スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-------- : スポンサー広告 :
世界の脅威の真実 北朝鮮のミサイル発射の真実 北朝鮮による核実験の真実・ パソコン遠隔操作事件の真実 ・木嶋佳苗の真実 ・上田美由紀の真実 ・外事警察の実態
Pagetop

もしかしてあれが理由?

今回の記事は僕を北朝鮮のスパイやアルカイダのテロリストに仕立て上げている警察や自衛隊、その他の人間たちに対する記事です。
個人情報を出さないために物凄く抽象的に書いているので一般の方にはさっぱりわからないと思います。





もしかして僕を北朝鮮のスパイやアルカイダのテロリストとして疑いをかけるのはネット上で使う「あれ」をその理由のひとつとしているのでしょうか。

だとしたら説明しておきます。
「あれ」のうちの1つで使っている数字に関しては最初からあの数字を使うつもりで、理由は単にゴロがいいから使っただけ。そしてそれについている文字は最初はあの形ではなく先客がいたからしかたなくあの形になっただけ。

もう一つの「あれ」は文字のほうは僕の苗字の頭の部分で、数字は名前の画数とその画数と相性のいい数字を間にはさんだだけ。あの2つの数字は暗証番号ではよく使っています。

他の「あれ」は、僕が作ったのではなく、そこの会員になったら自動的に決められたものをそのまま使っただけです。自動的に決められたものを使っているのはそのブログだけではありません。

というだけのことだよ。



正直自分でも最初に「あれ」に気づいたときはドキリとしました。しかしよくよく考えてみればあれを僕をスパイやテロリストだとする理由にするにはかなり無理があることがわかります。

こういうことです。
あれを理由にするならそれ以外にたくさんある「あれ」は一体何なんだということです。
それとそもそもこれだけ脅迫や露骨な監視をされていて、もし僕がスパイやテロリストだとするなら、わざわざ監視されているネット上で自分に疑いがかかるようなものをなぜ公開するのか。なに一つ得することはないということです。
さらに僕がスパイやテロリストではないと訴えているブログの中の一つでもあれを使っている。
自分がスパイやテロリストではないと訴えているのにそこに自分がスパイやテロリストだと疑われるものを使ってなんの意味があるのでしょうか。わけがわかりません。

それとあのゴロがいい数字のほうを僕をスパイやテロリストとする理由にするにはかなり無理があります。
ネットであの事故(X社での事故ではありません)に関して検索すると、そもそもあの事故がテロだったという説は、発表された事故原因以外にたくさんの事故原因が考えられていて、そのたくさんの原因の中に事故はテロだったのではないかと噂を立てている人間がいるという程度じゃないですか。
それとあのゴロがいい数字は人間は色々な場面で昔から使ってきていますよね。僕だけが使っているわけではありません。テレビ番組でも使っているじゃないですか。


あの二つを僕を北朝鮮のスパイやアルカイダのテロリストととする理由にしようとするのは、他にまともな理由が何一つないことを証明しています。そしてなんとしてでも僕をスパイやテロリストに仕立て上げたいという願望に取り付かれています。
そして書くのも馬鹿らしいですが、なんといっても北朝鮮のスパイとアルカイダのテロリストという全く違う犯罪で一人の人間に疑いをかけている時点であり得ないことです。
スポンサーサイト

テーマ : 検察・警察の腐敗
ジャンル : 政治・経済

2008-07-17 : ★ブログでテロ・スパイ指令? : コメント : 0 : トラックバック : 0
世界の脅威の真実 北朝鮮のミサイル発射の真実 北朝鮮による核実験の真実・ パソコン遠隔操作事件の真実 ・木嶋佳苗の真実 ・上田美由紀の真実 ・外事警察の実態
Pagetop
コメントの投稿
非公開コメント

Pagetop
« next  ホーム  prev »

プロフィール

hikky37

Author:hikky37
前科0、海外渡航暦0の普通の日本国民

カテゴリー

カレンダー

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2カウンター

blogranking.net

blogrank

FC2ブログジャンキー

「アクセス数が全然伸びない…」そんな悩みをブログジャンキーが解決します!

リンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。