Jリーグスパイ・テロリスト話のおさらい

Jリーグスパイ・テロリストという信じがたい話が影で造られている理由と話が造られた経緯を説明します。



【事件捏造の理由】

警察は保身のために僕や家族にスパイやテロリストの疑いをかけなければなりません。
また警察はその上である矛盾を抱えているのです。

警察はこれらの問題や矛盾を解消するためにJリーグを舞台にしたスパイ・テロリスト話を捏造し続けていると考えられます。


そのある矛盾とは僕や家族を北朝鮮のスパイ(工作員)とアルカイダなどのテロリストとして疑いをかけてい点です。
同じ人間が同時に北のスパイとアルカイダのテロリストという全く別の犯罪組織の人間として疑いをかけること自体があり得ないことです。
そしてそのことこそが警察が証拠が無いのに状況だけで僕らに犯罪の疑いをかけている証拠になってしまうわけです。

なので警察はそのあり得ない状況をあり得ることにしなければなりません。
そこで目を付けたのが、僕の家族が “Z” というある場所を介してJリーグ選手 “A” と接点があるという事実です。

Jリーグという場所は様々な国の人が集まる場所です。南米、欧米、韓国、在日韓国&朝鮮、そしてたまにアフリカや中東の選手たちも移籍してきます。
この場所を利用すれば北のスパイとアルカイダなどのテロリストが1つの場所で一緒に活動しているという話を造り上げることができます。
そしてそのJリーグのA選手と接点のある場所Zと、そしてそのZとつながりのある僕の家族そして僕にも北のスパイの疑いとアルカイダのテロリストの疑いを同時にかけることができるわけです。

そして警察はこれによってスパイやテロリストの話を造ることができなおかつ矛盾も解消することができるわけです。
そのためにJリーグスパイ・テロリスト話が造られているのだと思います。

警察は裁判沙汰になった時にこの事件を証拠にして僕や家族をスパイやテロリストに仕立て上げ保身を謀ろうとしているのでしょう。





【事件捏造の始まりと経緯】

このJリーグスパイ・テロ話が始まった時期にある不自然なことが起きているのです。その不自然なことが起きたことも事件が捏造されていることを確信した理由のひとつです。


この事件の捏造の始まりは、恐らく状況からすると、06年だと思います
06年にJリーグのクラブ “X” に、日本ではよく北のスパイ(工作員)に仕立て上げられる特徴を持った選手 “B” が移籍しています。

そしてこのB選手がクラブXに移籍した1年後に、今度はA選手がXに移籍したのです。

ここで北のスパイに仕立て上げやすいB選手とA選手が同じクラブに所属するという接点ができ、Jリーグスパイ・テロリストの話を造れる環境が整い始めたわけです。

しかし実はこのクラブXでは怪しいことが起きているのです。
このB選手とA選手がXに移籍する間に、Xではある不祥事が起きています。
B選手がXに移籍した2ヵ月後にXでは、ある選手 “C” がある不祥事を起こしたのです。
そしてこの不祥事の翌年になってA選手がクラブXに移籍したのです。


06年 B選手移籍
 2ヵ月後 C選手不祥事

07年 A選手移籍


僕はA選手がクラブXに移籍したのはこのC選手が起こした不祥事が関わっているのではないかと思っています。
そしてその不祥事自体を警察が造り上げたものだと考えています。

そう思えるのはこの事件が起きたのがB選手の移籍が決定したわずか2ヵ月後という点と、この事件の内容が少し不自然で、その後のC選手の動向にも不自然な点です。

警察は北のスパイ話を造りやすくするためにA選手をB選手と同じクラブに所属させたがっている。

そこでどうするか。
どんな企業でも自分のとこの社員が警察沙汰の不祥事を起こすと警察に対して頭が上がらなくなります。

その立場を利用するのです。

警察はB選手がクラブXに移籍したことを確認した後、事件を捏造してクラブXの選手であるC選手に罪を着せ、無理やり不祥事を造り上げXに付け入り、A選手を移籍させるようにXに働きかけた。

ということなのではないかと考えています。

直接警察がそんな強要するとは思えないので、誰かを介してそのような手はずを行ったのだろうと考えられます。

これはJリーグスパイ・テロリスト話の説明の関係図です。
Jリーグスパイ・テロリスト関係図

その後もJリーグでは交通事故や事件など様々な不祥事が続き、それと同時にテロやスパイ話を造れそうな環境も整っていっているのです。
そして去年の南アフリカワールドカップを機にスパイやテロリスト話を造れそうな情報が一気に表に出てくるようになったのです。


これらがJリーグスパイテロリストが造られていると考える要因です。




テーマ : Jリーグ
ジャンル : スポーツ

2011-03-02 : ■★Jリーグスパイ・テロリスト : コメント : 0 : トラックバック : 0
世界の脅威の真実 北朝鮮のミサイル発射の真実 北朝鮮による核実験の真実・ パソコン遠隔操作事件の真実 ・木嶋佳苗の真実 ・上田美由紀の真実 ・外事警察の実態
Pagetop

Jリーグスパイ・テロリスト でっち上げのきっかけ

12月24日の記事「公安テロ情報事件とJリーグスパイ・テロリスト」(前々回の記事)の続きになります。


Jリーグスパイ・テロリストのでっち上げのきっかけとなるような事件があります。
これは以前に書いた事件で、この事件は僕と関係があることだということを書きました。
(関連記事 08年6月28日「もう一つの冤罪」

その事件の内容です。
02~03年にかけてアルカイダのメンバーとされたアルジェリア系フランス人のリオネル・デュモンという男が日本に数回入国していた。
その後デュモンは03年12月にドイツで逮捕され、またその後フランスに引き渡された。
04年5月になり、デュモンが日本に来たときに関係があったとされた日本国内に住むバングラデッシュ人男性が、テロリストへの資金提供のためのマネーロンダリングを行っていたとされ、電磁的公正証書原本不実記録の罪で日本の警察に逮捕されました。

しかしこの男性はテロリストとの関係を一貫して否定し、実際にテロリストとの関係を示すような証拠は出ませんでした。
そしてのちの裁判で検察側がテロとの関係はなかったことを認めテロリストしての疑いを晴らすことがでました。

要するにこの男性はテロリストとしての冤罪被害者だったわけです。
さらにデュモンに関して日本でテロを起こす計画の証拠らしいものなどは見つかっていません。

デュモンを逮捕したドイツの捜査機関は長期にわたってデュモンを監視をして、その後別件で逮捕したという話も見かけました。さらにフランスではデュモンを「テロリスト」としては断定していないとい情報も見かけました。

また結局のところデュモンに関するフランスやドイツでのテロ計画やその後にテロが起きたなどの情報も出ていない。

ということはドイツでのデュモン逮捕もまた冤罪だったという可能性もあり得ます。





ということは日本の公安とドイツの捜査機関はテロ捜査において恥をかいたことになるわけです。





このことと公安がJリーグスパイ・テロリストをでっち上げようとしていることと関係があるのではないでしょうか。

Jリーグではドイツに移籍する選手が最近やたらと増えています。
そしてその中にスパイやテロリストとして疑いをかけるには都合がいい選手がいます。
これは公安が自分たちの立場や公権力を国内外に駆使して、Jリーガーがドイツに移籍するように仕向けているのではないでしょうか。
公安の保身のために僕にスパイやテロリストの疑いをかけるため、そしてその過程で起こした自分たちの汚名を返上するために。






テーマ : 検察・警察の腐敗
ジャンル : 政治・経済

2010-12-31 : ■★Jリーグスパイ・テロリスト : コメント : 0 : トラックバック : 0
世界の脅威の真実 北朝鮮のミサイル発射の真実 北朝鮮による核実験の真実・ パソコン遠隔操作事件の真実 ・木嶋佳苗の真実 ・上田美由紀の真実 ・外事警察の実態
Pagetop

Jリーグが利用されています 前回の補足

前回の記事の補足をしておきます。

事件のでっち上げの中心にいるのはもちろん警察です。
そしてその警察と付き合いのある連中が警察と同様に自分たちの保身のために警察に協力しているわけです。
しかも恐ろしく広範囲です。
さらに言うと国内だけとは限りません。

しかしその行為が汚いことへの協力だと知らずに協力させられている人たちも相当な数いるでしょう。

また前回の記事で、「でっち上げた事件を国民に伝わりやすくするための下準備をしているやつらがいる」ということを書きましたが、これに関しても、でっち上げの下準備だと知っていて積極的にしているやつらと、知らずにいつのまにか利用されている人たちがいます。

知っていて積極的にやっているやつらは、このブログの存在を知っているし、よくよく考えてみたら僕がこのブログを書く前から僕や僕の家族の存在自体も知っているじゃないですか。
知っていた証拠もあります。

なのでいくら偶然を装ったところで偶然でないことは明らかなのです。
しかも3日連続で下準備が出たり、あんな事件の直前に下準備が出たり。

それにここ10年Jリーグ以外に関しても、どれだけ都合がいいことがありました?
知っていて僕に疑いがかかるような都合がいいことが数十個もあった。

もう全てに関して偶然を装うのは無理ですよ。

それとJリーグ中継はこれらのことには関係ないと思います。
見ていてそう感じました。

また「人生をめちゃくちゃにされた人」というのは数年前の出来事です。



テーマ : 検察・警察の腐敗
ジャンル : 政治・経済

2010-12-14 : ■★Jリーグスパイ・テロリスト : コメント : 0 : トラックバック : 0
世界の脅威の真実 北朝鮮のミサイル発射の真実 北朝鮮による核実験の真実・ パソコン遠隔操作事件の真実 ・木嶋佳苗の真実 ・上田美由紀の真実 ・外事警察の実態
Pagetop

Jリーグが利用されています

Jリーグを利用してある大犯罪をでっち上げようとしているやつらがいます。

現在そいつらは話が国民に伝わりやすくするために下準備をしています。
偶然を装って。
そして犯罪とは全く無関係を装って。

さらにこの話造りのために既にその犠牲になって人生をめちゃくちゃにされた人もいます。


「いきなりJリーグなんて何を言い出すんだ」「頭がおかしくなった」と思われたことかと思いますが、これは僕のことがもし裁判沙汰になったときにわかると思います。

というかそいつらは裁判になった時のために自分たちの保身のためにでっちあげを行っているのです。
自分たちの立場を利用して。

テーマ : 検察・警察の腐敗
ジャンル : 政治・経済

2010-12-14 : ■★Jリーグスパイ・テロリスト : コメント : 0 : トラックバック : 0
世界の脅威の真実 北朝鮮のミサイル発射の真実 北朝鮮による核実験の真実・ パソコン遠隔操作事件の真実 ・木嶋佳苗の真実 ・上田美由紀の真実 ・外事警察の実態
Pagetop
« 前のページ  ホーム

プロフィール

hikky37

Author:hikky37
前科0、海外渡航暦0の普通の日本国民

カテゴリー

カレンダー

05 | 2018/06 | 07
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2カウンター

blogranking.net

blogrank

FC2ブログジャンキー

「アクセス数が全然伸びない…」そんな悩みをブログジャンキーが解決します!

リンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。