FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-------- : スポンサー広告 :
世界の脅威の真実 北朝鮮のミサイル発射の真実 北朝鮮による核実験の真実・ パソコン遠隔操作事件の真実 ・木嶋佳苗の真実 ・上田美由紀の真実 ・外事警察の実態
Pagetop

今度は自殺・不審死殺人の犯人?

このブログでは去年の11月から始まった、埼玉木嶋佳苗、鳥取上田美由紀、宮城自衛官殺人、大阪養女殺人、宮城高校教師殺人、奥多摩殺人、といういわゆる「自殺・不審死が実は殺人事件だった」という事件が、全て警察によるでっち上げだと訴えてきました。
(関連記事 カテゴリ「埼玉・鳥取連続殺人もでっち上げ」)

警察は今度は逆に僕や家族をこの自殺・不審死殺人の犯人に仕立て上げようとしているのではないかと思えることが起きています。


最近家の近所の女性が痴呆の影響で風呂場で動けなくなって救急車で運ばれるということがありました。
結局大事には至らなかったようですが。
その人は僕の家族と付き合いのある人なのです。なので家族は救急車が来たときもその家に様子を見にいったりしていました。

そして当然常日頃家の周りを行ったり来たりして監視をしている公安はこのことを知っています。
さらに公安はマークした人間のあらゆることの情報を得ようとする組織ですから、当然僕の家族と付き合いがある家で事故が起きたわけですから、公安はその内容も調査しているはずです。色々なところにこねがある公安なら、その内容を聞くなど簡単なはずです。

そうしたところ、この数日後に警察はまた新たな自殺・不審死殺人事件を公表したのです。
この事件は皆さんも知っていると思いますが、
今年6月に埼玉県の深谷市で叔父を殺害したとして逮捕されていた2人の男が、11月になって実は2年前にも神奈川で金銭トラブルによる殺人事件を起こしていたことが判明した。
その被害女性は風呂場で死亡していたが、当時警察は「女性自身が誤っておぼれて死亡した」と判断していた、

という事件です。

なんか怪しいですよね。
自殺・不審死殺人をでっち上げだと主張していた僕の家と付き合いのある家で風呂場での事故が起きたその直後に、また警察は自殺・不審死事件を公表して、その内容は風呂場での不審死が殺人事件だったというもの。

しかしこれだけなら、まだただの偶然でかたずけられますが、まだ他ににもあるのです。

最近になってその事故を起こした人の家族が僕の家族に色々とお願いごとをしてきたのです。
その内容は、「うち(事故が起きた家)でなにかあった時のために家の鍵をあずかってくれないか」とか「今度救急車を呼んだときに僕の家に電話をしていいか」というものです。

どうも不自然なんですよね。
僕の家族と事故を起こした本人とは立ち話をするような付き合いはあったのですが、その家族と僕の家族はそこまでするほど親しくはなかったんですよね。
それが急にそういうお願いをしてくるようになったのです。



今回風呂場で事故を起こした人に今後万が一のことがあって、さらに「家の鍵をあずかる」や「救急車を呼んだときに僕の家に電話」の2つが実行されたら、僕がでっち上げだと言ってきた自殺・不審死殺人事件のような事件を造ろうと思えば造れるような状況になるんですよね。
そしてその犯人は事故があった人の家族と、僕の家族や僕自身にすることができるわけです。
そして神奈川での事件の前例があることによって、あの時の風呂場での倒れて救急車を呼んだのもあれは未遂だったんだ、という話も造れてより信憑性が増しますし。

それに公安がもし保身のために僕や家族を逮捕するのであれば、上のような事件だと都合がいいこともあります。
ブログは7つも運営していて3年半もやっているので、相当な読者数になっています。
公安もそれをわかっています。
その読者への言い訳として「あいつ(僕)がブログで自殺・不審死殺人を否定していたのは実は自分がやろうとしていたからなんだ」という具合にすればなんとなくごまかしがききます。
そしてブログで書いてきたことを全て否定しやすくもなります。

もしそうだとしたら、僕の家族にお願いごとをしてきた人は公安にたぶらかされているわけです。
事故を起こした人の家族に「今度何かあったときのためにあのうち(僕のうち)にこういうことを頼んでおいたほうがいい」といかにも親切なアドバイスを装って、たぶらかしたのではないでしょうか。
もちろん公安が直接たぶらかしたのではなく、誰かを介してです。




テーマ : 検察・警察の腐敗
ジャンル : 政治・経済

2010-12-25 : 〇埼玉・鳥取連続殺人もでっち上げ : コメント : 0 : トラックバック : 0
世界の脅威の真実 北朝鮮のミサイル発射の真実 北朝鮮による核実験の真実・ パソコン遠隔操作事件の真実 ・木嶋佳苗の真実 ・上田美由紀の真実 ・外事警察の実態
Pagetop

仙台・奥多摩の殺人事件はやはりでっち上げ

僕はこの宮城県仙台市の高校教師殺人事件と埼玉在住の男性が保険金目的で殺害された事件に関して勘違いをしていました。
前回の記事でこの2つの事件を「自殺を装った殺人事件」と書きましたがこれらの事件では犯人は自殺を装ってはいませんでした。


埼玉在住の男性の事件では暴力団員の夫婦が保険金目的で男性を自殺に追い込んで、それを「事故」に見せかけた殺人事件で、仙台のほうに関しては、はじめから自殺という言葉は全く登場していませんでした。

しかし結局のところこの2つの事件がでっち上げであることは間違いありません。
それは僕が勘違いした経緯を見てもらえればわかっていただけると思います。
そして今回の記事は似たような事件ばかり出てきて話がわかりづらいかもしれませんが、このこともまた今回の事件がでっち上げである証拠なのです。


去年発覚した宮城での事件は、自衛官の自殺が実は保険金殺人だったという事件で、この事件は、はじめに元々別の事件で服役中だった男が「実は10年前の自衛官の自殺が自衛官の妻と行った保険金目的の殺人だった」と供述したことから発覚した事件だったわけです。

そして今回起きた高校教師殺人事件も同じ宮城県内で起きた事件で、教師が死亡後保険金が支払われていて、さらに先に逮捕されていた男が「教師の妻も関わっている」と自供したため後から妻も逮捕された事件です。

という具合に2つの事件の内容が非常によく似ています。


そしてさらにこの事件とほぼ同時に発覚したのが、暴力団員の夫婦が保険金目的のために埼玉在住の男性を東京の奥多摩での自殺に追い込んだという事件でした。


これらの条件から僕はまた埼玉・鳥取・宮城・大阪の自殺を装った殺人事件をフォローするために警察が新たに事件をでっち上げたと思い、今回発覚した2つの事件と以前の事件(埼玉・鳥取・宮城・大阪)の情報を調べていました。
そのうちにいつの間にかこれらの事件の情報がごっちゃになってしまい、今回発覚した2つの事件も自殺を装った殺人事件だと勘違いしてしまったのです。

しかし冷静になって今回の2つの事件の情報を見てみたら、殺人事件ではあるけど「自殺を装った」という情報はどこにまありませんでした。
この点に関しては完全に僕の早とちりでした。

じゃあこの事件は以前の事件とは全く関係ないのかというとそれも違います。

この宮城の2つの事件の内容があまりにも似ています。
また埼玉在住の男性の殺害事件も結局のところ自殺だったものが実は殺人事件だったことには変わりはないわけです。

さらに高校教師殺害事件と埼玉在住者殺人事件はほぼ同時に事件が発覚しました。
去年発覚した埼玉・鳥取の事件もほぼ同時に事件が発覚しました。

またさらに去年11月の埼玉から始まった一連の事件と同様、今回の2つの事件でもまた「女」が関与しているわけです。

もうここまで共通点だらけのわけですから、今までの一連の自殺を装った殺人事件のパターンから考えてこれが偶然のわけがありません。


今回の2つの事件も以前の事件をフォローするためにでっち上げられた事件です。


そして今回の2つの事件があまりにも以前の事件と似ていたため、僕が自殺を装った殺人事件だと勘違いしてしたことも理解していただけたのではないでしょうか。


(関連記事 カテゴリ「埼玉・鳥取連続殺人事件もでっち上げ」  自衛官の事件の記事に関してはこのカテゴリの中の記事「大阪養女殺人事件もでっち上げ その2」の中で書いています)





テーマ : 検察・警察の腐敗
ジャンル : 政治・経済

2010-08-14 : 〇埼玉・鳥取連続殺人もでっち上げ : コメント : 26 : トラックバック : 0
世界の脅威の真実 北朝鮮のミサイル発射の真実 北朝鮮による核実験の真実・ パソコン遠隔操作事件の真実 ・木嶋佳苗の真実 ・上田美由紀の真実 ・外事警察の実態
Pagetop

埼玉・宮城の自殺を装った保険金殺人事件もでっち上げ

現在騒がれている埼玉と宮城の自殺が実は保険金殺人だったという2つの事件。
埼玉のほうは暴力団員夫婦、宮城のほうは妻とすし屋などが犯人の保険金殺人事件。

また始まりましたよ。
このパターン。
もううんざりです。
まともに説明する気にもなれません。



カテゴリ「埼玉・鳥取連続殺人事件もでっち上げ」で書いたように、警察は僕を犯罪者とするのに都合がよくなるように埼玉・鳥取の自殺を装った殺人事件のでっち上げ、次にこの2つの事件をフォローするために宮城・大阪事件をでっち上げました。

その次に今度はそれらをフォローするために、このブログでまずいことを告発されている韓国の捜査機関も事件をでっち上げました。

そして今度はまたさらにこれらをフォローするために一番上で説明した事件を新たに日本の警察がでっち上げたわけです。

現在騒がれている2つの事件が、自殺が実は殺人事件で、埼玉と宮城が舞台になっていて、女が登場する、という部分を見れば、もういちいち説明するまでも無いでしょ。

この2つの事件もでっち上げです。


まだサイドバーにあるカテゴリ「埼玉・鳥取連続殺人事件もでっち上げ」の記事を読んでいない方は、一番古い記事から全部読んでみてください。

すぐに今回の事件もでっち上げであることがわかりますから。



警察は完全に追い詰められて気が狂って、止まらなくなってしまいました。



それともしこのブログを弁護士の方が読んでいたらお聞きしたいのですが、埼玉・鳥取・宮城・大阪の一連の事件をはじめ、これまで僕がでっち上げだと言ってきた全ての事件の裁判はどなたが弁護を行ったのでしょうか。
そしてその裁判の内容はどんなもので判決はどうなったのでしょうか。
そもそも裁判なんて本当に行われたのでしょうか。





テーマ : 検察・警察の腐敗
ジャンル : 政治・経済

2010-08-12 : 〇埼玉・鳥取連続殺人もでっち上げ : コメント : 2 : トラックバック : 0
世界の脅威の真実 北朝鮮のミサイル発射の真実 北朝鮮による核実験の真実・ パソコン遠隔操作事件の真実 ・木嶋佳苗の真実 ・上田美由紀の真実 ・外事警察の実態
Pagetop

大阪養女殺人事件もでっち上げ その3

警察は埼玉・鳥取・宮城の事件に信憑性を持たせるために大阪養女殺人事件をでっち上げました。そして今度はこの大阪事件自体に信憑性を持たせるために警察は工作を行っています。


大阪の養女殺人事件で被害者という設定の宇野津由子が殺害前に「自分は保険金をかけられて狙われている」と警察に相談していたが、警察はこの相談の内容を記録しておらず、事件発覚後になって携帯電話の記録から宇野さんからの相談だったということがわかった。

という話を付け足したのです。


「そもそもでっち上げられた事件なのに、そこにわざわざ自分たち(警察)の失態をでっち上げて公表するなんてことがあるのか」と思ったかたがいるかもしれません。
国民にそう思わせるのが警察の狙いなのです。あえて自分たちのミスを公表すれば事件に信憑性を持たせることができて逆に都合がよくなるという狙いです。
大体この事件では既に事情聴取を受けていた養父が自殺するというとんでもないことが起きていているんですよ。そしたら次は警察が被害者の相談を無視していたという情報が出てきた。

もう馬鹿です。

何度も書いていますが、埼玉からはじまって鳥取・宮城・大阪・韓国の事件という共通点だらけの事件が次から次へと発覚するという警察にとって都合のいいことが起きた。さらにそれら一連の事件の中で警察は監視中に犯人に殺人を犯されたり(鳥取事件)、事情聴取を行っていた人間に自殺をされたり、被害者の相談を無視したり(大阪事件)、と失態だらけというあり得ない状態。

次から次へと都合がいい事件が起きること自体あり得ないのに、その一つ一つの事件の内容もあり得ないことばかり。そして最終的に見てみると実はそれら全部が僕を犯罪者に仕立て上げたり、事件に信憑性を持たせることができたり、警察にとって都合がいいものばかりになっている。

こんなことが現実にあるわけがないじゃないですか。

それと今回の情報は警察は被害者の相談の記録をしていなかったという設定にしたわけですから、相談の証拠が無くても「相談があった」ということにすることができるわけですから、またさらに都合がいい内容になっているのです。

警察はもうとことんでっち上げを続けるつもりですね。

このシリーズはサイドバー・カテゴリ「埼玉・鳥取連続殺人事件もでっち上げ」にあるのでまだ読んでいないかたは最初の記事から今回の記事までとおして読んでみてください。





テーマ : 検察・警察の腐敗
ジャンル : 政治・経済

2010-06-09 : 〇埼玉・鳥取連続殺人もでっち上げ : コメント : 0 : トラックバック : 0
世界の脅威の真実 北朝鮮のミサイル発射の真実 北朝鮮による核実験の真実・ パソコン遠隔操作事件の真実 ・木嶋佳苗の真実 ・上田美由紀の真実 ・外事警察の実態
Pagetop

北の軍事スパイと埼玉・鳥取・宮城・大阪事件

前回の記事で「今度は韓国の情報院が日本の公安警察のでっち上げのフォローをしている」という指摘がさらに裏付けられました。

4日に北朝鮮との全面戦争を想定した米韓連合軍事司令部の極秘軍事作戦計画を北朝鮮のスパイ(工作員)に渡していたとして韓国陸軍の現役少将が逮捕、取調べを受けているそうです。
この少将は数年前からこのような情報を第三者を通じて北に漏らしていたらしいです。韓国では現役の軍人がスパイ容疑で逮捕されたのは数十年ぶりで極めて異例なことだそうです。


警官の次は軍人がスパイ容疑で逮捕です。
鳥取・宮城の警官の次が自衛官という事件そのままになりました。


数十年ぶりのスパイ容疑での軍人の逮捕がこんなタイミングで起きた。
もう説明するまでもなくこの事件もでっち上げです。
というか埼玉から一連の事件が始まって、全ての事件がグッドタイミングで発覚しているわけです。
もうつくづく馬鹿らしくなってきます。

僕の地元の埼玉から事件が始まり、その事件をフォローするために鳥取→宮城→大阪→韓国警官→韓国軍人という具合に似たような事件を次々とでっち上げてきたわけです。

嘘を嘘を嘘を嘘を嘘を嘘で塗りかためてなんとしてでも自分たちがでっち上げてきた事件を真実であるかのようにしようとしているのです。


それと以前から気になっていたことがあるのですが、その話が現実味を増すような情報が最近出てきています。公安警察はまた新たに日本でスパイ話をでっち上げようとしている可能性があります。韓国でのでっち上げは、それ以前の日本での事件のフォローだけでなく、この話にも信憑性を持たせるためでもあったのかもしれません。これに関しては後日書くかもしれません。


最近このブログを読み始めたかたは今回の記事で僕がこのブログで訴えていることを理解していただけたのではないでしょうか。
この一連の事件以外にも僕を犯罪者に仕立て上げるためにスパイ、テロリストをはじめあらゆる事に関してあらゆるでっち上げが行われているのでこのブログを隅々まで読んでみてください。そして皆さんは警察が出す情報にだまされ続けていることを知ってください。そしてこのブログを周りの方たちに広めてください。






テーマ : 北朝鮮問題
ジャンル : 政治・経済

2010-06-05 : 〇埼玉・鳥取連続殺人もでっち上げ : コメント : 0 : トラックバック : 0
世界の脅威の真実 北朝鮮のミサイル発射の真実 北朝鮮による核実験の真実・ パソコン遠隔操作事件の真実 ・木嶋佳苗の真実 ・上田美由紀の真実 ・外事警察の実態
Pagetop

北の女スパイと埼玉・鳥取・宮城・大阪事件

前回の記事で、犯人が女である鳥取・宮城の事件で警察官や自衛官が登場したことなどから、「また警察がスパイ話でも造ろうとして失敗したのではないか」ということを指摘しました。
この「スパイ」とは僕が北朝鮮のスパイに仕立て上げられているわけですから、当然鳥取・宮城事件も北朝鮮か、北に雇われた女スパイという意味で書いたのです。
そしてこの記事よりずっと以前には「日本の公安警察と韓国の国家情報院が共謀して僕をスパイに仕立て上げようとしている」ということも指摘しています。
(鳥取・宮城事件の関連記事   前回の記事の中段あたり、とサイドバー・カテゴリ「埼玉・鳥取連続殺人事件」の全ての記事)
(日韓警察共謀の関連記事   08年5月26~29日、6月10日~24日の記事など他多数)



そして昨日23日です。韓国で脱北者を装って韓国の地下鉄職員から地下鉄に関する情報を盗んでいたとして36歳の北朝鮮人の女が逮捕されたという情報が出てきました。女は地下鉄の情報以外にも警察、旅行会社などからも情報を盗んでいた疑いがあるそうです。

今回のこの事件を見れば上で指摘した2つのことを納得していただけたでしょう。

僕が前回の記事を書いたわずか3日後に、今度は韓国で警官から情報を盗もうとした女スパイ話がでました。しかも警官が登場した鳥取事件の犯人は36歳で、今回の韓国で警官から情報を盗んだ北の女スパイも36歳。
「公安は鳥取・宮城事件で北の女スパイ話を造ることに失敗した」ということを指摘したとたん、今度は韓国で警官から情報を盗んだとして北の女スパイが情報院によって逮捕された。まるで「警官から情報を盗む北の女スパイは実在するんだ」と言わんばかりの事件。そして埼玉・鳥取・宮城・大阪に続いて、今度は韓国で女の犯罪です。そしてどの事件も前に起きた事件の不自然なところ、あり得ないところをフォローしてごまかすような都合のいい内容になっている。

こんな話が偶然のわけがありません。あほらしいくらい見え見えの捏造スパイ話です。
この女スパイ話は韓国の情報院による完全なでっち上げです。
公安をフォローするために都合がいい事件を韓国の国家情報院がでっち上げたわけです。

今回の韓国での女スパイ事件によって韓国の国家情報院が日本の警察に協力して僕を北朝鮮のスパイに仕立て上げようとしていること、また埼玉・鳥取・宮城・大阪事件がでっち上げであることもさらにご理解いただけたでしょう。


またこの事件がでっち上げであるさらなる証拠として韓国のネット上ではこの事件に関する情報が非常に少ないです。日本語で「韓国」「地下鉄」「スパイ」「北朝鮮」などのキーワードを組み合わせて検索するとこの事件の記事がずらりと並んでいるのに、これを韓国語に翻訳して検索してみましたがなぜかまばらにしか載っていません。出てくるサイトはまったく関係の無い昔のスパイ話などが多いです。しかも今回の事件を扱っているサイトも誰が運営しているのかよくわからないようなサイトが多いです。
これもこの事件がでっち上げである証拠です。


今回の事件に出てきてメインの話になっている「地下鉄テロ」ですが、今までこの地下鉄テロに関しても僕に疑いをかけるのに都合がいい情報がでているので、そのことになどについて後日書きます。
「テロとテロリストとスパイは世界の諜報機関がでっち上げている」という話です。


テーマ : 北朝鮮問題
ジャンル : 政治・経済

2010-05-24 : 〇埼玉・鳥取連続殺人もでっち上げ : コメント : 1 : トラックバック : 0
世界の脅威の真実 北朝鮮のミサイル発射の真実 北朝鮮による核実験の真実・ パソコン遠隔操作事件の真実 ・木嶋佳苗の真実 ・上田美由紀の真実 ・外事警察の実態
Pagetop

大阪養女殺人事件もでっち上げ その2

この大阪事件自体も警察にとって都合がいいものになっているのです。
2年前に養母の母親が「不審死」で保険金が降りていたのに、今回は保険がかけられた人(宇野さん)が完全に殺人事件とわかるようになっているところです。
これによって2年前の不審死も殺人事件であったという疑いをかけやすくなっているわけです。
そしてこの不審死事件が殺人事件ならこれにそっくりな埼玉・鳥取不審死事件も全て連続殺人事件だ、という話にしやすくなるわけです。
そんな都合がいい事件がこんなにいいタイミングで起きた。
もうみえみえもいいところです。
母親を不審死ということにできたのに、なんで養女はあれだけ殺人だとわかるように殺害したのか。矛盾しているじゃないですか。


それと埼玉・鳥取事件とこの大阪事件の間に、もう一つ自殺に見せかけた金銭がらみの殺人事件が発覚していましたよね。
「10年ほど前に宮城県で自衛官が自殺したのは実は保険金目的の殺人事件だった」という事件です。犯人はその自衛官の妻で共犯の男らとともに既に逮捕されていて罪を認めているそうです。

埼玉・鳥取そしてこの宮城の事件全て主犯が「女」です。
去年の末から発覚した「自殺や不審死が殺人事件だった」という事件の全てが主犯が女なのです。
そして今回の大阪事件で、養父が自殺してしまったので、疑いをかけられる人間は養母ということになり、この事件でもまた女が犯人ということになったわけです。

結局結果的に4連続で犯人は「女」になったわけです。

埼玉・鳥取事件だけでもおかしなことだらけなのに、その後事件も全て犯人が女という共通点。
こんなことが偶然のわけがありません。正直犯人が女だとなにが都合がいいのかわかりませんが、警察にとって事件を造るには女のほうがなにか都合がいいことでもあるのでしょう。


それと宮城の事件の被害者は「自衛官」です。
鳥取では「警察官」の自殺を無理やり殺人に仕立て上げようとして失敗した。そしてその直後に出てきた事件では「自衛官」が被害者。
この辺もなにかありそうですね。埼玉・鳥取事件は間違いなく僕に疑いをかけるために造られた事件。そしてそこに「警察」が登場してその次の事件では「自衛官」が登場した。もしかしてスパイ話でも造ろうとしたのではないでしょうか。しかし警官のほうで余りにもあり得ないでっち上げをしてしまったので、スパイ話を造るのは控えた、という感じじゃないでしょうか。


こんなに短期間に次々と同じような事件が発覚した。
大阪事件を含め、埼玉・鳥取・そして宮城の事件全てがでっち上げです。警察は前の嘘をごまかすために嘘を嘘で塗り固めているのです。


テーマ : 検察・警察の腐敗
ジャンル : 政治・経済

2010-05-20 : 〇埼玉・鳥取連続殺人もでっち上げ : コメント : 0 : トラックバック : 0
世界の脅威の真実 北朝鮮のミサイル発射の真実 北朝鮮による核実験の真実・ パソコン遠隔操作事件の真実 ・木嶋佳苗の真実 ・上田美由紀の真実 ・外事警察の実態
Pagetop

大阪養女殺人事件もでっち上げ その1

皆さんご存知でしたか?
鳥取連続殺人事件は、結局起訴したのは2件のみという結果となり、鳥取県警は今月の10日に捜査本部を解散したことを。
おかしな話ですね。一人の人間の周りで6件もの不審な死があった。これがもし事実なら殺人の疑いが相当強いわけです。そして実際に警察はそのうちの2件は確実に殺人だと断定した。ならばなおさら全てが殺人事件の可能性が高くなったはずなのに、警察は残りの4件をこんなに早く殺人の疑いがなかったと結論付けてしまった。
話がおかしすぎです。このこともでっち上げである証拠です。
(関連記事 サイドバー・カテゴリ「埼玉・鳥取連続殺人事件もでっち上げ」)



そしてこの「2件だけ起訴」という結果が出るわずか10日ほど前に大阪養女殺人事件という事件が起きたのです。
この事件の内容です。
今年の4月29日に大阪府高槻市の淀川堤防で女性宇野津由子さん(36)の遺体が発見された。宇野さんには3月に多額の保険金をかけられていた。また宇野さんは2月に養子となっており保険金は3月にその養父母がかけていたもので、受取人もこの養父母。
宇野さんの遺体の鑑識では体内から睡眠導入剤が検出された。そして警察は養父母宅を捜査中にこの睡眠導入剤と同じ成分の睡眠導入剤を押収したが、この導入剤は宇野さん本人が取得したものではなかった。
また08年には養母の母が不審死していたが、母には多額の保険金がかけられていて養父母が保険金を受け取っていた。
警察はこの養父を任意での事情聴取を行っていたところ、18日に京都府舞鶴市の山林で死亡していたのを発見。自殺と見られている。



もうこの事件が起きた時期とその内容を見ていただければ、僕がでっち上げだと訴えていた埼玉・鳥取連続殺人事件に信憑性を持たせるために警察自信がでっち上げた事件であることはおわかりいただけると思います。
しかもあほらしくなるくらい見え見えです。



この大阪事件と埼玉・鳥取事件との共通点です。
この3つの事件はいずれも金銭がからんだ殺人事件。そして例の「睡眠導入剤」が使用されていた。また複数の不審死が起きているという点も合致している。
鳥取の事件の犯人である上田美由紀が36歳で埼玉の連続殺人の容疑者は35歳の女。
逆に大阪の事件では36歳の女が被害者。
埼玉の事件では練炭自殺に見せかけた殺人事件でした。大阪事件で養父は自殺しましたが、その方法は練炭自殺。

この事件が発覚した時期です。
鳥取の連続殺人事件が結局2件しか起訴できなかったという結果が出るわずか10日ほど前に大阪事件が起きた。

どうですか。
完全に埼玉・鳥取事件を思い起こさせる事件になっています。

大阪事件の起きた時期に関して「2件起訴という結果が出た後に大阪事件が起きた」ならわかるが、前だから違うのではないか、と考えたかたもいるかもしれません。
しかしそもそも埼玉・鳥取事件や2件起訴も大阪事件も全てが警察自体が仕組んでいるわけですから時期などどうとでもできるわけです。警察は2件起訴という結果になることがわかっていたからこそ、その結果を公表する前に大阪事件をでっち上げておいたわけです。後より前のほうが疑われずらくなるからです。
要するにこの方が警察にとって都合がいいわけです。

この大阪養女殺人事件は完全に埼玉・鳥取連続殺人事件に信憑性を持たせるためにでっち上げられた事件です。
警察は似たような事件を造って、似たような情報をバンバン流して鳥取・埼玉の事件の不自然さやあり得ないことをなし崩しにごまかそうとしているわけです。

次回に続きます。





テーマ : 検察・警察の腐敗
ジャンル : 政治・経済

2010-05-19 : 〇埼玉・鳥取連続殺人もでっち上げ : コメント : 0 : トラックバック : 0
世界の脅威の真実 北朝鮮のミサイル発射の真実 北朝鮮による核実験の真実・ パソコン遠隔操作事件の真実 ・木嶋佳苗の真実 ・上田美由紀の真実 ・外事警察の実態
Pagetop
« 前のページ  ホーム  次のページ »

プロフィール

hikky37

Author:hikky37
前科0、海外渡航暦0の普通の日本国民

カテゴリー

カレンダー

06 | 2019/07 | 08
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2カウンター

blogranking.net

blogrank

FC2ブログジャンキー

「アクセス数が全然伸びない…」そんな悩みをブログジャンキーが解決します!

リンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。