑者が通うレストランなどにまで盗聴器や盗撮器をしかけていたことになっている。

これらの話を合わせると、こんな凄い組織の出身のはずのスパイ達が揃っていて、7年以上もの間、誰一人捜査員の尾行、監視、また盗聴器、盗撮器、GPSを設置されたことにも気づかず、何一つ気づくことなくスパイ活動を続けていたということになるわけです。

そして結局11人のスパイ全員が逮捕されてしまった。(うち一人は逮捕後に逃走)


あまりにも馬鹿げた話です。
馬鹿げているの一言です。

こんな馬鹿げたスパイの無防備ぶり。そして「その2」で書いた自分達が怪しいことをアピールするような情報や報酬のあり得ない受け渡し方法。どちらも完全に話が矛盾しています。
このスパイ話の中には、スパイ達は画像に暗号を埋め込んでSVRとの情報のやり取りをおこなっていた、なんていうもっともらしい話もありますが、実際には全くスパイらしいことなんかしてないことになるわけです。一番肝心なところをなにもやっていないことになるわけです。

これのどこが世界最大級の諜報機関が行ったスパイ事件なんですか。
これのどこが国を背負ってのスパイ活動なのですか。

こんな矛盾だらけの話が現実のわけが無い。
完全に子供だましの捏造スパイ話です。


「その4」に続きます。







アメリカのロシア人スパイ事件の真相

テーマ : 検察・警察の腐敗
ジャンル : 政治・経済

2010-07-04 : ■アメリカのロシア人スパイもでっち上げ : コメント : 1 : トラックバック : 0
世界の脅威の真実 北朝鮮のミサイル発射の真実 北朝鮮による核実験の真実・ パソコン遠隔操作事件の真実 ・木嶋佳苗の真実 ・上田美由紀の真実 ・外事警察の実態
Pagetop

前回記事の訂正と補足

前回記事の最後のほうで「FBIはスパイを7年以上も監視してきたはずなのに、これらのスパイの目立つ場所での完全に怪しい行動を目撃していなかったわけです」ということを書きましたが、この事件のの報道をよく見てみると「FBIは目撃していなかった」ということはどこにも書いてありませんでした。
僕はFBIが情報や報酬の受け渡しの怪しい光景を目撃しておきながら、何もしなかったということはFBIがその光景自体を見ていたなかったからだと勝手に思い込んでいました。
しかし目撃していないとはどこにも書いていないということは「FBIは目撃していたけどスパイがあのような受け渡し方法をとったから、それが情報や報酬の受け渡しだとは気づかなかった」ということになります。

しかしこれのほうがさらにあり得ないことになります。一般人だって怪しいと思う光景を犯罪を捜査する警察がなんとも思わないなんてことは絶対にありませんから。
これでさらにあり得ない事件になってきました。

前回の記事の最後のほうも書き換えておきました。


それと今晩「その3」を投稿します。






アメリカのロシア人スパイ事件の真相

テーマ : 検察・警察の腐敗
ジャンル : 政治・経済

2010-07-04 : ■アメリカのロシア人スパイもでっち上げ : コメント : 0 : トラックバック : 0
世界の脅威の真実 北朝鮮のミサイル発射の真実 北朝鮮による核実験の真実・ パソコン遠隔操作事件の真実 ・木嶋佳苗の真実 ・上田美由紀の真実 ・外事警察の実態
Pagetop

アメリカのロシア人スパイもでっち上げ その2

このロシアのスパイ事件はもう矛盾だらけです。
この事件の情報はちょっと冷静になって考えてみると直ぐに矛盾がわかるようになっています。
今回の記事を読んでいただければ馬鹿げている事件であることがわかります。


このロシア人スパイは00年台前半にアメリカ国内に入り込んだということになっています。そしてFBIはこのスパイを最低でも7年以上も前から捜査をしていたということにもなっている。(前回記事では10年と書きましたが、7年以上という情報のほうが多かったのでそういうことにします)
もうこの時点でおかしいじゃないですか。
FBIは、ほとんどスパイが国内に潜入した当初からその存在を知っていたということになるじゃないですか。どんだけまぬけなスパイなんですか。もう潜入して直ぐにスパイだとばれていたか、あるいは潜入する前からばれていた可能性すらあります。


そしてスパイの活動とFBIの捜査も馬鹿馬鹿しいものなのです。

FBIはスパイ逮捕までこれだけ時間がかかった理由の一つとして、「スパイたちが情報の受け渡しを公園のベンチで情報の入ったバッグを交換したり、報酬の受け渡しを地中に埋めてそれを受け取る側が2年も後に掘り起こして受け取っていたという手の込んだことをしていたので、証拠がつかめなかったからだ」ということを言っています。

まずこの「スパイ小説さながら」といわれている情報や報酬の受け渡し方法自体が現実にはあり得ないんですよ。
この事件での「情報」の受け渡し方法を詳しく説明すると、スパイ同士が情報の入った同じ型のバッグを持って公園の中にある同じベンチに座って、そのバッグをお互いに交換した、ということになっています。
スパイがこのようなことをするのは自分達が警察に監視されている可能性があるから、警察にばれないように交換を行うためのものですよね。

しかしこの方法を冷静に考えてみると実際には絶対にあり得ないんですよ。
皆さんこの光景を思い浮かべて見てください。公園で同じバッグを持った人間同士が一つのベンチに隣同士に座って、そしてその持っている同じ型のバッグを交換をしている光景を。

怪しいことこの上ないじゃないですか。監視している警察がそんな光景見たら絶対に怪しいと感じるに決まっているじゃないですか。これは警察じゃなくても、そこら辺の一般人が偶然こんな光景を見かけたって怪しいと思うようなやりかたですよ。
しかもその交換が行われた場所が公園ですよ。なぜ警察や他の人に見られたくないはずのスパイがそんな目立つ場所でそんな怪しいことをするんですか。


次に、穴に埋めて受け渡しを行っていたという「報酬」の受け渡し方法です。
これは監視しているかもしれない警察に受け渡し現場を見られるとまずいから、このような方法を行ったということになります。しかし逆にこんな方法のほうが怪しまれるじゃないですか。警察がマークしている人間が目の前で穴を掘ってそしてそこに何かを埋めていたら怪しまないわけがありません。そして警察が怪しいと思ったらその場所を掘り返して中身を調べて、中に現金なんか入っていたら犯罪者決定じゃないですか。
絶対にこんな方法もあり得ないです。

どちらの方法もちょっと冷静になってみると、警察の監視を警戒している人間がやるなんて考えられない方法なのです。逆に完全に怪しまれてしまう行動をとっているだけなんですよ。
スパイ自身が「私は怪しい人間です」とばらしているようなものなのです。


このロシア人スパイたちはロシアの捜査機関SVR(連邦対外情報局)に所属しているんですよね。ということは警察組織の人間なんです。警察の目線が一番わかっているはずの人間なのです。
そしてこのスパイ活動はSVRから資金、家、車とか全部提供されていて、至れりつくせり。
これだけ準備万端ということはスパイの訓練も相当に行っていなければ話が合いません。
これだけの条件のそろった凄腕スパイがこんなあり得ない行動をとっていたというのでしょうか。


FBIはこれらのスパイの目立つ場所での完全に怪しい行動を目撃していたのになにもしなかった。素人が見たって怪しい光景なのに警察はそれが犯罪の証拠だと思わなかった。

あり得ないです。馬鹿げています。
結局ロシアンスパイもFBIもどちらもあり得ないことをしている事件なのです。


こんな事件完全にでっち上げです。



後日その3を書きます。






アメリカのロシア人スパイ事件の真相

テーマ : 検察・警察の腐敗
ジャンル : 政治・経済

2010-07-02 : ■アメリカのロシア人スパイもでっち上げ : コメント : 0 : トラックバック : 0
世界の脅威の真実 北朝鮮のミサイル発射の真実 北朝鮮による核実験の真実・ パソコン遠隔操作事件の真実 ・木嶋佳苗の真実 ・上田美由紀の真実 ・外事警察の実態
Pagetop
ホーム

プロフィール

Author:hikky37
前科0、海外渡航暦0の普通の日本国民

カテゴリー

カレンダー

06 | 2010/07 | 08
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2カウンター

blogranking.net

blogrank

FC2ブログジャンキー

「アクセス数が全然伸びない…」そんな悩みをブログジャンキーが解決します!

リンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。