スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-------- : スポンサー広告 :
世界の脅威の真実 北朝鮮のミサイル発射の真実 北朝鮮による核実験の真実・ パソコン遠隔操作事件の真実 ・木嶋佳苗の真実 ・上田美由紀の真実 ・外事警察の実態
Pagetop

公安警察の卑劣なテロリスト仕立て上げの手口


実は先日友人と会う機会があったのですが、そこで公安警察によるテロリスト仕立て上げの卑劣で陰湿な工作を見つけてしまいました。
今回はそのことに関して書きますが、その前に読者の方はある疑問がわいていると思うのでまずはそのことについて説明します。






【監視を受けている人間が人と会っていること】

読者の中には

「警察からスパイやテロリストに仕立て上げられている人間が、友人と出かけているなんておかしいだろ」

と思ったかたがいらっしゃると思います。
僕自身もそれはわかっています。

しかし僕は今まで警察から直接接触されたことは一度も無いし、誰かから拘束されているわけでもありません。
そしてカテゴリーの「僕が無実である決定的な証拠」で書いているように、僕が何らかの犯罪者と言うのはもうあり得ないことなのです。
それを強引に警察が無視して自分たちの保身のために勝手に仕立て上げ続けているだけの状態なのです。

だからもうこちらもそんなことは関係なしに自由に行動を取っているのです。
それとこの友人たちは僕が警察から監視を受けるようになってから一番多く会っている友人たちです。
ということは当然既にこの友人たちも警察の監視対象になっているはずです。
本人たちは全くそのことに気付いていませんが。
なので今更友人たちに気を使っても意味はないわけです。
だから平然と友人たちと会っているのです。







【友人の代車のナンバー911】

ここからが今回の話です。

先日友人から電話があり、

「この前別の友人の父親が亡くなったけど、式は既に済ませているので、線香だけでも上げに行こう」

という誘いがありました。
その父親が無くなった友人は僕の家族が亡くなった時の式に来てもらっているということもあり、僕は行くことに決めました。
そしてその電話から約1週間後に友人宅に線香を上げに行くことになりました。
僕一人ではなく、電話の主と、他の友人2人、計4人で行くことになりました。


その当日はじめに電話をくれた友人が車で僕を迎えに来てくれました。
友人はその日より前に車が事故に合い、修理に出していたため、迎えに来たのはその代車で来たのです。
そして一旦別の場所にみんなで集まってから友人宅に線香を上げにいったのです。
その一旦集まった場所で、とんでもないことに気付きました。

その僕を迎えに来てくれた友人の代車のナンバーをふと見てみたところ、なんと “911” だったのです。

僕は直ぐに 

“これは完全に僕や友人をテロリストに仕立て上げるための公安による陥れ工作だ”

と感じました。
だってそうですよね。
テロリストに仕立て上げられている人間の友人の代車のナンバーがよりによって911ですよ。
そもそも911ナンバーなんて、不謹慎でさらに人から怪しまれるようなナンバーを付ける人なんかいませんよね。
そして自分のお客が怪しまれてしまうようなナンバーを車の修理会社がつけるなんてあり得ないです。

これは間違いなくこの911ナンバーかあるいは911ナンバーの付いた車自体を公安が修理会社に渡したものです。


でここでさらにぞっとすることは、よりによってその車で僕を迎えに来たという点です。
車の修理は何ヶ月もかかるようなものではありません。
そして僕はその友人と会うのは2~3年に1回程度なのです。
それなのに、友人と僕があう直前に事故に合って、911ナンバーの代車が与えられ、その車で僕を迎えに来たのです。

ということは事故自体が公安による当たり屋だった可能性があるということです。

しかしここで失敗したことがあります。
実はその事故に合った日が具体的にいつだったのか聞いていないのです。
気付いたのが一旦集まった場所だったので、また帰りにその車で送ってもらう時に聞こうと思っていたのですが、線香を上げ終わった後にみんなでコーヒーを飲んだのですが、それが結構楽しくてすっかり事故のことを忘れてしまったのです。
おはずかしい。

友人から電話があったのが、線香を上げに行く日の約1週間前ですから、その間に事故に合ったとしたらもう間違いなく公安の仕業、
と言いたいのですがその事故日がわからないのです。

しかし、もうテロリストに仕立て上げられている人間の友人に911ナンバーの代車が渡された時点で既に公安による謀略であることは間違いありません。
ナンバーなんか直ぐに手に入るものではないので、前々から計画されていた公安による謀略であることは間違いありません。






【しかしこんなのあり得ない】

公安は、僕らが911ナンバーの付いた車に乗っているところを周囲に見せて、そしてその目撃者を造って、後に裁判沙汰になった時に、

「以前にお前らが911なんていうナンバーが付いた車に乗っていたという目撃証言があった」
「これがテロリストの証拠の1つだ」

という具合にするための工作でしょう。
それ以外考えられないですから。

しかし実際にはこんなことあり得ないです。

なんでテロリストがわざわざ自分たちがテロリストであることをそこらじゅうに言いふらすようなまねをするのですか。

これでなんの得があるのですか。
警察に「私を早く捕まえてください」と言っているようなものじゃないですか。
しかもこの友人宅の車庫は交通量の多い通りに面していて、さらにその車庫は屋根も門もなく、またさらに車は通りに面して前か後ろを向けるように停めるようになっているのです。
要するにどこから見てもナンバーが丸見えの状態なのです。
これだと行きかう車や通行人に、私は怪しい人間です、テロリストですと宣伝しているようなものじゃないですか。
そしてその車で職場に行ったり街中を走ってテロリストであることを宣伝しまくっていることになるわけです。

また線香を上げにいくのに一旦集まった場所と言うのは、交番の直ぐ近くで、行きと帰りにその前を通過しているのです。


そんなわけのわからないことをして何の得があるというのでしょうか。
一見手の込んだ謀略ですが、全く持って馬鹿げた意味の無い謀略と言うわけです。

しかしこのことは公安警察が公権力と自分たちの社会的な立場、そして人脈を使えば簡単に人を陥れることができるという証明でもあります。
公安警察はこういうことが簡単にできてしまう組織なのです。





スポンサーサイト

テーマ : 警察・検察の組織的犯罪
ジャンル : 政治・経済

2011-09-12 : ★テロリスト関連記事 : コメント : 0 : トラックバック : 0
世界の脅威の真実 北朝鮮のミサイル発射の真実 北朝鮮による核実験の真実・ パソコン遠隔操作事件の真実 ・木嶋佳苗の真実 ・上田美由紀の真実 ・外事警察の実態
Pagetop
コメントの投稿
非公開コメント

Pagetop
« next  ホーム  prev »

プロフィール

hikky37

Author:hikky37
前科0、海外渡航暦0の普通の日本国民

カテゴリー

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2カウンター

blogranking.net

blogrank

FC2ブログジャンキー

「アクセス数が全然伸びない…」そんな悩みをブログジャンキーが解決します!

リンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。