Jリーグスパイ・テロリスト でっち上げのきっかけ

12月24日の記事「公安テロ情報事件とJリーグスパイ・テロリスト」(前々回の記事)の続きになります。


Jリーグスパイ・テロリストのでっち上げのきっかけとなるような事件があります。
これは以前に書いた事件で、この事件は僕と関係があることだということを書きました。
(関連記事 08年6月28日「もう一つの冤罪」

その事件の内容です。
02~03年にかけてアルカイダのメンバーとされたアルジェリア系フランス人のリオネル・デュモンという男が日本に数回入国していた。
その後デュモンは03年12月にドイツで逮捕され、またその後フランスに引き渡された。
04年5月になり、デュモンが日本に来たときに関係があったとされた日本国内に住むバングラデッシュ人男性が、テロリストへの資金提供のためのマネーロンダリングを行っていたとされ、電磁的公正証書原本不実記録の罪で日本の警察に逮捕されました。

しかしこの男性はテロリストとの関係を一貫して否定し、実際にテロリストとの関係を示すような証拠は出ませんでした。
そしてのちの裁判で検察側がテロとの関係はなかったことを認めテロリストしての疑いを晴らすことがでました。

要するにこの男性はテロリストとしての冤罪被害者だったわけです。
さらにデュモンに関して日本でテロを起こす計画の証拠らしいものなどは見つかっていません。

デュモンを逮捕したドイツの捜査機関は長期にわたってデュモンを監視をして、その後別件で逮捕したという話も見かけました。さらにフランスではデュモンを「テロリスト」としては断定していないとい情報も見かけました。

また結局のところデュモンに関するフランスやドイツでのテロ計画やその後にテロが起きたなどの情報も出ていない。

ということはドイツでのデュモン逮捕もまた冤罪だったという可能性もあり得ます。





ということは日本の公安とドイツの捜査機関はテロ捜査において恥をかいたことになるわけです。





このことと公安がJリーグスパイ・テロリストをでっち上げようとしていることと関係があるのではないでしょうか。

Jリーグではドイツに移籍する選手が最近やたらと増えています。
そしてその中にスパイやテロリストとして疑いをかけるには都合がいい選手がいます。
これは公安が自分たちの立場や公権力を国内外に駆使して、Jリーガーがドイツに移籍するように仕向けているのではないでしょうか。
公安の保身のために僕にスパイやテロリストの疑いをかけるため、そしてその過程で起こした自分たちの汚名を返上するために。






スポンサーサイト

テーマ : 検察・警察の腐敗
ジャンル : 政治・経済

2010-12-31 : ■★Jリーグスパイ・テロリスト : コメント : 0 : トラックバック : 0
世界の脅威の真実 北朝鮮のミサイル発射の真実 北朝鮮による核実験の真実・ パソコン遠隔操作事件の真実 ・木嶋佳苗の真実 ・上田美由紀の真実 ・外事警察の実態
Pagetop

警視庁北沢暑APEC警備資料

警察がまたこのブログへの対抗策をしました。
新たな内部資料流出を自作自演しました。

11月に公安部外事3課からテロ情報が流出したことが発覚したのと同じ11月に警視庁北沢所からAPECの警備に関する内部資料を北沢暑員がタクシーの中に置き忘れていた。
この資料には「テロリストや過激派などを見極めるためのポイント」などが書かれていた。
それを今頃になって公表した。

という自作自演をしました。


今までの警察がやってきたことの流れから、この自作自演はこういう目的で行われたと考えられます。

この「テロリストや過激派などを見極めるためのポイント」には、恐らく僕の特徴をそのまま書かれているのではないでしょうか。
そしてそれがネット上やマスコミなどで取り上げられれば、僕をそこらじゅうでテロリストだという噂を広めることができますから。
特にJRやバスなどの交通機関さらに人が大勢集まるデパートやスーパーなど。
公安はこのJRや・・・スーパーという場所には既に僕の噂を広めているはずです。これらのところでは不自然なことが起きていますから。
(関連記事 08年4月14日「そういうことですか」 08年1月24日「また警戒」など)
それと書いたこと以外にも色々と不自然なことが起きていますし。

そしてそこに僕の特徴とそっくりのテロリストや過激派の特徴の情報が流れれば、やっぱりあいつはそうなんだということにしやすくなります。
それに新たに公安の味方を造るのにも役立ちますし。

もしそうなったらそこちらもそこらじゅうにビラをまきます。
警察がやってきたことや、このブログのURLなどを書いたビラを。
そのためにプリンターを買ったのですから。



テーマ : 検察・警察の腐敗
ジャンル : 政治・経済

2010-12-29 : ★テロ情報流出事件とJリーグ : コメント : 0 : トラックバック : 0
世界の脅威の真実 北朝鮮のミサイル発射の真実 北朝鮮による核実験の真実・ パソコン遠隔操作事件の真実 ・木嶋佳苗の真実 ・上田美由紀の真実 ・外事警察の実態
Pagetop

今度は自殺・不審死殺人の犯人?

このブログでは去年の11月から始まった、埼玉木嶋佳苗、鳥取上田美由紀、宮城自衛官殺人、大阪養女殺人、宮城高校教師殺人、奥多摩殺人、といういわゆる「自殺・不審死が実は殺人事件だった」という事件が、全て警察によるでっち上げだと訴えてきました。
(関連記事 カテゴリ「埼玉・鳥取連続殺人もでっち上げ」)

警察は今度は逆に僕や家族をこの自殺・不審死殺人の犯人に仕立て上げようとしているのではないかと思えることが起きています。


最近家の近所の女性が痴呆の影響で風呂場で動けなくなって救急車で運ばれるということがありました。
結局大事には至らなかったようですが。
その人は僕の家族と付き合いのある人なのです。なので家族は救急車が来たときもその家に様子を見にいったりしていました。

そして当然常日頃家の周りを行ったり来たりして監視をしている公安はこのことを知っています。
さらに公安はマークした人間のあらゆることの情報を得ようとする組織ですから、当然僕の家族と付き合いがある家で事故が起きたわけですから、公安はその内容も調査しているはずです。色々なところにこねがある公安なら、その内容を聞くなど簡単なはずです。

そうしたところ、この数日後に警察はまた新たな自殺・不審死殺人事件を公表したのです。
この事件は皆さんも知っていると思いますが、
今年6月に埼玉県の深谷市で叔父を殺害したとして逮捕されていた2人の男が、11月になって実は2年前にも神奈川で金銭トラブルによる殺人事件を起こしていたことが判明した。
その被害女性は風呂場で死亡していたが、当時警察は「女性自身が誤っておぼれて死亡した」と判断していた、

という事件です。

なんか怪しいですよね。
自殺・不審死殺人をでっち上げだと主張していた僕の家と付き合いのある家で風呂場での事故が起きたその直後に、また警察は自殺・不審死事件を公表して、その内容は風呂場での不審死が殺人事件だったというもの。

しかしこれだけなら、まだただの偶然でかたずけられますが、まだ他ににもあるのです。

最近になってその事故を起こした人の家族が僕の家族に色々とお願いごとをしてきたのです。
その内容は、「うち(事故が起きた家)でなにかあった時のために家の鍵をあずかってくれないか」とか「今度救急車を呼んだときに僕の家に電話をしていいか」というものです。

どうも不自然なんですよね。
僕の家族と事故を起こした本人とは立ち話をするような付き合いはあったのですが、その家族と僕の家族はそこまでするほど親しくはなかったんですよね。
それが急にそういうお願いをしてくるようになったのです。



今回風呂場で事故を起こした人に今後万が一のことがあって、さらに「家の鍵をあずかる」や「救急車を呼んだときに僕の家に電話」の2つが実行されたら、僕がでっち上げだと言ってきた自殺・不審死殺人事件のような事件を造ろうと思えば造れるような状況になるんですよね。
そしてその犯人は事故があった人の家族と、僕の家族や僕自身にすることができるわけです。
そして神奈川での事件の前例があることによって、あの時の風呂場での倒れて救急車を呼んだのもあれは未遂だったんだ、という話も造れてより信憑性が増しますし。

それに公安がもし保身のために僕や家族を逮捕するのであれば、上のような事件だと都合がいいこともあります。
ブログは7つも運営していて3年半もやっているので、相当な読者数になっています。
公安もそれをわかっています。
その読者への言い訳として「あいつ(僕)がブログで自殺・不審死殺人を否定していたのは実は自分がやろうとしていたからなんだ」という具合にすればなんとなくごまかしがききます。
そしてブログで書いてきたことを全て否定しやすくもなります。

もしそうだとしたら、僕の家族にお願いごとをしてきた人は公安にたぶらかされているわけです。
事故を起こした人の家族に「今度何かあったときのためにあのうち(僕のうち)にこういうことを頼んでおいたほうがいい」といかにも親切なアドバイスを装って、たぶらかしたのではないでしょうか。
もちろん公安が直接たぶらかしたのではなく、誰かを介してです。




テーマ : 検察・警察の腐敗
ジャンル : 政治・経済

2010-12-25 : 〇埼玉・鳥取連続殺人もでっち上げ : コメント : 0 : トラックバック : 0
世界の脅威の真実 北朝鮮のミサイル発射の真実 北朝鮮による核実験の真実・ パソコン遠隔操作事件の真実 ・木嶋佳苗の真実 ・上田美由紀の真実 ・外事警察の実態
Pagetop

公安テロ情報事件とJリーグスパイ・テロリスト

公安警察は僕をスパイやテロリストとして逮捕するために、Jリーグという環境を利用した、スパイやテロリスト事件をでっち上げようとしています。あるいは既に事件は造られていて、それをネタに僕を監視している、という可能性もあります。

なぜJリーグかというと、Jリーグには色々な国籍の選手がいて、スパイやテロリストの話を造りやすい環境になっています。
そしてそのJリーグの選手の中にたまたま僕の家族とある場所を通じて接点のある選手がいたのです。
これがきっかけだったのです。
そして公安はこのことに目を付け、強引にスパイ・テロリスト話を作り上げているのです。

その内容は、
「僕や家族はスパイやテロリストである。そしてJリーガーとある場所を通じて接点があることを利用して、Jリーガーたちをスパイ、テロリストに引き込み活動を行っている」という話です。

このでっち上げのはじまりは、数年前に公安がJリーグに起きたあるJリーガーの不祥事です。
不祥事といってもそのJリーガーは公安警察に陥れられて犯罪者に仕立て上げられたのです。
公安はその不祥事をきっかけにJリーグ側に付け入ったのです。
そしてスパイやテロの話を造れるようにJリーグ側に色々と支持をして話を造るための環境を整えていったのです。
その後もJリーグでは様々な不祥事が続いていて、そしてそれと同時にスパイやテロリストの話を造れそうな環境もどんどん整っているのです。
それだけでは終わりません。海外でもその環境がどんどん整っているのです。

そして今回の公安テロ情報流出事件はそのでっち上げにさらに信憑性を持たせるために、公安みずから自作自演した事件です。

情報流出ルートとしてルクセンブルグという国が挙げられましたが、このルクセンブルグという国の位置はJリーガーが移籍した国々のちょうど中心にあります。
さらにその隣接国の中に、ドイツがありますが、このドイツはJリーガーが一番多く移籍している国です。
今回漏れたのはテロ情報なのですからは当然犯行はテロリストに疑いがかかるわけです。
他にもどこかの国のスパイということも考えられます。

日本でスパイの噂を立てられうのはどんな人たちですか。
今回の流出事件でよく出てきた国はどこでしたか。

その人たちはドイツに移籍しました。

そして公安は「情報を漏らしたのはそのJリーガーたちだ」ということにしようとしているのです。

まあとても信じられないと思うでしょうが、これは真実です。




テーマ : 検察・警察の腐敗
ジャンル : 政治・経済

2010-12-24 : ★テロ情報流出事件とJリーグ : コメント : 0 : トラックバック : 0
世界の脅威の真実 北朝鮮のミサイル発射の真実 北朝鮮による核実験の真実・ パソコン遠隔操作事件の真実 ・木嶋佳苗の真実 ・上田美由紀の真実 ・外事警察の実態
Pagetop

公安テロ情報流出事件の真実 ルクセンブルグの意図

「その2」で書きましたが、公安がある事件をでっち上げるために、このテロ情報流出事件を自作自演した、ということを書きました。
そしてこの情報流出ルートとしてルクセンブルグという国が挙げられていることに関して、「そのルクセンブルグの周辺国を見てください」ということも書きました。

周辺国は、ドイツとベルギーです。
この国に今行っているのは誰ですか?
警察はその人たちを巻き込もうとしています。

そしてとんでもない事件をでっち上げようとしています。
最近の記事を読んでみてください。



僕がなんの事件の犯人に仕立て上げられていますか?
メインになっているのは2つですよね。



テーマ : 検察・警察の腐敗
ジャンル : 政治・経済

2010-12-24 : ★テロ情報流出事件とJリーグ : コメント : 0 : トラックバック : 0
世界の脅威の真実 北朝鮮のミサイル発射の真実 北朝鮮による核実験の真実・ パソコン遠隔操作事件の真実 ・木嶋佳苗の真実 ・上田美由紀の真実 ・外事警察の実態
Pagetop

公安テロ情報流出事件の真実 謝罪の意図

警察が急に方向転換しました。

これは警察がネット上に流れた情報を公安の内部資料だったことを認めたことにして、そして会見で謝罪しているところを国民に見せて、事件を本物っぽく見せるためのアピールです。

僕にこのブログで自作自演をばらされたため、突然方向転換して本物をアピールしようとしているのです。
と言っても、警察はこの事件に関して、僕以外にも以前から周囲の人に怪しまれていたのではないでしょうか。
それだけ国民に警戒を呼びかけないということが不自然なことだからです。
そこに来て僕にブログでばらされたため急に謝罪をすることになった、ということが考えられます。


テーマ : 検察・警察の腐敗
ジャンル : 政治・経済

2010-12-24 : ★テロ情報流出事件とJリーグ : コメント : 0 : トラックバック : 0
世界の脅威の真実 北朝鮮のミサイル発射の真実 北朝鮮による核実験の真実・ パソコン遠隔操作事件の真実 ・木嶋佳苗の真実 ・上田美由紀の真実 ・外事警察の実態
Pagetop

公安テロ情報流出事件の真実 その2

今回は公安がテロ情報流出事件を自作自演した理由を書きます。

僕はこのブログで7月ころから警察が現在あるとんでもない事件をでっち上げようとしていることを訴えていますが、今回の公安テロ情報流出事件で、その事件をでっち上げるのに都合がいい情報が含まれています。

公安は情報が流出したルートとして、ルクセンブルグという国がかかわっていることにしています。
このルクセンブルグのある位置を見てみると、事件をでっち上げるのに好都合な位置なのです。

さらに最近アメリカも流出ルートとして出てきました。
これも事件をでっち上げるのに都合がいいのです。

こういうことからもこの流出事件が自作自演であることがわかります。
そして公安のテロ情報流出事件は間違いなくこの事件のでっち上げるために自作自演されたのです。

7月以降に書いた記事で、それっぽいものをつなぎ合わせてみてください。
それとルクセンブルグに関してはその国自体よりその周辺国のほうを見てください。
なんとなくでっち上げられようとしている事件の内容がわかるかもしれません。
ちなにみ8月半ばから12月まで更新をしていなかったので、7月以降の記事数はそれほど多くないと思います。

テーマ : 検察・警察の腐敗
ジャンル : 政治・経済

2010-12-20 : ★テロ情報流出事件とJリーグ : コメント : 0 : トラックバック : 0
世界の脅威の真実 北朝鮮のミサイル発射の真実 北朝鮮による核実験の真実・ パソコン遠隔操作事件の真実 ・木嶋佳苗の真実 ・上田美由紀の真実 ・外事警察の実態
Pagetop

公安テロ情報流出事件の真実 その1

このテロ情報流出事件も公安による自作自演です。

今回の警視庁公安部外事3課をはじめとする警察からのテロ情報流出事件によって、公安への情報提供者に命の危険があることになっていますが、それはどういうことかと言うと、「テロリストが情報を漏らした人間を暗殺しに来る」ということですよね。

ならば本来なら現在日本は厳戒態勢になっていなければおかしいじゃなですか。

そもそも今現在「日本で暗殺されるかもしれない人間が数人も存在している」なんていう、とんでもない事態になっているような雰囲気が感じられますか?

全く感じられないですよね。

「暗殺」ということ自体がもう現実離れしたとんでもないことだけど、暗殺って暗殺される人だけが危険なわけじゃなくて、暗殺が行われるその周辺にいる人も巻き添えを食う可能性もあるわけです。

さらにいうと今回の場合テロリストが暗殺行為を行うわけですから、テロ行為によって暗殺を実行する可能性だって考えられるわけです。
ということは暗殺される人の周りでかなり大勢の人が巻き添えを受ける可能性もあるわけです。

しかし今の日本にそんな危険な状況に置かれているような雰囲気を感じますか?
これっぽちも感じられないですよね。

なぜなら警察が国民には全く警戒を呼びかけていないからですよ。

警察が警戒を呼びかけたのは、情報提供者とされたわずかな人間たちにだけですから。

こんな間抜けなことがあるわけがない。


洞爺湖サミットや先月のAPECのように、日本で大きな国際会議が開かれるたびに、警察が日本中で厳戒態勢になっているのをニュースでやっていますよね。

なのに、情報流出によってテロリストが暗殺を行う可能性があるはずなのに、警戒を呼びかけたのは、情報提供者とされた人間たちという、恐ろしく小規模な警戒だけです。

完全に話が矛盾しているじゃないですか。
こういうことからしてもこんなテロ情報流出事件なんか絶対にあり得ないんですよ。





テーマ : 検察・警察の腐敗
ジャンル : 政治・経済

2010-12-19 : ★テロ情報流出事件とJリーグ : コメント : 0 : トラックバック : 0
世界の脅威の真実 北朝鮮のミサイル発射の真実 北朝鮮による核実験の真実・ パソコン遠隔操作事件の真実 ・木嶋佳苗の真実 ・上田美由紀の真実 ・外事警察の実態
Pagetop

Jリーグが利用されています 前回の補足

前回の記事の補足をしておきます。

事件のでっち上げの中心にいるのはもちろん警察です。
そしてその警察と付き合いのある連中が警察と同様に自分たちの保身のために警察に協力しているわけです。
しかも恐ろしく広範囲です。
さらに言うと国内だけとは限りません。

しかしその行為が汚いことへの協力だと知らずに協力させられている人たちも相当な数いるでしょう。

また前回の記事で、「でっち上げた事件を国民に伝わりやすくするための下準備をしているやつらがいる」ということを書きましたが、これに関しても、でっち上げの下準備だと知っていて積極的にしているやつらと、知らずにいつのまにか利用されている人たちがいます。

知っていて積極的にやっているやつらは、このブログの存在を知っているし、よくよく考えてみたら僕がこのブログを書く前から僕や僕の家族の存在自体も知っているじゃないですか。
知っていた証拠もあります。

なのでいくら偶然を装ったところで偶然でないことは明らかなのです。
しかも3日連続で下準備が出たり、あんな事件の直前に下準備が出たり。

それにここ10年Jリーグ以外に関しても、どれだけ都合がいいことがありました?
知っていて僕に疑いがかかるような都合がいいことが数十個もあった。

もう全てに関して偶然を装うのは無理ですよ。

それとJリーグ中継はこれらのことには関係ないと思います。
見ていてそう感じました。

また「人生をめちゃくちゃにされた人」というのは数年前の出来事です。



テーマ : 検察・警察の腐敗
ジャンル : 政治・経済

2010-12-14 : ■★Jリーグスパイ・テロリスト : コメント : 0 : トラックバック : 0
世界の脅威の真実 北朝鮮のミサイル発射の真実 北朝鮮による核実験の真実・ パソコン遠隔操作事件の真実 ・木嶋佳苗の真実 ・上田美由紀の真実 ・外事警察の実態
Pagetop

Jリーグが利用されています

Jリーグを利用してある大犯罪をでっち上げようとしているやつらがいます。

現在そいつらは話が国民に伝わりやすくするために下準備をしています。
偶然を装って。
そして犯罪とは全く無関係を装って。

さらにこの話造りのために既にその犠牲になって人生をめちゃくちゃにされた人もいます。


「いきなりJリーグなんて何を言い出すんだ」「頭がおかしくなった」と思われたことかと思いますが、これは僕のことがもし裁判沙汰になったときにわかると思います。

というかそいつらは裁判になった時のために自分たちの保身のためにでっちあげを行っているのです。
自分たちの立場を利用して。

テーマ : 検察・警察の腐敗
ジャンル : 政治・経済

2010-12-14 : ■★Jリーグスパイ・テロリスト : コメント : 0 : トラックバック : 0
世界の脅威の真実 北朝鮮のミサイル発射の真実 北朝鮮による核実験の真実・ パソコン遠隔操作事件の真実 ・木嶋佳苗の真実 ・上田美由紀の真実 ・外事警察の実態
Pagetop

足利女児殺害事件の真実

また僕に疑いがかかる情報が出ました。

このブログの08年1月6日の記事で、群馬と栃木県で連続して起きた女児殺害事件の新情報の内容が僕を連想させるような内容だったので、警察が僕に疑いをかけるために無理やり情報を造り上げたものだ、ということを書きました。


最近この群馬・栃木の一連の事件でまた新たな情報が出てきているのですが、これもまた僕を連想させるような内容になっていました。


その内容を書く前に一連の事件自体の内容を紹介しておきます。

1979年8月3日
栃木県足利市の5歳女児が自宅近くの八雲神社境内で遊んでいるうちに行方不明とり、6日後の8月9日、渡良瀬川近くで遺体となって発見された。リュックサック詰めで遺棄されていた。

1984年11月17日
栃木県足利市の5歳女児がパチンコ店で行方不明となり、1986年3月8日に自宅から1.7km離れた場所で白骨死体として発見される。


1987年9月15日
群馬県新田郡尾島町(現・太田市)の8歳の女児が子猫を抱いて自宅近くの尾島公園へ遊びに出かけたまま行方不明になり、翌年の11月27日、利根川河川敷で白骨死体の一部が発見された。


1990年5月12日
栃木県足利市の4歳女児がパチンコ店から行方不明となり、翌13日に渡良瀬川河川敷で遺体となって発見された。


1996年7月7日
群馬県太田市の当時4歳女児がパチンコ店から行方不明とり、現在も行方不明のままである。

そしてこれら5つの事件が狭い範囲で起きていて手口も似ているため同一犯による連続殺人事件なのではないかと言われています。


というのが事件自体の内容です。
08年1月6日の記事で書いたのはこのうちの96年の行方不明事件に関する情報に関してで、「パチンコ店の防犯カメラに映っていた犯人と疑わしい男の特徴が僕と共通している」ということを書きました。



そして今回出ている新情報は90年の事件に関する情報です。
皆さんもご存知でしょうが、この90年の事件はあの菅谷利和さんが91年に犯人として逮捕されその後DNAの再鑑定の結果によって今年になって無罪になった事件です。

そしてこの事件に関する新情報の内容は、この事件当日に渡良瀬川付近で不審な男を目撃していたという人がいて、その目撃者によると、その不審な男の特徴は「ルパンのような歩き方をする男だった」というものです。
要するに「この事件の真犯人はルパンのような歩き方をする男」だという情報なのです。


この真犯人の特徴と僕の特徴が一致しているのです。


ネット上にはこの新情報に関する記事がたくさん載っていますが、なぜかどこを見てもこのルパンの歩き方に関して詳しく説明していませんでした。
なので自分でルパンの画像や動画さがしてみたところ、ルパンの歩き方はズボンのポケットに手を入れて、顔を前に突き出して、要するに猫背のような感じで歩いています。

僕の歩き方もこのような感じなのです。

10年4月3日の記事でも書きましたが、僕は普段歩いているときポケットに手を入れるのがクセになっています。上着を着ているときは上着に入れていることが多いですが、着ていないときはズボンのポケットに手を入れています。
そして僕は小さいときから猫背で首が前に倒れていてよく親から注意されていました。さらに年のせいか最近は以前よりも首が前に倒れています。

という感じで僕とルパンの歩き方はよく似ています。

これでまた群馬・栃木連続女児殺害事件で出てきた情報が僕の特徴と一致した、ということになったわけです。

警察はまたこの事件を利用して地元の人たちに僕に対するさらなる疑いを持たせようとしているわけです。


ちなにみ08年1月6日の記事のでは「でもこれらの事件が一人による連続事件だとすると、最初に起きた事件が1979年なので僕が小学校低学年なので僕が犯人なんてあり得ません」ということも書きましたが、それを書いた後に、どの事件の情報だったかが定かではないのですが、「被害者の女児が事件当日10歳くらいの男との子一緒にいた」という情報が出ていたこともありました。(現在は見かけませんが)
もしこの情報が79年の情報だったとしたらまさかこの事件でも僕に疑いを着せようとしているわけじゃないですよね。もしそうならもう開いた口が塞がりません。(もうずーと以前からその状態ではありますが)


その他の子供を狙った犯罪のでっち上げに関しては、サイドバーにあるカテゴリの「子供を狙った犯罪のでっち上げ」を読んでください。






テーマ : 検察・警察の腐敗
ジャンル : 政治・経済

2010-12-12 : ◆子供を狙った犯罪のでっち上げ : コメント : 0 : トラックバック : 0
世界の脅威の真実 北朝鮮のミサイル発射の真実 北朝鮮による核実験の真実・ パソコン遠隔操作事件の真実 ・木嶋佳苗の真実 ・上田美由紀の真実 ・外事警察の実態
Pagetop
ホーム

プロフィール

hikky37

Author:hikky37
前科0、海外渡航暦0の普通の日本国民

カテゴリー

カレンダー

11 | 2010/12 | 01
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2カウンター

blogranking.net

blogrank

FC2ブログジャンキー

「アクセス数が全然伸びない…」そんな悩みをブログジャンキーが解決します!

リンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。