スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-------- : スポンサー広告 :
世界の脅威の真実 北朝鮮のミサイル発射の真実 北朝鮮による核実験の真実・ パソコン遠隔操作事件の真実 ・木嶋佳苗の真実 ・上田美由紀の真実 ・外事警察の実態
Pagetop

総連に対する動きについて

防衛省の大臣が久間から小池に代わりましたが自衛隊による脅迫行為は相変わらず続いています。
代わってから今日も含めて何回か家の近くを自衛隊ヘリが飛んできます。
もしかしたら自衛隊の中に僕が工作員の仲間だという思い込みにとりつかれてしまい精神的に少しおかしくなっている隊員たちがいて、そいう人間たちが勝手に脅迫行為を続けているということも考えられます。まあこれはあくまでも想像ですが。



それと以前から気にしていたことがあります。
僕の邪推や勘ぐりのし過ぎかもしれませんが一応書いておきます。
以前このブログの存在を匿名でマスコミに知らせたのですが、ちょうど知らせた日が朝鮮総連施設売却問題の裁判で総連側が負けた日に知らせてしまったことです。
そういう日であることを僕も知っていて、この日に知らせると「僕が工作員の仲間で、総連が危うくなってきたからそれを救うために日本にとってまずいことを書いているこのブログの存在をマスコミに知らせたんだ」と、また疑いをかけらるかもということが頭をよぎりましたが、結局「まあ大丈夫だろう」と思いメールでテレビ局や新聞社にブログのURLを匿名で送りました。
僕がこのブログを書く時は自衛隊機で脅迫された時など屈辱感などで感情的に高ぶった時です。メールを送った日もたまたま感情的に高ぶった日であっただけのことです。

しかし最近になってまたそのことを思い出して気になり出していたのと、マスコミの動きがそのことに疑いを持ち出しているのではという感じがしているので一応書いておきます。

僕が本当に工作員の仲間ならまずこの日にマスコミにメールを送るという行動はしないでしょう。
なぜならマスコミにはメールは匿名で送りましたが、警察自身が僕のネットでの行動を逐一監視していることを僕自身が知っているからです。
僕が工作員の仲間なら、7年間も警察と自衛隊から監視や脅迫を受けていて、そんな状況の中でわざわざ総連が危うくなった日にメールでブログの存在を知らせるいう、自ら北朝鮮と関わりがあることを認めるような行動はしないはずです。

それと、もし本当にこのブログの影響で総連を助けられたとしたなら、まずこのブログに書いてあることが事実でなければ助けるためにはなんの影響も与えられないはずです。

ここでよく考えてほしいのは、このブログで書いているのは「僕は工作員の仲間などではない」という訴えです。
そのブログに書いてあることが事実でなけらばならないということです。

ということは、要するにもし本当にこのブログで総連を助けたとするなら僕が工作員の仲間だから総連が助かったのではなく、このブログに書いてあることが事実だと認められ、僕が工作員の仲間でないことが証明されたから、結果的にその影響でたまたま総連が助けられたということになるのです。

総連に対する警察などの一連の行動は、それをされるような原因が北朝鮮にあるということです。
そして僕を工作員の仲間とするなら、もちろんその警察などが総連に対する行動を起こしてきた原因の一つが僕にあるということになります。
しかしその原因の一つの僕のこのブログを見た警察以外の人間たちが工作員の仲間でないと認たから行動を緩めたということになったのではないでしょうか。
ブログに書いてあることが単なる嘘話ならば、メールでマスコミに知らせたことはなんの影響力もなく、結果的に総連が助けられたということはなかったということになります。

おわかりいただけたでしょうか。

それとこういうことも考える人がいるとも思います。
「僕が工作員の仲間なのは事実だけど、警察や自衛隊が事件をでっち上げたり、脅迫を続けてきたことは事実なので、それをマスコミに知らせて総連に対する態度をかえさせようとした」

しかしこれもやはりおかしな話です。
僕はブログで工作員の仲間ではないと何度も訴えているのに、わざわざ総連の売却裁判で負けた日にメールを送った。
この行動は完全に矛盾していますよね。
ブログでは仲間ではないといっているのに、メールを裁判で負けた日に送るという、自ら北の仲間だと認めていることが誰にでもわかるバレバレの行動を警察の目の前でとったことになります。
僕が工作員の仲間であることがばれればますます総連への締め付けは厳しくなります。
本当に工作員の仲間であるならそんなわけのわからない真似はしないはずです。

何度でも書きますが、僕が工作員の仲間という話は僕の周りで起きたことを利用して警察自らが造りあげたストーリーです。
事件として立件もされていなければ、警察が僕に直接接触してきたこともありません。
警察は自ら犯してきた色々な罪を正当化するため、保身のために僕を工作員の仲間ということに仕立て上げ続けているのです。

警察は僕があの日にマスコミにメールを送ったことを利用してまた僕に疑いをかけたのではないでしょうか。

なにか疑いを少しでもかけらるこたが起きるたびに僕に結び付けて、これを馬鹿みたいに7年間も繰り返しているのです。
悪人集団です。

スポンサーサイト

テーマ : 北朝鮮問題
ジャンル : 政治・経済

2007-08-01 : ■スパイ・北朝鮮関連記事 : コメント : 0 : トラックバック : 0
世界の脅威の真実 北朝鮮のミサイル発射の真実 北朝鮮による核実験の真実・ パソコン遠隔操作事件の真実 ・木嶋佳苗の真実 ・上田美由紀の真実 ・外事警察の実態
Pagetop
コメントの投稿
非公開コメント

Pagetop
« next  ホーム  prev »

プロフィール

hikky37

Author:hikky37
前科0、海外渡航暦0の普通の日本国民

カテゴリー

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2カウンター

blogranking.net

blogrank

FC2ブログジャンキー

「アクセス数が全然伸びない…」そんな悩みをブログジャンキーが解決します!

リンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。