スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-------- : スポンサー広告 :
世界の脅威の真実 北朝鮮のミサイル発射の真実 北朝鮮による核実験の真実・ パソコン遠隔操作事件の真実 ・木嶋佳苗の真実 ・上田美由紀の真実 ・外事警察の実態
Pagetop

今の日本で裁判員制度は絶対に無理

今までこのブログで書いてきたように、警察は自分たちの都合が良くなるありとあらゆる嘘を造り上げて、僕を北朝鮮のスパイや、アルカイダのテロリスト、子供を狙った犯罪者などに仕立て上げてきました。
こんなことが簡単に出来てしまう今の日本で裁判員制度を始めるのは大変危険ではないでしょうか。

もし警察が僕をスパイやテロリストなどの罪で不当逮捕して、裁判が行われたらどうなっていたでしょうか。
警察によって造り上げられた「日本には北朝鮮のスパイがたくさんいる」や、「アルカイダのテロリストがいる」などというあらゆる嘘をマスコミを通じて散々聞かされた国民が裁判員として裁判に参加したらどうなるでしょうか。
これらの嘘が裁判員に何らかの影響を与えて警察や検察が有利になる判断をする可能性があります。

要するに今の日本では警察が自分たちの有利になる立場を簡単に作り上げることができる状況にあるというわけです。
こんな卑怯な状況がある限り、裁判員制度は大変危険です。

それともう一つ危険な状況があります。
それは今全国の警察で広められている防犯協定や防犯パトロール隊です。
これに参加している人達は警察を信じきっています。
ブログで紹介しましたが、桶川でも狂信的に警察の「僕は要注意人物」ということを信じきって防犯協定や防犯パトロール隊が僕の監視を行っています。

こういう例はごく限られていますが、このような場合い以外でも防犯協定や防犯パトロールに参加している人たちは警察を信じきって頼りきっています。
このように警察を信頼しきっている人たちが裁判員に参加したらどうなるでしょうか。裁判になんらかの影響を与える可能性はないと言えるでしょうか。

今警察が日本中でどんどん防犯協定を広げてています。
特に僕がいる埼玉県は防犯パトロール隊が日本一多いそうです。
それに日本ではじめて郵便局と防犯協定を結んだり、埼玉県の全てのコンビ二と連携をしているという異常ぶりです。
こういう防犯協定や防犯パトロール隊に参加して警察を狂信的に信じている上に、警察の嘘情報を聞かされた人たちが裁判員として裁判に参加したらどうなるでしょうか。
裁判になんの影響も与えないと言い切れるでしょうか。


以前アメリカで被告が黒人の裁判で、裁判員に白人ばかり選ばれて被告が有罪になって黒人が暴動が起こしたということもありました。
日本は大丈夫なのでしょうか。本当に裁判員はランダムに選ばれるのか。

そもそも一体なぜ小泉元首相は突然裁判員制度を始めようと言い出したのでしょうか。
スポンサーサイト

テーマ : 検察・警察の腐敗
ジャンル : 政治・経済

2008-08-07 : 〇その他の事件・事故・人権侵害など : コメント : 0 : トラックバック : 0
世界の脅威の真実 北朝鮮のミサイル発射の真実 北朝鮮による核実験の真実・ パソコン遠隔操作事件の真実 ・木嶋佳苗の真実 ・上田美由紀の真実 ・外事警察の実態
Pagetop
コメントの投稿
非公開コメント

Pagetop
« next  ホーム  prev »

プロフィール

hikky37

Author:hikky37
前科0、海外渡航暦0の普通の日本国民

カテゴリー

カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2カウンター

blogranking.net

blogrank

FC2ブログジャンキー

「アクセス数が全然伸びない…」そんな悩みをブログジャンキーが解決します!

リンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。