スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-------- : スポンサー広告 :
世界の脅威の真実 北朝鮮のミサイル発射の真実 北朝鮮による核実験の真実・ パソコン遠隔操作事件の真実 ・木嶋佳苗の真実 ・上田美由紀の真実 ・外事警察の実態
Pagetop

自衛隊機飛行日の変化とその狙い

去年の11月29日の午前6時20分、25分に軍用ヘリが爆音を立てて南から北へ通過していったことがありました。そんな早朝に家の近くを飛んだことはありませんでした。
実はそれ以降から自衛隊機の飛び方がそれまでと変わってきました。
それまではA、B事件で動きがあったときは必ずと言っていいほど自衛隊機、特にヘリは家の近く、あるいは真上を飛んできましたが、去年の暮れあたりから逆にA、B事件で動きがあった日には飛ばなくなり
何もない日に飛ぶようになったのです。
そしてこのブログの最初の記事で書いたように、以前は自衛隊ヘリが家の完全に真上を飛ぶことがしょっちゅうありましたが、それもかなり減り、家から数百メートル離れた位置を飛ぶことが多くなったのです。
恐らくそのころからB事件の証拠がどこからも出ないのでまずいと思い始めたのではないでしょうか。
しかし突然飛ぶのを止めてしまうと今までやってきたことが間違い(どのみち間違いで犯罪行為)だったことを認めることになるので飛ぶ日を変えて、あたかも今まで僕の家の近く、あるいは真上を飛んでいたのは偶然だったかのように装って、このことが公になったときにごまかそうとしているのではないかと思います。
それと警察や自衛隊が一番恐れているのは、いくら調べてもB事件の証拠が出てこないことによる警察、自衛隊内部からのB事件に対する疑いの声が出てくることと、警察といっしょになって僕のことを要注意人物扱いしてきた地元の人間から警察や自衛隊に対する疑いの声がでてくることです。
志布志町のでっち上げ事件でもありましたが、内部告発が出るとごまかしようがなくなってしまうからです。
そういう内外の人たちの疑いを消すために、自衛隊機を飛ばしつづけ、警察は監視活動を続けてまだ僕に疑いがかかっていることを装っているのではないかと思っています。
スポンサーサイト

テーマ : 自衛隊/JSDF
ジャンル : 政治・経済

2007-04-27 : ◇自衛隊の動き : コメント : 0 : トラックバック : 0
世界の脅威の真実 北朝鮮のミサイル発射の真実 北朝鮮による核実験の真実・ パソコン遠隔操作事件の真実 ・木嶋佳苗の真実 ・上田美由紀の真実 ・外事警察の実態
Pagetop
コメントの投稿
非公開コメント

Pagetop
« next  ホーム  prev »

プロフィール

hikky37

Author:hikky37
前科0、海外渡航暦0の普通の日本国民

カテゴリー

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2カウンター

blogranking.net

blogrank

FC2ブログジャンキー

「アクセス数が全然伸びない…」そんな悩みをブログジャンキーが解決します!

リンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。