スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-------- : スポンサー広告 :
世界の脅威の真実 北朝鮮のミサイル発射の真実 北朝鮮による核実験の真実・ パソコン遠隔操作事件の真実 ・木嶋佳苗の真実 ・上田美由紀の真実 ・外事警察の実態
Pagetop

視線恐怖症について

ここ数日間、また自衛隊機が減っていますし、飛んで来てもいつもよりかなり遠くを飛んでいます。


僕は鬱病、視線恐怖症、対人恐怖症にかかっていると書きましたが、そのうちの視線恐怖症についてほとんどの方が知らない病気だと思うのでここで説明したいと思います。

僕は18才の時からこの病気にかかっています。

視線恐怖症は、常に人から自分が見られていたり、噂をされていたり、笑われているよう感覚になってしまう病気です。

普通の人でも、街なかでつまずいて転びそうになった時に、周りに人がいなくても、つまずいた本人は、他の人がつまずいた瞬間を見ていて自分のことを笑っているような恥ずかしい感覚になることがあると思います。

この感覚が四六時中続いている状態と説明するとわかってもらえると思います。
人から見られるようなことを何もしていないのに、人が自分を見ていたり、自分の噂をしていたり笑っているような感覚がずっと続いているのです。
そしてなぜか人の目を見てしまいそうになるのです。これはうまく説明できないのですが、人の視線を気にするあまりなのか人の目を見てしまいそうになるのです。

これがもう20年近く続いています。

ここで間違わないでほしいのは、このように自分が見られていたり、噂をされていたり、笑われているということを確信してしまっているわけではありません。あくまでもそんな感じがしていしまうというだけのものです。
理屈ではそれらは自分へ向けられたものではないと分かっていても、感覚としてどうしてもそう捕らえてしまう病気なのです。
だからこの病気で錯乱して暴れたり、人に危害を加えたりするようなことは一切ありません。

このような状態なので、人がいるところに行くと人の目を見そうになるのを必至でおさえるので、いつもおどおどと挙動不審になってしまうのです。
道で人とすれ違う時など下やそっぽを向いたり、逆に真っ直ぐ遠くを見たり、とにかく人と目が合わないように必死ですれ違うのです。
電車の中などはこの挙動不審で痴漢やスリに間違われないかいつも冷や冷やしています。いつも人のいない方へ視線を集中させています。何年か前までは気にし過ぎて気持ち悪くなり、よく途中の駅で休みながら乗っていたこともありました。
そしてスーパーやコンビ二などのお店では万引きにまちがわれるのではないかといつも怯えています。

視線恐怖症は挙動不審で痴漢、すり、万引き、変質者、通り魔などの犯罪者と人から思われるという恐怖心が常に付きまとうのです。ほかにも近くにいる人が女性の場合は、僕がその人のことを好きだと思われることや、逆に男性の場合はホモだと思われるのではないかという不安も常にあります。

それと友人と会う時などは、2人で会って話をしているときはまだいいのですが、3人以上に増えると、会話をしている相手以外の人の視線を感じてしまいつらくなって話が出来なくなってしまうのです。

例を挙げるときりが無いのですが、とにかく視線恐怖症はものすごくつらい病気です。
スポンサーサイト
2007-04-10 : 〇その他の事件・事故・人権侵害など : コメント : 0 : トラックバック : 0
世界の脅威の真実 北朝鮮のミサイル発射の真実 北朝鮮による核実験の真実・ パソコン遠隔操作事件の真実 ・木嶋佳苗の真実 ・上田美由紀の真実 ・外事警察の実態
Pagetop
コメントの投稿
非公開コメント

Pagetop
« next  ホーム  prev »

プロフィール

hikky37

Author:hikky37
前科0、海外渡航暦0の普通の日本国民

カテゴリー

カレンダー

04 | 2017/03 | 05
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2カウンター

blogranking.net

blogrank

FC2ブログジャンキー

「アクセス数が全然伸びない…」そんな悩みをブログジャンキーが解決します!

リンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。