スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-------- : スポンサー広告 :
世界の脅威の真実 北朝鮮のミサイル発射の真実 北朝鮮による核実験の真実・ パソコン遠隔操作事件の真実 ・木嶋佳苗の真実 ・上田美由紀の真実 ・外事警察の実態
Pagetop

北朝鮮情勢は嘘で塗り固められている その2




【現在のミサイル発射情報も謀略】

現在北朝鮮が衛星と主張しているミサイル発射問題で騒ぎになっていますが、ここでもあり得ない状況になっています。

政府やマスコミはミサイルが日本に落下した場合に備えて自衛隊がPAC3で撃墜する、ということで騒いでいますが、PAC3の撃墜が失敗し実際に国民に被害が出た場合国はどう対応するのか、そして国民はどうすれがいいのか。
そのことに日本政府やマスコミが触れたことがありますか?

ないですよ。
出てくるのはPAC3や外交関係の話ばかりです。

そしてそれだけではありません。

ミサイル情報が事実なら今、日本は恐ろしい緊急事態にみまわれている「はず」なのです。

撃墜に失敗して日本にミサイルが落下し被害が出て、さらにその後はどうなりますか。

当然 日米韓 対 北朝鮮 の戦争が始まる事態となる「はず」なのです。

市民に被害が出ようが出まいが、他国のミサイルが日本の国土上に落ちてきたら当然ただでは済まないことになるわけです。
しかもそれが日本人を拉致した北朝鮮のミサイルで、その北朝鮮は日本と軍事面で連携している韓国に対して軍事攻撃をしたことになっているわけですから本来なら戦争が始まるような事態に陥るはずなのです。

そして北朝鮮側もミサイルを撃墜した場合戦争行為とみなし反撃するということを言っています。
http://sankei.jp.msn.com/world/news/120405/kor12040522320006-n1.htm

しかしそのような事態になった場合の日本政府からの全国民に対する説明は全くありません。

ミサイルが落下した時よりも、落下後のほうが深刻な問題が待っているはずなのに政府が行ったことはミサイル撃墜のための自衛隊配備や外交に関する活動だけで、国民に対する本当にするべき具体的な説明を一切していないという状況なのです。
これはあり得ないことです。

そしてわかりやすいのがテレビの報道です。
こんな深刻な事態が迫っているというのに、アナウンサーはミサイル報道が終ったとたん笑顔を浮かべて次のニュースを伝えているのです。

PAC3や中国、ロシアの対応、国連の動き、とどうでもいいことばかり報道し、そしてそのどうでもいいニュースが終ったら直ぐに笑顔を浮かべるアナウンサー。

まるで深刻な事態が迫っているような雰囲気が伝わってきません。
そして09年4月にもミサイル発射が行われたことになっていますが、この時も今回と同じような状況でした。
こんなに危険な行為が繰り返されるというのに、結局前回と同じことをやっているだけということです。

このようにマスコミや政府が余裕でいられるのは、このミサイル情報がインチキであることを知っているから、と考えられます。

そしてこれによって国民も深刻な事態が迫っているという感覚がわかず、ミサイル発射をなんらかの催し物でも起きるかのような楽観的な捕らえ方をしてしまっているのです。

ちなみにマスコミによる恒例の「北の狙いは」という分析は今回もまた「国内外に軍事力の誇示」「記念式典」という全く同じ内容でした。

とても納得のいくものではありません。







【今回は食糧支援阻止目的の謀略】

今回のミサイル発射情報はアメリカが北朝鮮に食糧支援を準備段階で出てきました。
これまで同様にあり得ないタイミングでの情報です。

これは食糧支援阻止とテロ国家再指定狙いの謀略というわけです。

ということは本当に「衛星」打ち上げようとしているのを無理やり「弾道ミサイル」としようとしているか、あるいはミサイル発射情報自体が嘘ということでしょう。
後者の場合あの発射準備映像や北のニュース映像をはじめ様々な北朝鮮情報が捏造されているということになるわけです。


しかしそもそもこの食糧支援もおかしな話で、ここ最近では核実験、ウラン濃縮、延坪島事件と散々やりたい放題やってきた北朝鮮に対して食糧支援しようとしていること自体があり得ないことです。

その1でも説明したようにこの食糧支援もまたそれまでの北の情報が謀略であることを物語っているわけです。


09年4月にもミサイル発射が行われ日本上空を通過したことになっていますが、2、3十メートルもある大きなミサイルが発射されても、高度数百キロ上空を通過するため目撃者が1人もいないわけなので、ミサイルが本当に日本上空を通過したかは確かめようが無いわけです。

また核実験も北朝鮮国内で行われたため当然目撃者はいないわけです。

なので謀略はそれほど難しくないわけです。






【インチキと知りながら騒ぐ理由】

ではなせ北に関する情報がインチキと知りながらこれほどマスコミや政府は騒ぐのか。

マスコミに関しては、雰囲気的に見て単純に北朝鮮が嫌いなのではないでしょうか。そして北が悪(あく)という話のほうが報道として盛り上がるのではないでしょうか。
だからインチキとわかっていてもその話に便乗して騒ぐのではないでしょうか。
そんな感じに見えます。

そして政府に関しては米韓、そしてマスコミとの「しがらみ」でしょう。
もともと日米韓VS露中朝という構図があるため米韓が騒いだらそれに付き合わなければこの関係にヒビが入ってしまう危険性が出てくる、という理由でしょう。

これに関しては米韓も同じで他の国が騒いだらそれに付き合わなければいけないわけです。

そしてインチキとわかっていてもそのような情報が出てマスコミが騒いでいるのに政府がなにもしなかったら逆に政府のほうが国民から非難されるにことになります。
このようなしがらみからがあるためお付き合いで騒いでいるのでしょう。

しかし、かといってやりすぎると今度は国民が混乱し収集がつかなくなってしまい、へたをすると本当に戦争に発展してしまう恐れがあるわけです。
だから上で説明したような「中途半端な姿勢」をとっているということなのです。






【諸悪の根源は各国の捜査機関】

そしてこれらの騒ぎの大元となっている北に関する謀略情報源は韓国の国家情報院や日本の公安警察、そしてアメリカのCIAなどの捜査機関です。
どの国の捜査機関も北朝鮮の立場が良くなってしまうと自分たちの仕事が無くなってしまい、捜査機関の存続が危うくなるという問題を抱えているのです。

だからこそ北の立場が良くなりそうになると北に関する悪い情報を流し、北が悪の国家であることを国内外にアピールして自分たちの仕事のネタを確保しているのです。

そしてどの国の政府もこの自国の捜査機関が怖いのです。
だからその話に付き合わざるを得ないわけです。


北が次から次へと悪いことを繰り返しているにも関わらず、いつまで経っても戦争には発展しないというあり得ない状況はこのようなカラクリで生まれているのです。


これが北朝鮮情勢の本当の姿です。






スポンサーサイト

テーマ : 北朝鮮問題
ジャンル : 政治・経済

2012-04-09 : ■北朝鮮情勢は嘘で塗り固められている : コメント : 0 : トラックバック : 0
世界の脅威の真実 北朝鮮のミサイル発射の真実 北朝鮮による核実験の真実・ パソコン遠隔操作事件の真実 ・木嶋佳苗の真実 ・上田美由紀の真実 ・外事警察の実態
Pagetop
コメントの投稿
非公開コメント

Pagetop
« next  ホーム  prev »

プロフィール

hikky37

Author:hikky37
前科0、海外渡航暦0の普通の日本国民

カテゴリー

カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2カウンター

blogranking.net

blogrank

FC2ブログジャンキー

「アクセス数が全然伸びない…」そんな悩みをブログジャンキーが解決します!

リンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。