スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-------- : スポンサー広告 :
世界の脅威の真実 北朝鮮のミサイル発射の真実 北朝鮮による核実験の真実・ パソコン遠隔操作事件の真実 ・木嶋佳苗の真実 ・上田美由紀の真実 ・外事警察の実態
Pagetop

マラニック速報(公安サイト)が2chで反論していた

前回記事で公安の陥れサイトとして紹介したマラニック速報(公安警察)http://68.ldblog.jp/が2chにこのブログのことを書いていました。

スレッドタイトル
「ちょwww俺のサイトが公安のサイト扱いwww 」

URL
http://hayabusa.2ch.net/test/read.cgi/news4vip/1355128837/

です。

しかし既に過去ログになっているので専用のブラウザがないと見れなくなっているので内容はわかりません。


そして内容よりもなぜこんなに早く僕が2chでこのマラニック速報(公安)のスレッドを見つけられたかを説明します。
上のスレッドタイトル(スレタイ)にもあるように2chなどネットでは「w」という文字が頻繁に使われるのですが、この「w」は「笑い声」を表す言葉で単純に「面白い」ということを表したり、また人を馬鹿にしたりするときにも使うこともあります。
この「w」を「wwwww」と連続して使えば使うほど面白いとか、馬鹿にしている意味が強くなります。

僕は2chを閲覧する時はいつも2ch検索を使って面白そうな記事を探すのですが、その時にこの「w」を「www」と三つ重ねて検索することが一番多いのです。

そして先ほどまた2chを見ようとこの「www」で検索したところ、その検索結果の1ページ目にこのマラニック速報のスレッドが表示されていたのです。


これが偶然だと思いますか?


みなさんも2ch検索で検索していただくとわかりますが、この「w」の数で検索結果がだいぶ変わってくるのです。
なので僕が「w」を3つで検索しなかったらマラニックのスレッドを見つけられなかった可能性もあるわけです。

このマラニックのスレタイにはこの「www」が2つも入っています。


だから僕の検索にうまいことひっかかりこんなに早く見つけられたのです。

これが偶然のわけがありません。
2chには膨大な数のスレッドがあるのに、その中で僕がマラニックの記事を書いたその日のうちにそのマラニックのスレッドを見つけるなんて偶然のわけがありません。

これで「公安が僕がネットでいつどこにアクセスして、どんなキーワードで検索してなにをダウンロードしているかを知っている」ということがお分かりいただけたと思います。


公安はわざとスレタイに「www」を2つもいれて僕の検索に引っかかるようにして僕に自分達のスレッドを見つけさせわけです。

しかし具体的になんのためにそれをしたのかがわかりません。

まあ考えられるとしたら、警察は自分達の弱みを絶対に見せない組織ですから、僕をおちょくってるように見せて自分達には余裕があるように見せたかった、という理由ですかね。

しかしあらゆる人間に協力さて大掛かりなことをやってこのブログを必死で否定しようとしている公安にそんな余裕があるわけがありませんから余計にその可能性が高いです。



マラニック速報(公安)へ。
わざわざ2chに書かないでここのコメント欄で文句を言えばいいじゃんwww



スポンサーサイト

テーマ : 北朝鮮問題
ジャンル : 政治・経済

2012-12-10 : ★ブログでテロ・スパイ指令? : コメント : 0 : トラックバック : 0
世界の脅威の真実 北朝鮮のミサイル発射の真実 北朝鮮による核実験の真実・ パソコン遠隔操作事件の真実 ・木嶋佳苗の真実 ・上田美由紀の真実 ・外事警察の実態
Pagetop
コメントの投稿
非公開コメント

Pagetop
« next  ホーム  prev »

プロフィール

hikky37

Author:hikky37
前科0、海外渡航暦0の普通の日本国民

カテゴリー

カレンダー

06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2カウンター

blogranking.net

blogrank

FC2ブログジャンキー

「アクセス数が全然伸びない…」そんな悩みをブログジャンキーが解決します!

リンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。