中国書記官スパイと映画「外事警察」 その2



「公安当局は書記官が着任当初からスパイとして同行を警戒していた」とされています。
http://www.yomiuri.co.jp/national/news/20120529-OYT1T00176.htm

しかし書記官に着任したのが07年7月
http://www.yomiuri.co.jp/national/news/20120529-OYT1T01585.htm

そして外国人登録証を不正入手したのが08年
http://jiji.com/jc/c?g=soc_30&k=2012052900155



公安は警戒していた最中に書記官に登録証を不正入手されていたことになる。

そして07年から警戒していたということは5年間も警戒してきたのに未だにスパイ活動を行っていたかどうかの断定ができていない。

そして結局書記官に中国に帰国されてしまった。



なのに公安は「スパイの疑い、スパイ疑い」と言い張っている。



なんだこのめちゃくちゃな状況。


さらに後から出てきた情報には、書記官が日本の防衛産業に関わる人物とも接触していたという情報があります。
http://www.yomiuri.co.jp/editorial/news/20120531-OYT1T01428.htm

しかしそれに関してもスパイ活動かどうかの確認がとれていない。


これらの情報が事実なら外事警察は5年間離れた場所からずっと書記官を見守っていただけで、スパイのやりたいことを全てやらせて、そしてそのまま国に帰らせた、ということになるわけです。

完全に外事警察の存在意味ゼロということになるじゃないですか

着任当初から動向を警戒していたといってしておきながら実際にはなにもしていなかった。
こんな馬鹿げた捜査があるわけが無い。


そしてマスコミはそんなむちゃくちゃな捜査をした警察を一切批判することはせずに、「スパイか?」「スパイじゃないのか?」と大騒ぎしている始末。

スパイ事件なんて上辺だけのインチキ事件ということです。

一見物凄い事件が起きているかのように見えるけど実際には中身が空っぽということです。

そしてこんなことをずーっと昔から繰り返してきているのです。

前回記事と合わせて読めば何回スパイ事件が発覚してもスパイ取締法が造られない理由がお分かりいただけたのではないでしょうか。




スポンサーサイト

テーマ : 最近のニュース
ジャンル : ニュース

2012-05-30 : ◇外事警察 : コメント : 0 : トラックバック : 0
世界の脅威の真実 北朝鮮のミサイル発射の真実 北朝鮮による核実験の真実・ パソコン遠隔操作事件の真実 ・木嶋佳苗の真実 ・上田美由紀の真実 ・外事警察の実態
Pagetop

中国書記官スパイと映画「外事警察」 その1




【この事件タイミング良過ぎ】

すごいタイミングで事件が発覚しましたね。

まずは事件内容です。
中国大使館の一等書記官が日本国内でウィーン条約で禁止されている商業活動を行ったとして警視庁公安部が出頭要請を行った。
その際に外国人登録証を不正入手した疑いもある。
公安部はこの書記官が過去に人民解放軍に所属していたことなどから日本でスパイ活動を行っていた可能性があり、商業活動はスパイ活動の資金稼ぎのために行っていたと見ている。
また中国人書記官は過去に松下政経塾に在籍していて日本の政界に人脈を造ろうとしていた可能性もある。
http://www.yomiuri.co.jp/national/news/20120529-OYT1T00176.htm


という内容の事件です。


この「警視庁公安部」とは正確に言うと警視庁公安部の「外事2課」という部署のことです。

外事1課がロシアや東欧のスパイなどを担当
外事2課が中国や北朝鮮などの東アジア担当
外事3課が国際テロを担当

なので中国人スパイとなれば外事2課が捜査を行っているということになるわけです。

そして警察の部署でこのような外事を担当する部署を「外事警察」と呼びます。


外事警察と言えば今週の土曜日6月2日からはその外事警察の活躍を描いた映画「外事警察 その男に騙されるな」が公開されます。

映画の詳しい内容はわからないのですが、朝鮮半島の核をめぐるスパイと外事警察との攻防という感じの内容らしいです。
映画の中では実在しない「外事4課」という部署が登場する設定になっているらしいですが、「朝鮮半島」ということは実際の外事警察でいうと「外事2課」担当ということになります。

またこの映画は先にNHKが09年にドラマとして放送していますが、その時には日本で中東のテロリストが暗躍しているが、そこには日本の政治家の利権が絡んでいるため外事警察が手を出せない、という感じの設定だったと思います。


「外事2課」と「スパイと政治家」


事件は映画と共通点だらけです。
これを偶然で片付けられますか?
これも捏造事件ですね。

外事警察の映画公開の直前に本物の外事警察が担当する本物の事件が発覚すれば映画のほうにも興味が沸きますし、映画を観れば本物の事件にもさらに興味が沸きます。
そしてこれによって国民の危機感をあおることができ、平和な日本に不必要になってしまった外事警察の存在意義をアピールすることができるわけです。


それを狙った見え見えの捏造事件です。


そしてこれと同じことが過去にもありましたよね。

2010年のアメリカでのロシアの美人スパイ(アンナ・チャップマン)事件とその直後にロシアの美人スパイ映画「ソルト」が公開された。

あれと同じ手法ですね。







【事件のカラクリ】

そもそも公安部は「この書記官が人民解放軍出身という理由から就任当初からマークしていた」などということ言っていますが、人民解放軍出身という情報はどこから入手できるのでしょうか。
もしそのような情報法入手があったとしてもその方法自体がなんらかの違法行為にはならないのでしょうか。


また公安部は「書記官自らが商業活動を行いスパイ活動資金にしていた」ということにしていますが、なぜわざわざスパイがそのような方法で資金を得なければいけないのか。
人民解放軍は国の機関なのだから活動資金は国(中国)から書記官の給料として支払えば済む話じゃないですか。
あるいは中国国内の誰かを通じて直接口座に入金すれば済む話じゃないですか。

それがわざわざ日本で外国人登録証を不正入手という危険をおかし、さらに禁止行為の商業活動をして資金を得るなど馬鹿げた話です。


これらのような馬鹿げた話や事件全体の内容からこんな感じのカラクリが考えられます。

日本が好きな中国人いて、その人が日本に来て交流を行ったり日本の大学で勉強をし、その後日本の政治も学んで、そして最終的に書記官となって日本の中国大使館で働いた。そして任期が満了したから中国に帰国した。

そしてこのような事実に、外事警察が「人民解放軍」や「商業活動」という一見それっぽい話を勝手に付け足してスパイ話に造り上げたのではないでしょうか。
外国人登録証の不正入手の件は、そもそも不正入手ですから身分を隠しているわけなので、他の中国人が不正入手した話をこの書記官がやったということにすることも可能ですし。

要するに外事警察は単に書記官が親日家であったことを逆に利用したということではないでしょうか。

そしてその話を映画「外事警察 その男に騙されるな」の直線に公表し、外事警察の存在をアピールしようとした。

という感じではないでしょうか。

また「外事2課」は北朝鮮担当でもあるので「僕担当」でもあるわけで、その2課がこのようなことを行ったということは、僕を北のスパイに仕立て上げやすくする工作ということも考えられます。


ちなみにロシアの美人スパイ事件でもスパイたちは「マネーロンダリングをしてスパイ資金を得ていた」ということにされていますが、犯罪を行って資金を得ていた、という点が同じですね。
しかしこのスパイたちはアメリカに入国した際に組織から家を与えられていたことになっています。家を提供できるのになぜ肝心の活動資金は与えられないのでしょうか。
この矛盾点も同じですね。

要するにどちらもやらせ事件ということです。








テーマ : 最近のニュース
ジャンル : ニュース

2012-05-30 : ◇外事警察 : コメント : 0 : トラックバック : 0
世界の脅威の真実 北朝鮮のミサイル発射の真実 北朝鮮による核実験の真実・ パソコン遠隔操作事件の真実 ・木嶋佳苗の真実 ・上田美由紀の真実 ・外事警察の実態
Pagetop

マインドコントロール事件の真実 その3



【中島さん騒動でもオウム情報】

「その1」の【マインドコントロール事件リレー】で説明しましたが、除霊歯科事件では「歯科医は麻原以上の霊能力者」というオウムにまつわる情報がありました。
実は中島さん騒動でもオウムにまつわる情報があったのです。
それは「占い師の岩崎理絵はオウム信者で現在逃亡中の菊池直子に似ている」という情報です。

占い師 岩崎理絵
占い師 岩崎理絵


オウム逃亡犯 菊池直子
オウム逃亡犯 菊池直子


マインドコントロールの代名詞でもあったオウム真理教の信者の平田信の出頭の直前直後に同じくマインドコントロール事件や騒動が起きて、さらにそれらにもオウムにまつわる情報が含まれている。

11年11月
 除霊歯科医事件 「麻原以上の霊能力者」



   12月31日
 オウム信者 平田信出頭



12年 2月
 中島知子さん騒動 「占い師は菊池直子似」



もう色々な共通点だらけで逆に何を目的に造られた事件なのかがわからなくなってきてしまいましたが、とにかくこれの状況からして偶然に起きた事件のわけがありません。
これらの事件が捏造、またはヤラセ騒動であることは間違いありません。

ちなみにこの「菊池直子に似ている」ということをテレビに出て話していたのはジャーナリストの有田芳生さんなのですが、「その1」では有田さんのことを「弁護士」などと説明してしまいました。
正しくは「ジャーナリスト」でした。訂正いたします。






【さらに増えた僕とマインドコントロール事件との共通点】

前回の記事で触れた「僕との共通点を発見」について説明します。

中島知子さんが置かれていた状況と僕が置かれていた状況が同じなのです。
中島さん騒動では大きく取り上げられた3つの要素がありました。

一つは「激太り」、一つは「休職」、そしてもう一つは「家賃滞納」でした。

またこれらの要素は中島さん騒動番組によく出演していた10年以上前に占い師と同居していたという女も「占い師に太らされた」「外出させてもらえなかった」などと証言していたり、ある女優も「昔占い師(中島さんのとは別の)と関わっていて仕事を辞めさせられ、借金が払えなかった」などと証言していました。

この「激太り」、「休職」、「滞納」という3つの状況は僕が警察からの監視を受け始めたころの状況とそっくりなのです。

僕は12年ほど前に警備員の仕事をしていましたが、その仕事に就いている間に自分が警察から監視をされていることに気付いたのです。

そしてその仕事を始めてから1年ほど経ってからうつ病が悪化したことや警察からの監視のストレスから警備員の仕事を休職し、結局そのまま辞めてしまいました。
そしてその頃から体重が急激に増え始め以前よりも10キロ以上増えたということがありました。結局その後2、3年後に体重は自然に元に戻りました。

そしてその仕事を辞める直前にある友人からある買い物をし、その支払いをローンで返済する約束だったのですが、収入がなくなったため支払いが出来なくなってしまいました。

僕の場合これらの事実は10年以上も前の話ですが警察がこれらの事実を知っていたのも確かです。

そしてそれ以来僕は仕事をしていません。
そしてここ数年はめったにそとにでなくなりました。

ということは長年仕事に就かず、そして外出もほとんどせずに生活していた、平田信とも状況が似ているわけです。


ということでさらに3つのマインドコントロール事件と僕とに共通点が増えたことになります。


除霊歯科事件では歯科医院の建物構造や歯科スタッフの構成が僕が通っていたA歯科医院とそっくりだった。

平田信出頭に関しては僕自身がオウム信者という疑いをかけられていて、その平田と同じような生活をしてきた。

中島さん騒動では「激太り」「休職」「滞納」という状況が僕が一時期置かれていた状況とそっくり。
また中島さんが借りていたマンションは僕が住む桶川市出身で僕の家族と接点がある本木雅弘さん。





【公安の狙い】

要するに公安はこのようなことにしたいのです。
歯科医院でマインドコントロールが行われていた除霊歯科事件を造ることによって、僕が通っていたA歯科医院のマインドコントロールによって僕はミサイル部品を扱う会社での事故やスパイ活動をさせられていた、という話を造りやすくすることができる。
そしてその事故と同じ年に起きたオウムサリン事件の逃亡犯平田信が長年働かず、ほとんど家から出ることもない生活を送っていたという話を造ることによって、僕にもオウム信者の疑いをかけやすくした。
そして中島さんのマインドコントロール騒動を造ることによって、僕が「劇太り」「休職」「滞納」していたのがマインドコントロールを受けていた証拠だ、ということにすることができるようになる。

このようなことにしたいがために3つのマインドコントロール事件は造られたということです。

このために中島さんは数年間利用され続け生活をめちゃくちゃにされたのです。そしてあの占い師、さらに占い師と10年以上前に同居していたという女は、公安の「協力者」です。

そして平田信の出頭劇も、本当に「劇」ということであり、除霊歯科事件も全部捏造です。







テーマ : 芸能界のニュース
ジャンル : アイドル・芸能

2012-05-26 : ■★マインドコントロール事件の真実 : コメント : 0 : トラックバック : 0
世界の脅威の真実 北朝鮮のミサイル発射の真実 北朝鮮による核実験の真実・ パソコン遠隔操作事件の真実 ・木嶋佳苗の真実 ・上田美由紀の真実 ・外事警察の実態
Pagetop

中島知子さんの天然痘記事の訂正



「マインドコントロール事件の真実 その2」の中の【中島知子さんが生物兵器の実験台】で中島さんが「2011年に天然痘にかかったことがある」と書きましたが、東京スポーツによると実際に天然痘にかかったのは中島さんが「幼少」の頃の話だそうです。
中島さんが幼少の頃に中島さんの家族が過去に受けた天然痘のワクチン「種痘(しゅとう)」から中島さんに感染したらしいです。
※「東京スポーツ 中島知子 天然痘」で検索

感染時の具体的な年齢はわからなかったのですが、「幼少」というとせいぜい小学生くらいでしょう。
ということは中島さんは現在40歳ですから、いまから30年くらい前の話ということになります。



ということで天然痘感染とあの占い師との同居とは全く関係が無くなったわけで、中島さんがテロの実験台にされたという話も無くなったわけです。

これで「中島さんのマインドコントロール騒動と僕や僕の家族とは関係が無くなったのか?」と思われるかもしれませんが、本木さんに関する話や、それ以前の2つのマインドコントロール事件の内容などを考えれば中島さんの騒動も関係があることは間違いありません。
そしてこれは後日説明しますが、またこの中島さん騒動と僕自身との共通点をさらに発見してしまいました。

なのでこの騒動は僕や家族に疑いをかけるために造られた騒動であることは間違いありません。


そして僕が「感染したのが2011年」と勘違いした理由にもそれを感じさせるものがあります。

僕は「中島知子」のウィキペディアの情報を元に記事を書いたのですが、その原文をそのままのコピーしました。

「2011年時点で、日本で最後に天然痘を罹患した人物である(正確には、予防接種の「種痘」を受けた家族から弱毒ワクチンが感染した「仮性天然痘」)。その際に、既にほとんど症例がなかったため、日本全国から医師の見学や皮膚のサンプルを提供して欲しいとのオファーが多数あった。」

URL http://ja.wikipedia.org/wiki/%E4%B8%AD%E5%B3%B6%E7%9F%A5%E5%AD%90


この文章だと「幼少の頃」という大事な部分が抜けているので、感染したのが11年だと勘違いしてもおかしくはないことはご理解いただけると思います。
現にネット上では僕以外にもウィキペディアの記事をそのまま利用して「幼少の頃」だと思っていない人もいます。

これは田口八重子さんの時の「写真が撮影されたアパートがあたかも川口市にあるかのように誤解せる工作」と似ています。
※カテゴリ「田口八重子さんの情報の嘘」の中の「その2」と「その2-2」


「幼少の頃」を書かないことによって、ウィキぺディアの読者にあたかも占い師と同居中に感染したかのように誤解させ、占い師と天然痘感染に関係があるかのように勘違いさせ、オウム事件のようなマインドコントロールテロの噂を広めようとした。

ということが考えられます。

そしてこの表現だと「中島さんが最後の感染者」ということに関しては間違っていないので堂々と載せることができるわけです。

田口さんの写真のアパートが川口市ではないのに川口市と誤解させるようとしたのと同じなわけです。


要するに公安か誰かが情報操作をしているのではないでしょうか。



テーマ : 芸能界のニュース
ジャンル : アイドル・芸能

2012-05-10 : ■★マインドコントロール事件の真実 : コメント : 0 : トラックバック : 0
世界の脅威の真実 北朝鮮のミサイル発射の真実 北朝鮮による核実験の真実・ パソコン遠隔操作事件の真実 ・木嶋佳苗の真実 ・上田美由紀の真実 ・外事警察の実態
Pagetop
ホーム

プロフィール

hikky37

Author:hikky37
前科0、海外渡航暦0の普通の日本国民

カテゴリー

カレンダー

04 | 2012/05 | 06
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2カウンター

blogranking.net

blogrank

FC2ブログジャンキー

「アクセス数が全然伸びない…」そんな悩みをブログジャンキーが解決します!

リンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。