スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-------- : スポンサー広告 :
世界の脅威の真実 北朝鮮のミサイル発射の真実 北朝鮮による核実験の真実・ パソコン遠隔操作事件の真実 ・木嶋佳苗の真実 ・上田美由紀の真実 ・外事警察の実態
Pagetop

また荒川に行ってきました。

こんにちは。
テロリストで北朝鮮のスパイで殺人犯で通り魔犯で器物損壊犯で動物愛護法違反者という世紀の大犯罪者でありながら7年間一度も警察から接触されたことが無い者です。

15時過ぎにまた浦和の秋が瀬橋の近くの荒川に行ってきました。
その途中3台パトカーと遭遇し、うち1台は僕の車の真後ろに付いてしばらくついて来ました。
そして荒川について土手の上を散歩をはじめたら、土手の下の道を消防車1台と消防署によくある赤い軽のワゴン車1台が通過していきました。
その道は土手の工事に使う道で工事車両しか入れない道なのにです。


それとこれはまえまえからわかっていましたが、警察は「僕が何の犯罪者かはわからないけど、いつ何をしでかすかわからない危ない人間」という設定にもしているみたいです。これはなんとなくですがわかるのです。
それが警察にとって一番楽に僕に疑いをかけられるからです。
今まで何も犯罪を犯していなくても、今後何をしでかすかわからないわけだから何の理由もなくても警察がそう言えばみんな簡単にそう信じてしまうからです。
こうすれば誰にだって疑いをかけることができるのです。

それと警察はこっちの人たちには僕が「テロリスト」かもしれないと言いふらし、あっちの人たちには「北朝鮮のスパイ」と言い、そっちの人たちには「通り魔、窓ガラス割犯」、そしてこちらには「何をしでかすかわからない人間」という風に相手によって、または時期によって都合がいいように使い分けているのです。

そうやって7年間も保身のために僕を要注意人物に仕立て上げ続けてきたのです。

それとよくよく考えてみると僕に疑いがかかる色々な事件をでっちあげるきっかけになったはずの「北朝鮮のスパイ」という犯罪だけが犯罪として立件されていないのです。
ただの噂話という程度なのです。
もう話がメチャクチャです。
警察はいつまでこんなことを続けるつもりなのでしょうか。
スポンサーサイト
2007-07-07 : 〇その他の事件・事故・人権侵害など : コメント : 0 : トラックバック : 0
世界の脅威の真実 北朝鮮のミサイル発射の真実 北朝鮮による核実験の真実・ パソコン遠隔操作事件の真実 ・木嶋佳苗の真実 ・上田美由紀の真実 ・外事警察の実態
Pagetop
コメントの投稿
非公開コメント

Pagetop
« next  ホーム  prev »

プロフィール

hikky37

Author:hikky37
前科0、海外渡航暦0の普通の日本国民

カテゴリー

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2カウンター

blogranking.net

blogrank

FC2ブログジャンキー

「アクセス数が全然伸びない…」そんな悩みをブログジャンキーが解決します!

リンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。