スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-------- : スポンサー広告 :
世界の脅威の真実 北朝鮮のミサイル発射の真実 北朝鮮による核実験の真実・ パソコン遠隔操作事件の真実 ・木嶋佳苗の真実 ・上田美由紀の真実 ・外事警察の実態
Pagetop

ロシア・北朝鮮スパイ事件と日本のスパイ事件 その1

前置きです。
今回からの記事はまだ何一つ事件として表に出てきていないものを僕が一方的にスパイ事件と言っているだけなので、読んでいる方は「何だこれ」と思うかもしれませんが、とりあえず暇つぶしのつもりで最後まで読んでください。
それと少しでも詳細に書いてしまうと登場人物が誰なのか簡単にわかってしまい、その人に大変な迷惑をかけてしまうので、物凄く大雑把にしか書けません。ご了承ください。

それとサイドバー・カテゴリ「公安警察とCIAがテロ謀略」の3つの記事のように、僕は以前にアメリカの捜査機関にとって都合が悪くなることを告発した人間だということを前提で読んでいただけると話に信憑性が出ると思います。



本題です。
このブログの10年6月5日の記事「北の軍事スパイと埼玉・鳥取・宮城・大阪事件」の中で「公安警察はまた新たに日本でスパイ話をでっち上げようとしている可能性があります。後日書きます」ということを書きました。

今回はそれについて書きます。

僕は自分が公安警察からスパイやテロリストに仕立て上げられているせいで、普段から自分や家族など、周囲にスパイやテロリストとして疑いをかけられそうなことが起きていないかを気にしています。
そうしている中で、一つ気になることを見つけたのです。それが上に書いた「公安警察はまた新たに・・・」なのです。

ある有名人の周囲でスパイ話を造れそうな状況があったのです。「超」が付くほどの有名人です。
そしてその有名人と僕の家族があることでつながりがあるのです。つながりといっても直接つながっているわけではなく、「ある場所」を通じて間接的につながりがあるだけです。

もちろん10年も僕ら一家を監視している公安はそんなことは知っています。

ということはそのスパイ話を造れそうな有名人と、十年も前からスパイに仕立て上げられている僕の家族につながりがあるということは、公安はさらに僕ら一家にスパイの疑いをかけやすくなるというわけです。
(というかこの有名人のスパイ話を造れそうな状況は公安自身が造ったものです 後日書きます)

僕はこのことに1年位前から気づいていたのですが、最近になってさらにスパイ話として疑いをかけられそうな進展が次々と出てきたのです。

そしてこれらの進展を合わせるとこのようなスパイ事件を造ることができるのです。

現在僕や家族は北朝鮮のスパイに仕立て上げられているわけです。
そして一見僕や家族とは全く関係ないように見えるある有名人は、自分の職場である国のスパイと接触して情報のやり取りを行っている。
またある国のスパイは他にもいて、自衛隊の情報を盗んだりもしている。
そしてその有名人は「ある場所」にその情報を伝え、僕の家族は「ある場所」でその情報を聞いて情報のやり取りを行っている。
結局一見全く関係ないように見えるこれらの人たちは実は大きなスパイ団だった。
また有名人は海外にもよく行き、そこでもスパイ活動を行っている。
僕を含めたスパイ団は日本や世界で活動を行っている大規模スパイ団だった。

と言う話が出来上がるのです。
(実際には話はもっと細かく具体的です)


そしてこのこのような状況を気にかけているうちに、あのアメリカでのロシア人スパイ事件が起きたのです。


実はこのロシア人スパイ事件と僕が置かれている状況や僕が説明した日本のスパイ話の内容が酷似しているのです。


これらの酷似点です。


まず僕は10年ほど前からスパイに仕立て上げられ公安警察から監視を受けています。
ロシアスパイ事件も7年以上前からFBIが監視をしていたことになっています。
どちらも長期間の警察の監視がある。


僕はネット上に自分が無実であることを告発するブログや、小遣い稼ぎのためにはじめた日常の日記のようなブログを持っています。
ロシアスパイ事件でもスパイの一味のアンナチャップマンが自分のことを記した日記のような記事を書いていたSNSを持っていたことになっています。
どちらもネット上に記事を投稿している。


そして日本のスパイ話には、これをスパイ事件とするとかなりの数の人間がかかわったスパイ事件ということになる。
ロシアスパイ事件も11人という大勢の人間がスパイとして逮捕されたことになっています。
どちらも大勢のスパイが活動している。


日本のスパイ話には超が付くほどの有名人が登場します。
ロシアスパイ事件のほうもアンナチャップマンというスパイ活動中にマスコミにインタビューを受けて人前に出ていた有名人が登場します。
どちらも実は有名人がスパイだった。


日本のスパイ話はそれが本当にスパイ事件だとすると、超有名人が海外をまたにかけてスパイをするという、まるで映画のような事件になります。
ロシアスパイ事件も「まるでスパイ映画さながら」と言われていた内容の事件です。
どちらも人の興味を引くような映画さながらの内容。



そしてどちらもちょっと冷静になって見るとあまりにも馬鹿げたあり得ないスパイ事件。


という感じで共通点だらけなのです。
これが偶然だと思いますか?



次回に続きます。








スポンサーサイト

テーマ : 検察・警察の腐敗
ジャンル : 政治・経済

2010-07-14 : ■露・北スパイ事件とJリーグスパイ事件 : コメント : 0 : トラックバック : 0
世界の脅威の真実 北朝鮮のミサイル発射の真実 北朝鮮による核実験の真実・ パソコン遠隔操作事件の真実 ・木嶋佳苗の真実 ・上田美由紀の真実 ・外事警察の実態
Pagetop
コメントの投稿
非公開コメント

Pagetop
« next  ホーム  prev »

プロフィール

hikky37

Author:hikky37
前科0、海外渡航暦0の普通の日本国民

カテゴリー

カレンダー

03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2カウンター

blogranking.net

blogrank

FC2ブログジャンキー

「アクセス数が全然伸びない…」そんな悩みをブログジャンキーが解決します!

リンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。